記事

合唱、友達作り… コロナで小学1年生が直面する様々な「制限」

新型コロナを巡る混乱に翻弄されるなかでの入学も(写真/GettyImages)

 背筋をピンと伸ばして少し大きめの机と椅子にちょこんと座り、ドキドキしながら黒板を見つめる子供たち。その目はどれも緊張と好奇心に彩られている。それもそのはず、彼らはつい先ほど父や母から離れ、初めてひとりでこの教室に足を踏み入れたのだから──。4月になり、全国の小学校でこんな新入学の光景が繰り広げられている。映画化もされた『みんなの学校』の舞台となった大阪市立大空小学校、初代校長の木村泰子さんが言う。

【写真】急きょ取り入れたオンラインの演出Eテレ『すたあと』の一場面。すたあ先生が登場

「生まれて6年、それぞれの家庭や地域でさまざまな価値観を持って生きてきた子供たちが、初めて小さなまとまりとして集うのが入学式後の教室です。先生の指示にすぐに従う子もいれば、椅子に座っているだけで精一杯な子も、勝手に立ち上がる子もいる。大人の世界ではいま盛んに叫ばれる“ダイバーシティー”という言葉ですが、最もふさわしいのは入学式後の教室のように思えます」

 隣の席の子とは仲よくなれるのか、お道具箱はどう使うのか、教科書ってこんなに重いんだ……など誰もが経験した初めてだらけの日々が、激変のときを迎えている。都内で公立小学校の1年生の担任を受け持つ、ある教員(32才)が言う。

「例年なら入学式で新入生と手をつないで『お世話係』を務める6年生の出席が取りやめになり、式典に出たのは一部の教員と新1年生、保護者のみ。これまで入学式が終わると新入生と親は教室で担任から小学校生活を説明されましたが、密を避けるためそれもなし。昨年に続いて少し寂しい新生活のスタートになりました」

 日本人の生活様式を大きく変えたコロナ禍の影響は、当然ながら小学校にも及んだ。特に顕著だったのは、安倍晋三首相(当時)の突然の要請で2020年2月末に始まった全国一斉休校だろう。その期間は最長約3か月に達し、学校再開後も子供たちはさまざまな「制限」に直面した。教育研究家の妹尾昌俊さんが振り返る。

「自治体や学校の感染状況などに応じて違いはあれども、文部科学省の衛生管理マニュアルに基づき、全国の小中学校でコロナ対策が行われました。それによって授業の進め方や学校生活、学校行事は方法や内容が大きく変わり、先生も子供たちも大きなあおりを受けました」

 神奈川・横浜市立日枝小学校の場合、まず断念したのは音楽の授業の「合唱」だった。校長の住田昌治さんが言う。

「その代わりに児童がひとり一言ずつマスクをしたまま小声で合唱曲を歌いましたが、みんなで声をそろえることが叶わない様子は見ていてとても悲しかった。学習発表会なども軒並み中止になり、コロナに翻弄された一年でした」

 休校期間が終わり、時間とともに徐々に平穏な学校生活が戻ってきたが、現場の苦労は絶えない。

「マスク越しでは子供の表情やサインがわかりづらい」

 妹尾さんは教員たちからそんな悩みを聞いたと語る。

「小学校に入ったばかりの子供は初めて経験することばかりで大きなストレスを抱えることが多い。『つらい』『たいへん』と素直に言える場合はいいが、それをがまんしてしまうおとなしい子ほど表情やサインを読み取ってSOSを察知する必要があります。しかしマスク姿ではそれが難しく、教員が子供の変化に気づくことができなかったケースも多かったのです」(妹尾さん)

 マスク生活は今年も続き、握手やハイタッチなどスキンシップが制限される現状は、友達づくりに支障が出るのではないかという声もある。

小学1年生は“生きていくしんどさ”を初めて背負う年代

 NHK Eテレ『すたあと』は、幼稚園や保育園の教育と小学校教育を円滑につなぐことを目的とした番組だ。歌やゲームなどを交えたプログラムをクラスメートと一緒に見ながら実際にやってみることで、新1年生に楽しみながら新生活になじんでもらおうという趣旨だ。だが2020年4月の放送開始時、小学校は一斉休校の最中だった。同番組チーフ・ディレクターの服部里衣子さんが振り返る。

「本来、低学年はスキンシップによって相手からの愛情を感じ、親しみを持ったり友達になったりして、人間関係が発達する段階です。ですから、クラスメートと手をつなぐなどの要素を番組にふんだんに入れ込む予定でしたが、そうした演出を変更せざるを得なくなり、オンラインで友達と遊べるゲームを紹介するなど、コロナ禍でも子供たちに真似してもらえる内容にしました」

 いつもと異なる学校生活のなかで、懸念されるのは当事者である子供への影響だ。

「少し大げさかもしれませんが、小学1年生は“生きていくしんどさ”を初めて背負う年代だと思います」

 そう語るのは作家のあさのあつこさんだ。

「幼稚園や保育園などの自由な遊び場から、急に規律のある教室にポンと入れられ、“自分は周囲に合わせないといけない”と人生で最初に感じるのが小学校生活。遥か遠い記憶ではありますが、私自身も1年生になったばかりの頃は環境の変化へのとまどいもあって友達と妙にぎくしゃくしていたように思います。

 友達とは同じ幼稚園から進級したのに、やっぱりなんだか違う感じがする。そんなふうに、ただでさえ戸惑い苦しむような状況に、未来に希望が見えないコロナ禍が加わって、子供たちはますますつらい状況にあったのではないでしょうか」(あさのさん)

 前出の住田校長は、入学式で感じた子供たちの「おとなしさ」が気になったと語る。

「例年は足をバタバタさせる子がいたり、大きな声で返事をするような子がいたりしたのですが、2020年の新1年生はこちらが驚くほど静かな子が多かった。日に日にコロナの不安が広がっていくなかで、幼稚園や保育園では必要なかったマスクをつけなくてはならず、経験したことのない緊張感があったのではないでしょうか。

 スキンシップはもちろん、大きな声で笑い合うのもいけないという雰囲気ゆえか、ほとんど動かず落ち着いてしまっている子供たちの様子が気になりました」

※女性セブン2021年4月22日号

あわせて読みたい

「小学生」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  4. 4

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  5. 5

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  6. 6

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  7. 7

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  8. 8

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  9. 9

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  10. 10

    吉村知事よ、北新地の悲鳴を聞け!「もう今が限界ですわ。お店も言うこときかなくなってくる」

    NEWSポストセブン

    05月09日 08:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。