記事

女子大生に聞いてみた「どうしてハマる??」 akiちゃんのソーシャルゲーム体験談


(読了時間3分)

画像を見る
こんにちは!ソシャマノートのこのみです!最近このみの周りでも何人かソーシャルゲームにハマり始めている人がでてきました。でもソーシャルゲームってどうしてそんなにハマっちゃうんでしょうか??わざわざお金を払ってもプレイする人の心理って?? そこで今日は注目のブログ「女子大生ソシャゲ日記」のakiちゃんに来てもらい、お話を聞いてみようと思います!akiちゃんよろしくお願いいたします。

リンク先を見る
こんにちは。女子大生ソシャゲ日記を書いてます。akiです。今日はこんなところにお呼びいただきまして光栄です。お、お願いします!
 

【記事アジェンダ】

 
画像を見る
さっそくだけどakiちゃん、この間の記事では「ぶっちゃけ就活してる場合じゃない!!!」とか言ってソーシャルゲームどっぷりになっていたけれど、どうしてそんなにソーシャルゲームをするようになったの??

1.ソーシャルゲームを始めたきっかけは就活で渋々。

リンク先を見る
最初のきっかけは就活。某IT企業を受けた時に説明会でやたら作ってるゲームを押されたんで、面接の前にやっておかなきゃなーと思って渋々はじめました。(´・ω・`)
ぶっちゃけ興味なかったからチュートリアルでやめにするつもりだったんだけど、就活行き詰ってんのにゲームだとさくさくレベルアップして気持ちよかったし、絵柄が好みで夢中になったといういきさつです。
 

画像を見る
え!渋々始めたの!?(=O=)意外だぁ。じゃあ、始めた当初はゲームそのものにそこまで入りこんでいるわけではなかったんだね。チュートリアルで現実逃避をしていたとは。確かにチュートリアルは簡単にレベル上がったり、アイテムもらえたりしてテンションあがるよね。
でもそのあとのモチベーションって何だったの?

2.~すべてはイケメンカードのため~プレイを加速させる3つの仕掛け

画像を見る

リンク先を見る
渋々ゲームをはじめた私がうっかりはまっていった流れを簡単にまとめると次のような感じです。

第一の加速ポイント:イケメンカードに憧れて

続けたのは完全にイケメンカードのためだね。好みのキャラクターを見るとやっぱり欲しくなっちゃう!(詳しくは「憧れの狐面ニンジャ入隊!」)でも手に入れるための対価もそれなりにかかるわけで・・・。コツコツ進めてたんだけど、そのうち一人で戦っても勝てないようなボスがでてきちゃったり。そこで渋々「ギルド」に参加する事を決めたのです。(ギルドっていうのはチームみたいなものです)

第二の加速ポイント:イベントに参加して報酬たんまりゲット

私がやっているゲームではギルドでゲームのイベントに参加すると報酬たくさんもらえるの。つまりイベントに参加すればするだけカードを早く手に入れられる可能性が上がる!!もらえた報酬でカードを揃えてどんどん自分のデッキを強くしていきました。

第三の加速ポイント:ギルドメンバーとのつながり。

ギルドのメンバーとの絡みも続ける理由になったよ。
最初ギルドで称号が1番低いのがすごい悔しかったから、称号上げてもらったときに「認めてもらえた!!」と思ってすっごく嬉しくて。
以前はギルドの絡みってめんどくさい…ε=(。・д・。) と思ってたけど、それからは掲示板に1日何回も書き込んだり、イベントも積極的に参加するようになったりました。ログインすれば誰かいるみたいな感じでついつい遊んじゃうんだよね

画像を見る

すごい勢いでハマっていってるやんか!ゲームもコミュニケーションを発生させるために、チームで戦うように設計してあるんだね。仲間からの書き込みイベントで報酬が出たりフィードバックが頻繁にある事で思わずログインしたくなるんだね。ふむふむ。

3.どうしてお金を払う?課金に踏み込んだ時の事

画像を見る
でもチームで戦ってクエスト(シナリオ)をクリアできたりイベント参加して報酬もらえるなら、特に課金しなくてもよさそうだけど・・・
ブログ読んでるとakiちゃん普通にお金使ってるよね。なんでお金かけるの?(´・ω・`〃)
 
リンク先を見る
え?何で課金するか??それはこのみちゃん、他の人に「この人の部隊強い!すごい!」って思われたいからだよー!(*`▽´*)ヒョヒョ
レアなカード並べてこんなカード持ってるんだぞーすごいだろーって自慢したいの。
その時のことは「ぶっちゃけ就活してる場合じゃない!!!」って記事に書いたんだけども。

