記事

《混迷の聖火リレーに想う》「復興五輪」はまやかし…私が今すぐ東京五輪を中止すべきと考えるこれだけの理由 菅首相は日米首脳会談で五輪中止を明言せよ - 真山 仁

2/2

「復興五輪」とは一体なんだったのか

 遡ること8年前、日本は「復興五輪」というテーマを掲げてオリンピックを招致しました。しかし、今やその目的を十分に達成できないことは明らかになっています。

 私は2011年から東北の被災地取材を続けてきました。この10年間で被災地が復興したとは思えません。復興とは、その字義からいって、以前の状態よりもより豊かになることを表します。

 しかし、今回の五輪が、東北の復興に果たした役割は何かあったでしょうか。オリンピック・パラリンピック競技の一部を被災地で開催するそうですが、効果は限定的です。いっそ、開会式を行う国立競技場を被災地に作った方が復興のためになったのではないでしょうか。招致に「復興」という言葉を使ったからには、その責任として何らかの成果を出していただきたいところですが、残念ながら見る影もないというのが現実です。

アスリートが政治に最大限利用されてしまっている

 政府はいまも着実に五輪開催に向けて歩みを進めている。正直に言って、オリンピックは、政治の道具にされているように見えます。そして、そんな状況で最大限利用されてしまっているのは、他でもないアスリートです。

 白血病で闘病していた水泳の池江璃花子選手が4月4日、競泳の日本選手権女子100メートルバタフライの決勝で優勝しました。その結果、東京オリンピックのメドレーリレーの派遣標準記録を突破し、代表に内定しました。そのことを伝えるメディアは「池江、五輪内定 奇跡の復活」と絶賛しました。

 もちろん池江選手の復帰は喜ばしいことです。しかし、新聞のスポーツ面では「五輪内定」が大々的に報じられる一方、政治面では「五輪中止」を懸念する記事が載せられる。このアンビバレントな状況を我々はどう解釈すればいいのか。

 国の宝、世界の宝であるアスリート達が、4年に1度の大舞台のために、真剣に練習に打ち込んできた姿を想像すると、オリンピックに出られなくなる絶望は計り知れません。しかし、繰り返し述べるようにスポーツは健全な環境で行うべきもの。安全を担保できないのであれば、いくら選手本人が「やりたい」と切望したとしても、制止するのが政府やJOC、各競技団体の仕事であり責任だと思います。間違っても、大会参加の是非を選手個人の判断にゆだねるようなことがあってはなりません。それは「政治」が決断すべきことです。

ゼロリスクの安心は生まれなかった

 東日本大震災で原発事故が起きた時、帰宅困難区域に指定された被災地域が多くありました。本当は100年近く経たないとすべての除染は終わらないとシミュレーションされていたのに、政府は当初、40年ほど経てば故郷に帰れるようになるとアナウンスし、被災者に安易に希望を抱かせてしまいました。本来政治家は、国民の命を守るためなら国民が嫌がることであっても決断し、発言するべきです。つまり、「100年経たないと除染は終わらない。故郷を捨てるのは苦しいだろうが、帰郷は諦め、別の場所に住んでほしい。そのための支援はしっかりするから」と、真摯に伝えれば、帰宅困難区域の住民も、ある種、“諦め”がついて移住を受け入れられる。

 しかし、実際には帰宅困難区域の住民に対して「帰れるようにする」と国は安易な希望を見せたにもかかわらず、ゼロリスクの安心は生まれなかった。先の見えない現状に、地域住民が自分たちの判断で「故郷を捨てる」決断をしなければならないところまで追いつめられたのです。

 本来であれば、政治は、国民に嫌われてでも、国民の盾となり、国民の命を守る選択をすべきなのです。今はよく「アスリートファースト」という言葉が聞かれますが、本当の「アスリートファースト」とは何かということでもあります。

オリンピックは国際的な“運動会”にすぎない

 私は菅総理が「オリンピックを中止する」と決断すべき時が迫っていると感じています。各種のスキャンダルが発覚して菅内閣の支持率は急落してしまいました。もはや菅政権が安倍政権ほど長く続くことはありえないでしょう。ここで首相の矜持として、誰にも相談せずオリンピックを中止するという切り札を出してほしい。4月16日に行われる日米首脳会談の最後に、バイデン大統領を前に、国際社会に向けて中止を宣言したらいいと思います。それが「政治が決断する」ということです。

 私は、他の人が言いたくない、目を背けている問題に光を当て、小説を書いてきましたし、発言してきました。今回もあえて申し上げますが、言ってしまえばオリンピックは国際的な“運動会”にすぎません。深刻な感染症によって世界中で学校閉鎖が続いている状態なのに、なぜ運動会の準備だけ進めているのでしょうか。この大いなる矛盾に早く気付くべきだと思います。

(真山 仁/Webオリジナル(特集班))

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  3. 3

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  4. 4

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  5. 5

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  6. 6

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  7. 7

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  8. 8

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  9. 9

    リスクの高いヘッジファンドと同等のビットコイン 投資対象として魅力なし

    近藤駿介

    06月12日 17:02

  10. 10

    米議決権助言会社ISS、東芝の取締役候補5人の反対を推奨

    ロイター

    06月12日 20:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。