記事

「一族の無念」と「三冠馬の血脈」が激突する桜花賞の狙い方

舞台は阪神競馬場

 いよいよ春のクラシック開幕である。競馬ライターの東田和美氏が分析した。

 * * *
 昨年「桜花賞には母の無念を娘や孫が晴らしてきた歴史がある」と書いた。両親それぞれの母がともに桜花賞に参戦、好走しながら女王になり損ねていたのがデアリングタクトだった。

 今年の1番人気はジュベナイルフィリーズで白毛初のGⅠ馬となった4戦4勝のソダシ。母ブチコは白毛といってもその名の通りブチ模様の人気者。パドックで引く担当者もブチのシャツを着て登場していたものだ。芝で勝ち切れなかったものの、明け3歳になってからダートを連勝。武豊騎乗でトライアルのチューリップ賞に挑んだ。桜花賞馬となるレッツゴードンキの2番手につける見せ場たっぷりのレースだったが、直線で力尽き14着。以後はダートが主戦場になった。

 ただし、桜花賞は牝馬に生まれたからには誰もが目指す舞台。血統馬ならこの程度の“挫折”は珍しくない。

 桜花賞に対する無念の思いが最も強いのは、ホウオウイクセルの一族だろう。祖母は1998、1999年のエリザベス女王杯連覇などGⅠ5勝のメジロドーベル。デビュー3年目の吉田豊にGⅠタイトルをもたらした21戦10勝という名牝だ。阪神3歳牝馬Sを勝って最優秀3歳牝馬(当時)に選出され、4歳(現3歳)時にはオークスと秋華賞は勝ったが、桜花賞ではキョウエイマーチの2着に敗れた。

 メジロの女傑といえば3冠牝馬メジロラモーヌだが、繁殖牝馬としての成績は今一つだった。シンボリルドルフとの“10冠ベビー”も1戦のみで引退したが、ひ孫の代になって2頭のGⅠ馬を出している。

 メジロドーベルも、母としてディープインパクトとの配合による“12冠ベビー”などが話題を集めたが、産駒に目立った活躍馬は出なかった。しかし孫の代になってショウナンラグーンが青葉賞を勝ちダービーにも出走。この血統を大事にしてきた生産者に敬意を表するとともに、血統の持つ奥深さを感じないではいられない。

 メジロドーベル5番目の娘メジロオードリーは、母と同じ大久保洋吉厩舎&吉田豊騎手でデビュー。皐月賞にまで駒を進めたダイワファルコンなどを相手に新馬勝ち。重賞フェアリーSでも僅差の4着だったが桜花賞への出走はかなわなかった。ホウオウイクセルはメジロオードリーの第5子。兄姉4頭は未勝利だが、父がルーラーシップになったとたん2戦目で勝ち上がった。その母エアグルーヴとメジロドーベルの邂逅の産物というのは言い過ぎだろうか。

 エアグルーヴはメジロドーベルの1歳上だが、現役時代に6回も同じレースを走ったいわば戦友。戦績はエアグルーヴの4勝2敗だが、6回のうち4回はともに掲示板に馬番を点灯させている。エアグルーヴはチューリップ賞を5馬身差で圧勝しながら、桜花賞を熱発で無念の回避。ついでにいえばエアグルーヴの母ダイナカールも桜花賞は1番人気で3着だった。

 両親それぞれの母がライバルだったというのはデアリングタクトと同じ。これを単なる偶然と言ってしまえばそれまで。「一族」といっても実体はなく、背負っている無念が強いから勝てるというわけでもない。

 しかしホウオウイクセルは前走フラワーカップでは先行して直線で抜け出すレースで完勝。前々走中山マイルのフェアリーSでも8枠ながら徐々にポジションを上げ、8番人気ながら2着を確保した。戦ってきた相手がどうかだが、4戦すべて多頭数を捌ききっており、まだまだ伸びしろはある。

 ストゥーティの母リラヴァティはチューリップ賞3着で権利を獲ったが桜花賞は9着。その妹シンハライトは6戦5勝のオークス馬だが、たった1度の敗戦が桜花賞(2着)。1歳下の妹ミリッサは、チューリップ賞僅差の4着で桜花賞の権利を獲ることができなかった。今回チューリップ賞の1着同着馬が人気になっているが、3着だったストゥーティもコンマ1秒の僅差だった。

 シンハライトが勝ったオークスの2着馬がチェッキーノ。チェッキーノはアネモネSを勝ちながら、その疲れが抜けずに桜花賞を回避しているが、その5歳下の妹がジネストラだ。母ハッピーパスは当時まだ社台RHの勝負服で桜花賞に出走しており、3番人気4着に終わっている。

 2015年に母がつい先日まで現役だったレッツゴードンキの2着だったククナ、姉が昨年2着だったシゲルピンクルビーは、一族あげての無念さがまだまだのような気もするが、やはり雪辱を期している。

 これら一族の“無念のオーラ”(?)を一身に受けるのが、三冠牝馬の子アカイトリノムスメ。GⅠ5勝の母アパパネ、GⅠ7勝の父ディープインパクトの子にしては物足りないかもしれないが、兄たちはそこそこ優秀。長兄モクレレこそ2勝クラスだが、ジナンボーは重賞勝ちまであと一歩、三男ラインベックはクラシック出走も果たした。そして三冠夫婦初めての女の子は、デビュー戦こそ出遅れが響いて7着だったが、その後はクイーンCまで3連勝。そもそも桜花賞馬の子が桜花賞を勝てば史上初の快挙、三冠馬を両親に持つムスメが三冠馬になる可能性だってあるわけだ。

 もちろんそんな世の中は面白くない。無念の思いが強い3頭の単複、人気上位馬と組み合わせた馬連と3連単で高配当を狙う。

●ひがしだ・かずみ/伝説の競馬雑誌「プーサン」などで数々のレポートを発表していた競馬歴40年、一口馬主歴30年、地方馬主歴20年のライター。

あわせて読みたい

「競馬」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  2. 2

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  3. 3

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  4. 4

    「IOCは今後、五輪ができなくなる」舛添氏、日本が中止に言及した場合のIOC対応に注目

    ABEMA TIMES

    05月16日 18:36

  5. 5

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  6. 6

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  7. 7

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  8. 8

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  9. 9

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  10. 10

    「ノーマスク」を権利と主張する人々が公園の管理人を悩ませている

    NEWSポストセブン

    05月16日 17:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。