もともとレアカードは中々手に入れられないからレアなの。正攻法じゃとても手が届かない。イベントで好成績をだしたりすればレアカードがもらえるような特典もあるんだけれど、強い人達がわんさかいるからそんなのムリ!それより手っ取り早く欲しいカードも強いカードも点入る課金で手に入れる方がいいなと思って。えいっ!と購入してしまいました。

強いカードを持ってたりするとギルドに勧誘されたり、自分のカードを欲しいものリストに登録してもらえて。そういう時はめちゃくちゃ嬉しいのー(*゚ー゚*)
 
画像を見る
ふむふむ。自己顕示欲が満たされるのかな??確かにズバぬけて強いカードとか持ってたらドヤ顔で参戦しちゃう。なんかヒーローになったような気持ちだよね。聞いてると楽しそうな事ばかりだけど、逆にイラっとしたことと辞めようとした事ってないの?

4.「正直がっかりだよ・・・↓↓」だった事。

リンク先を見る

あるよー。例えば、進化合成のルールを告知なしに変えたり、過去の人気カードをやたら復刻ガチャでだしたり。詳しくは「就活と同じくらいクソゲーだぁ。。。」って記事でも書いたんだけども・・・。
「運営のバカヤロー!!」って思った。

イベントの報酬カード復刻するなんて、イベント頑張った人に失礼!!
あとは、ガチャチケットが取引できなくなって、欲しいカード手に入れるのが難しくなったのがストレスだったり。
 
画像を見る
おぉ。なかなか手厳しいお言葉。ゲーム世界を楽しんでいるからこその発言だね。
 
リンク先を見る
うーん。今丁度飽きがきてるのもあるかも。今そういった内容の記事を書いてるところで。今までは割と1つのゲームに集中してたから目移りしたりはなかったのだけど(´・ω・`)
 
画像を見る
そうかー。その記事もすごく読んでみたい!akiちゃん今日は忙しい中時間を作って、インタビューまで答えてくれてありがとう。すごく勉強になりました!

リンク先を見る
こちらこそ!また機会があればださせてください!ありがとうございました!

画像を見る
さて。そんなakiちゃんが書いている「女子大生ソシャゲ日記」!明日も記事をリリースされるそうです。

リンク先を見る

ユーザーの目線でソーシャルゲームについて綴った日記も中々ないと思うので、ぜひご一読くださいませ。

感想.[ゲームの設計]と[ユーザーへの配慮]のバランス

ここまではakiちゃんに自分の体験を話してもらいました。
akiちゃんにはソーシャルゲームのハマりポイントと同時に、冷めポイントも教えてもらいましたが、この2つ結構関連性が高そうです。

ゲームの世界はユーザーが離脱しないようとても緻密に作られています。akiちゃんがイケメンカードを手に入れるために意図せずゲーム上でコミュニティに参加し、やがてコミュニティの中で注目される快感を得る。その快感がレアカードをゲットするために課金する動機にもなっています。しかし一方でいろんな事がうまくすすむように設計されている一方で、ユーザーはそのゲームのルールに最適化されてゆきます。故に運営上の都合で行うちょっとしたルールの改変が、ユーザーにとっては大きな変化に映る事がある。(最適な状態から変化するため)もちろん運営側もできるだけそういった改変はしたくないはず…きっとゲームを存続させるために必要な変更なのでしょう。ただ改変する理由や売上目標といった運営側の都合はユーザーには関係ないので、最初の設計でなるべく変更が出ないように作り上げることやユーザーに対する配慮は欠かせないですね。うーん。難しい。

しかしそれにつけてもこのみはakiちゃんの就活が心配。応援してるよ。(・。・)~゚

それでは本日はここまで!みなさん最後までお読み頂きありがとうございました!

あわせて読みたい

「ソーシャルゲーム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    生活保護のしおりに誤解招く表現

    藤田孝典

  2. 2

    日本人が言わない「遺伝の影響」

    橘玲

  3. 3

    親日の美人議員 文大統領を批判

    高英起

  4. 4

    韓国主張する北朝鮮船の認知に謎

    和田政宗

  5. 5

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  6. 6

    仏国内で高まるゴーン氏への批判

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    照射問題に沈黙の立民理解できぬ

    城内実

  8. 8

    バンクシー投稿は小池知事の焦り

    やながせ裕文 東京都議会議員

  9. 9

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  10. 10

    元人気女子アナが韓国政府を批判

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。