記事

宮崎あおいが語る『ザ・ノンフィクション』の“さらけ出す”魅力「それが人間なんだ」

●印象に残るホストの物語「こんな世界があるんだ!」

フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~ ※関東ローカル)が、18日の放送で1,000回を達成。11日・18日の2週にわたって、番組の歴史を振り返りながら、「『ザ・ノンフィクション』は何を描いてきたのか?」を検証する「放送1000回SP」が放送される。

この記念すべき節目のナレーションは、番組最多の34回担当してきた女優・宮崎あおい(※)。番組の“いちファン”でもあるという彼女が、『ザ・ノンフィクション』の思い出や魅力、そしてナレーションという仕事への向き合い方などについて語ってくれた――。

(※)…崎は正しくは「立つ崎」

『ザ・ノンフィクション』最多ナレーションの宮崎あおい

■18歳で初ナレーション、熱血指導の記憶

宮崎が初めて同番組のナレーションを担当したのは、ダンサーの夢を持ったダウン症の子供を追った『ピュアにダンス 僕たちのステージ』(04年5月9日放送)。当時18歳で、ナレーションの経験はほどんどなかったといい、「緊張していたのは覚えています。マイクの前にいるディレクターさんからではなく、その後ろに座っている味谷さんが一番指示を出してくださっているのが印象的でした(笑)」と、当時のチーフプロデューサー・味谷和哉氏の熱血指導が記憶に残っている。

数々の作品に“語り”として寄り添い、「自分が読んでいて泣いてしまうこともありました」というが、特に印象に残るのは、複数回にわたって担当したホストたちの物語。「自分が普段見ることのない世界の人たちのお話だったので、『こんな世界があるんだ!』と思いました」と驚きを振り返る。

その中でも、「新人さんの部屋に主人公の方が入ってきて、怒りで洗濯バサミにくっついていた着ぐるみを投げたんです。お芝居でそれをしたら『わざとらしいからやめましょう』と言われるようなことなのですが、これがリアルなんだと思った記憶があります」と脳裏に焼き付いたシーンを挙げ、「その後にもいろいろ大変なことがあって、人生は様々なことが起こるんだというのを長い期間で見させてもらったので、すごく印象的です」と、思い出すように語った。

■“語り”は「自分を俯瞰で見つめ直せる機会」

ナレーションという仕事は「私にとってとても大切だし、楽しいものです。この『ザ・ノンフィクション』で味谷さんが声をかけてくださったからこそ、別の声のお仕事にもつながったので、私のスタート地点みたいなものだと勝手に思っています」と、ある種の原点という位置づけ。

演技の仕事とは違い、「映っている方が主役なので、いかに邪魔しないようにできるか。自分が見ているときにナレーションが気になってしまうと物語に集中できないことがあるので、そうならないようにしながら、きちんと伝えるべきところを、気持ちよく人の耳に届くようにできるかということを、すごく考えています」と意識している。

また、「お芝居で自分の映像を見ることはありますが、録音した自分の声だけを聴くというのは、ナレーションの仕事でしかないので、自分を俯瞰(ふかん)で見つめ直せる良い機会にもなります。その都度『こうした方が良かったんじゃないか』という反省も毎回できるので、それもナレーションの仕事の面白いところだと思います」と明かした。

●取材者×取材対象者の真剣さで心が揺さぶられる

『ザ・ノンフィクション』は、ナレーターとして関わってきた番組であるのと同時に、「シンプルにファンなんです」という宮崎。「(取材対象の人たちが)カッコ悪いところも全部さらけ出されているので、そうやって人間の良いところも悪いところも含めて見られて、『それが人間なんだ』と思うから、夢中になれる気がします」と、その理由を語る。

それが見られるのは、「映っている人たちも、それを撮っている人たちも真剣だからなんだろうなと。その真剣さを映像から感じるからこそ、心が揺さぶられるのではないかと思いますし、こんなに長く愛される番組になったのだろうと思います」と分析。

さらに、「この何年かで世界がどんどん変わっていますし、自分もその変化を含めて面白いなと思いますね」と、長く続いているからこその発見もあったそうだ。

■いちファンとして応援「これからも長く見ていきたい」

今回の「放送1000回SP」は、95年の放送開始からこれまでの軌跡をたどっていく内容で、収録を終えると、「心の中がすごく忙しかったです」と本音を吐露。

その理由は、「いろんな物語が出てくるので、1つの物語に気持ちが入ったと思えば、また次の物語に気持ちが入っていく。毎回無意識のうちに、その物語に寄り添ってナレーションを読ませていただいていたんだなということを改めて実感しました。今回はたくさんの物語に寄り添えたので、贅沢でもあるなと思いました」という。

そして、「本当にお腹いっぱいで、すごい番組なんだなと改めて思いました。いろんな方のナレーションをギュッと詰め込んでたくさん見られたのも面白くて、ダイジェストではなく、全編見たいものがいっぱいありました」と、魅力を再確認した。

その上で、「今まで『ザ・ノンフィクション』をずっと見てこられた方もいると思いますが、このタイミングで初めて見る人がいたら、絶対この番組をこれからも見続けようと思われるのではないでしょうか」と予告。

「私はこれからも長く見ていきたいので、このご時世で密着するのもなかなか難しいでしょうし、大変な時代になりましたが、いちファンとして応援しています」と、今後も心を揺さぶる物語に期待しながら、スタッフたちにエールを送った。

宮崎あおい
1985年生まれ、東京都出身。4歳で子役としてデビュー。その後、『NANA-ナナ-』『少年メリケンサック』『舟を編む』『怒り』などの映画、『純情きらり』『篤姫』『あさが来た』などのドラマに出演。『ザ・ノンフィクション』では、番組最多回数のナレーションを担当し、この「放送1000回SP」で36回に達する。

あわせて読みたい

「宮崎あおい」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  2. 2

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  3. 3

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  4. 4

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  5. 5

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  6. 6

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  7. 7

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  8. 8

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  9. 9

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  10. 10

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。