記事
  • ロイター
  • 2021年04月10日 03:50 (配信日時 04月10日 06:45)

米予算教書、気候変動や保健分野に重点 国防費は実質横ばい


[ワシントン 9日 ロイター] - バイデン米大統領は9日、2022年度(21年10月─22年9月)の予算教書の裁量的経費の内容を発表し、気候変動対策や保健、教育関連向けなどの予算増額を提案した。国防費の拡大を目指していたトランプ前政権の方針から大きく転換する。

裁量的経費は総額1兆5200億ドル規模と、前年度比で8.4%拡大する。

気候変動対策には140億ドル増額するよう議会に求めた。温暖化ガス排出削減に向けた取り組みや環境規制、研究向けの資金注入が含まれる。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を踏まえ、米疾病対策センター(CDC)向けに87億ドルの予算を提案。ホワイトハウスによると、過去20年で最大の伸びとなる。

さらに、がんやアルツハイマー病、糖尿病などの医療研究向けに65億ドル、低所得層の学校対策には過去最大の365億ドルを充てるよう求めた。

国防費は7530億ドルと、前年度比1.7%の増額を要求。裁量的経費のほぼ半分を占めるが、インフレ調整後では前年度からほぼ横ばい。

イエレン財務長官は予算案について、「資本の確保が通常困難とされる地域に資本を注入」し、状況をより公平にすることを目指すとの認識を示した。

今回の提案にはバイデン大統領が掲げる2兆ドル規模のインフラ投資および増税計画の内容は含まれていない。

マコネル院内総務をはじめ野党共和党の上院議員らは、国防予算を巡って早速批判。米国の同盟国や敵対国に「ひどいメッセージ」を送るもので、中国への対抗姿勢が疑われるとした上で、「共通防衛の提供という憲法の責任を放棄するわけにはいかない」と述べた。

こうした中、身内の民主党からも、ロー・カンナ下院議員が国防予算に「失望した」と表明、ミサイルへの「無駄な支出」の可能性を残していると指摘した。

*内容を追加しました

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  2. 2

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  3. 3

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  4. 4

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  5. 5

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  6. 6

    小池百合子知事、静養へ。1,400万都民の命を預かる重責に心からの敬意を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月23日 08:23

  7. 7

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  8. 8

    パソコン作業は腰への負担が1.85倍。腰痛対策には“後ろ7割”の姿勢を - 酒井慎太郎

    幻冬舎plus

    06月23日 08:40

  9. 9

    「まだ気を緩めるな」マスコミや専門家はいつまで"コロナ禍"を煽り続けるのか

    PRESIDENT Online

    06月23日 15:11

  10. 10

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。