記事

「生理用品が買えないならまず携帯代を節約しろ」フランスで、そんな声が上がらないワケ

1/2

コロナ禍をきっかけに、困窮のため生理用品を買うことができない「生理の貧困」に、世界的に注目が集まっています。フランスでは2021年2月、政府が全国の学校で生理用品を無償配布することを決めました。フランス在住のジャーナリスト、プラド夏樹さんによると、この動きの背景には、何年も前から続く市民団体や学生の活動や、国民の理解があるといいます――。

Règles Élémentairesは、フランスで初めて生理の貧困に取り組み始めた市民団体。手前の赤い箱で、新品の生理用品の寄付を募っている
Règles Élémentairesは、フランスで初めて生理の貧困に取り組み始めた市民団体。手前の赤い箱で、新品の生理用品の寄付を募っている - ©Règles Élémentaires

3分の1の学生が生理用品購入に「金銭的支援が必要」

フランス政府は昨年2020年末、ホームレス女性や刑務所にいる女性を対象に、生理用品を無償とすることを発表。さらに今年2月末には、全国の学生にも無償で配布すると発表した。全国レベルでのこうした取り組みは、2018年に小学校から大学までを対象に無償化したスコットランドに次いでのことだ。ちなみにスコットランドでは2020年11月、年間2700万ユーロ(日本円で約34億円)の予算で、全ての女性に生理用品を無償で提供することが議会で可決された。

日本同様、フランスでも、コロナ禍で学生の貧困が深刻化している。遠隔授業に対応するためのパソコン周辺機器の出費が増えた上に、アルバイト収入が激減したからだ。OVE(フランス国立学生生活監査局)の調べでは、コロナ禍以前、40%の学生がアルバイトをして生活費に充てていたが、2020年3月のロックダウン以降、学生1人当たりの収入は月平均で274ユーロ減っている。

こうした状況下では、ただでさえ口にしにくい「生理の貧困」(困窮し、生理用品を買うお金がなくなること)は、ますます深刻になっているのではないだろうか。日本で生理に関する啓発運動をしている若者グループ「#みんなの生理」が日本の高校生以上の女子を対象に行った調査によると、約2割が生理用品を買うのに苦労しており、そのために生理で学校を休むなど生活に支障が出たという人も5割いた。

私が暮らすフランスで、今年2月に発表された調査結果(ポワチエ市学生団体と全国助産婦学生団体調べ)によると、学生の3分の1が、生理用品の購入に金銭的サポートが必要だとしている。2月23日、フレデリック・ヴィダル高等教育・研究・イノヴェーション大臣は「生理の貧困は国民全員の尊厳、連帯、健康にかかわる問題。2021年に、『食事を抜くか生理用品を買うか』の選択を迫られる女性がいることを、私たちの社会は受け入れられません」とし、今後、学生を対象に無償化することを発表した。

次の週から大学寮、大学の健康課では生理用品の無償配布機の設置が進められた。9月までには全国全ての大学に1500台設置される予定だ。大臣は「環境に優しい製品」とbio製品(日本で言うオーガニック製品)であることも強調した。

2016年に始まった生理用品の税率軽減

ここに至るまでには、各地で地方自治体や学生たちによって、生理の貧困撲滅キャンペーンや、生理用品の無償配布会が進められてきたことを強調したい。国の発表は、こうした下からの突き上げが功を奏したものだと考えられる。

発端となったのは2015年、Règles Élémentaires(基本的な生理)という生理の貧困に関するキャンペーンを行う市民団体が、新品の生理用品を集めてホームレスや貧困層への配布を始めたことだ。同時に、北米で起きた運動にならい、Georgette Sandというフェミニスト団体が、生理用品にかかる消費税(通称タンポン税)の軽減を求める署名運動やデモを始めた。その結果、2016年には生理用品の消費税が20%から5.5%に下げられたが、タンポン1箱につきごく少額安くなったのみで消費者の生活にはほとんど影響がなかった。

2017年からは、学生健康保険が、生理用品購入費用の一部として月額20ユーロから30ユーロ(2560円から3870円)を加入している学生に返還するようになった。しかし、女性1人当たり、生理用品に加えて生理用パンツ、貧血予防のための鉄分や生理痛薬など年間平均600ユーロ(約7万7200円)を出費していることを考えると、微々たるものでしかない。

生理の貧困の問題に取り組む市民団体、Règles Élémentairesの活動の様子。積まれているのはすべて、寄付で集まった新品の生理用品。この団体ではこれまでに10万人の女性に400万以上の生理用品を配布した
生理の貧困の問題に取り組む市民団体、Règles Élémentairesの活動の様子。積まれているのはすべて、寄付で集まった新品の生理用品。この団体ではこれまでに10万人の女性に400万以上の生理用品を配布した - ©Règles Élémentaires

あわせて読みたい

「フランス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  2. 2

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  3. 3

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  4. 4

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  5. 5

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  6. 6

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  7. 7

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  8. 8

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  9. 9

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  10. 10

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。