記事
  • ロイター

アングル:米金融業界、富裕層増税ならニューヨーク離れ加速も


[ボストン 6日 ロイター] - ニューヨークのバンカーやファンドマネジャーは、世界有数の金融都市で働くため、これまで高い税率を受け入れてきた。ただ、ニューヨーク州で富裕層の増税が導入されれば、金融業界ではニューヨークから離れる動きが広がる可能性がある。

新型コロナ禍で在宅勤務がある程度定着したこともそうした動きを後押ししている。ウォールストリート(米金融業界)で働くということはもはや、ウォールストリートのオフィスで仕事をするということではなくなりつつある。

ある高給取りのバンカーは「すでにフロリダでアパートを探している」と語った。また、税金が上がればスタッフへの給与が支払えなくなるとし、会社ごと移転を検討するところもある。

ニューヨーク州議会では現在、富裕層への増税が審議されており、可決されれば、年収100万ドル以上の人はニューヨーク州と市に対して最大15.73%の税金を支払うことになる。現在、州の所得税は4─8.82%、市の所得税は3.08─3.88%で、高所得者の税負担率は州と市合わせて約12.7%。

「ミリオネア・タックス(富裕税)」と呼ばれるこの法案が可決されれば、税率はカリフォルニア州の地方自治体を抜き全米で最も高い水準になる。

一部の富裕層は、ニューヨークが持つ文化的な魅力は、フロリダ州やユタ州、テキサス州などの低い税率に勝るものではなくなったと考えている。

ゴールドマン・サックスやバーチュ・ファイナンシャル、ヘッジファンドのエリオット・マネジメントなどは既に一部のスタッフをニューヨークから異動させる計画を発表している。

大手金融機関が税金対策のためにニューヨークの本社を手放すことはないだろうが、社員の一部を異動させる可能性はあるとみられる。一方、雇用人員が少ないヘッジファンドなどは本社移転を検討するかもしれない。

JPモルガン・チェース、シティグループ、ブラックロックなどは先月、異例の公開書簡を発表し、大規模増税が行われた場合、富裕層がニューヨークから離れるとの懸念を示した。

法律事務所コール・ショツの税務弁護士ジェフリー・ワインスタイン氏は「富裕層は何か気に入らないことがあると、抗議するのではなく、ただ去っていくものだ」と述べている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  2. 2

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  3. 3

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  4. 4

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  5. 5

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  6. 6

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  7. 7

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  8. 8

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  9. 9

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  10. 10

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。