記事

汚染水海洋放出決定~「濃度」と「量」の間にある レトリック

「具体的には2年後をめどに福島第一原発の敷地から放出する準備を進め、放出にあたってはトリチウムの濃度を国の基準の40分の1まで薄めるとしています」(9日付NHK NEWSWEB 「政府 福島第一原発のトリチウムなど含む水 海洋放出方針固める」
汚染水保管量が既に約125万tにまで達しているという現実を考えると、海洋放出は致し方ない決定だとは思う。

しかし、「放出にあたってはトリチウムの濃度を国の基準の40分の1まで薄める」といった表現は適切なのだろうか。

トリチウムの濃度を国の基準の40分の1まで薄めて放出したとしても、125tの汚染水に含まれているトリチウムの量が減るわけではないので、放出されるトリチウムの量は変わらない。

どうして「濃度」を強調して「量」には触れないのだろうか。国民の目をごまかすためのレトリックに思えてならない。

「科学的な根拠に基づく丁寧な説明や客観性と透明性の高い情報発信が重要だ」(同NHK NEWSWEB

こうした梶山経済産業大臣の発言が空しく響く。もう政府の詭弁やレトリックにはいいかげんうんざりだ。「国民のために働く内閣」以前に、「正直な内閣」であって欲しい。

あわせて読みたい

「福島第一原発」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  2. 2

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  3. 3

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  4. 4

    ソフトバンクG孫正義さん、AI革命に熱意「10兆円でも満足しない」

    Ledge.ai

    05月12日 21:37

  5. 5

    「人と違うことは個性だ」差別と戦い続けたプロサッカー選手・鈴木武蔵が見る日本

    清水駿貴

    05月11日 08:06

  6. 6

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  7. 7

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

  8. 8

    かって1000万部の読売がNYタイムズに抜かれた!

    島田範正

    05月12日 16:30

  9. 9

    茨城県境町の殺人事件 デマ情報に基づく誹謗中傷が被疑者の同姓男性のもとへ

    岸慶太

    05月12日 14:46

  10. 10

    現時点での民間企業テレワーク状況公表に反対。まず官公庁・大臣、そして国会議員の実情を公表すべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月12日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。