記事

《オリンピック憲章違反が発覚》“カネまみれIOC”が掲載していた禁断のランキング - 後藤 逸郎

 国際オリンピック委員会(IOC)のグループ会社「オリンピック・チャンネル」日本語版が、オリンピック憲章に反した記事を掲載していたことが、わかった。

【写真】この記事の写真を見る(4枚)

 オリンピック・チャンネルは、オリンピック関連の記事や動画をインターネット配信している会社だ。IOCを親会社とする株式会社と有限会社で構成され、株式会社の社長をバッハ会長、有限会社の社長を故サマランチ会長の息子サマランチ氏が務めている。

 問題の記事は、「オリンピックのメダル数ランキング 多くメダルを取っている国は?」と題し、オリンピック・チャンネル編集部が2020年1月に自社ウェブに掲載した。


©iStock.com

禁断の「メダル数ランキング」

「日本は世界で11番目に多くメダルを獲得しており、その内訳は金メダルが142個、銀メダルが135個、銅メダルが162個である」(原文ママ)
「前回のリオデジャネイロ五輪では、日本最多となる1大会で41個のメダルを手にした」
「最もメダルを手に入れた国はアメリカ合衆国で、総数2522個を記録して2位以下に1000個以上の差を付けている」……

 こうしたうんちくと共に、夏冬大会でメダルを獲得した上位20カ国の金、銀、銅のメダル数の内訳を記している。

 だが、憲章57条は「IOCとOCOG(組織委員会)は国ごとの世界ランキングを作成してはならない」と定めている。オリンピックはあくまで「スポーツの祭典」であり、国家同士の対抗戦ではないとの建前を担保するため、憲章でIOCとOCOGに制限をかけているのだが、問題の記事は「国ごとの世界ランキング」以外の何物でもない。

 日本オリンピック・アカデミー副会長の舛本直文東京都立大・武蔵野大客員教授は「オリンピック・チャンネルは、IOCの公式チャンネル(広報ツール)ですから、IOCのオリンピック憲章に支配されます。ご指摘のように第57条に抵触するようなメダルカウントやランキングはしてはならない」と、IOCの憲章違反を指摘した。

 しかも、記事は夏季大会のランキング11位の日本のメダル数を「金メダル142個、銀メダル136個、銅メダル163個、総数441個」と記し、前文のメダル数と一致しないという、じつにいい加減な内容だ。

問い合わせると記事は突然削除

 筆者は今年3月初めから、IOCにメールで見解を求めていた。しかし、2度の問い合わせに対し、期限までに回答はなかった。

 だが、IOCに加え、オリンピック・チャンネルに問い合わせをした3月下旬、当該記事はサイトから突如消えた。その後、同タイトルでサイトを検索すると、「夏季五輪・冬季五輪のメダル獲得数|日本のアスリートは夏季441個、冬季58個のメダルを獲得」との記事が示された。メダル獲得数上位20カ国を紹介し、ページトップの写真は同じものを使っているが、国名の横にあった順位数のナンバリングはなくなった。

 東京2020オリンピック・パラリンピック大会組織委の森喜朗前会長は、女性蔑視発言が憲章で定めた差別禁止に反するとして辞任に追い込まれた。オリンピック・チャンネルの社長はバッハ会長が兼務しており、IOC自体の企業統治(ガバナンス)不在も露呈した格好である。

 IOCは3月29日、「回答が遅れたことをお詫びします。本件についてお知らせいただきありがとうございます。記事は適切に修正されました」と、メールでコメントした。だが、IOCやバッハ会長、日本語版編集者の責任について言及はなかった。

 新型コロナウイルス禍は、「平和の祭典」「スポーツの祭典」と称するオリンピックがIOCによる興行にすぎないことを世界にさらけ出した。IOC自らのオリンピック憲章違反はその一端を示した。

「文藝春秋」5月号および「文藝春秋digital」掲載の『東京五輪はバッハIOC会長の喰い物にされた』では、「世界最大のスポーツ興行主」であるIOCのダブルスタンダードの実態を詳述している。

(後藤 逸郎/文藝春秋 2021年5月号)

あわせて読みたい

「IOC」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  5. 5

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

  6. 6

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  7. 7

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  8. 8

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  9. 9

    成立することのない内閣不信任案 議員が多くの時間を費やすことは本当に無駄

    大串正樹

    06月16日 09:13

  10. 10

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。