記事
  • 階猛
  • 2021年04月10日 12:04

「選挙の公正」を取り戻す-参議院広島選挙区再選挙

8日、参議院の長野選挙区の補欠選挙と広島選挙区の再選挙が告示され、25日の投開票日に向けて17日間の選挙戦が始まりました。長野選挙区は、私も長年親しくさせて頂いた、立憲民主党の羽田雄一郎・元国交大臣の急逝を受けて行われる補欠選挙です。

一方、広島選挙区は、2019年の参院選で自民党から多額の資金援助を受けて当選した河井案里氏の当選が無効となったために行われる「再選挙」、つまり、やり直しの選挙です。案里氏とその夫の克行・前法務大臣の選挙買収で「選挙の公正」が害されました。今回の再選挙は、その反省に立って、「選挙の公正」を取り戻すための選挙にしなければなりません。

野党側が擁立したのは、無所属のフリーアナウンサー「宮口治子」さんです。「市民感覚に一番近い政治」を掲げ、不正な選挙とは無縁の新人候補者です。一方、自民党は河井案里氏に続き公認候補を立てています。驚くべきことに、その選挙対策会議には案里氏らから買収資金を受け取ったとされる自民党の地方議員も顔を出していたようです。

これらの地方議員は今のところ刑事処分を受けていませんが、案里氏の有罪が確定し、克行氏が公判で罪を認めている以上、今後罪に問われる可能性が高いと言えます。過去の選挙買収事件では、買収した側だけでなく買収された側も「必要的共犯者」として処罰される例が多いからです。

もし処罰されれば、地方議員としての地位を失い、公民権停止で原則5年間は選挙に立候補できず、選挙運動も禁止になります。しかし、検察が刑事処分を保留にしている限り、今回の再選挙で自民党の候補者の選挙運動に関わることができます。これでは、「選挙の公正」が再び害されかねません。選挙が終わった後に起訴され、有罪が確定しても手遅れなのです。

7日の法務委員会において、上川法務大臣にこのことを指摘し、「選挙が始まる前に、起訴するかしないのか、結論をはっきりすべきではないか」と追及。上川大臣は、事の重大さをわきまえておらず、「捜査機関の活動内容に関わる事柄であるため、お答えは差し控える」という官僚答弁を繰り返すのみでした。

政府が提出し、法務委員会で審議中の「少年法改正案」では、18、19歳の若者が犯した選挙犯罪について厳しい扱いを定めています。通常の事件と異なり、家庭裁判所から検察に「逆送」して刑事責任を問うにあたり、「選挙の公正の確保」等を考慮するよう求めているのです。法務大臣が責任者として国会に提出した法案では「選挙の公正」を重視するのに、現実の「選挙の公正」には無関心。これでは、若者に刑事責任を問う資格がありません。

あわせて読みたい

「河井案里」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣がワクチンめぐるデマ流布に言及 不妊については「科学的根拠がない」

    河野太郎

    06月24日 11:12

  2. 2

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  3. 3

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  4. 4

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  5. 5

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  6. 6

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  7. 7

    関係者・スポンサーに忖度ばかりの五輪・パラリンピックは「古き自民党政治」の象徴か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月24日 09:26

  8. 8

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  9. 9

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  10. 10

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。