記事

国内外から見直しの声高まる、日本の2030年温室効果ガス削減目標

Karsten Würth

菅総理が宣言した2050年までの脱炭素やパリ協定の目標を達成するために、日本は2030年のCO2削減目標の見直しを強く求められている。政府は3月末に「気候変動対策推進のための有識者会議」を設置し削減目標への議論が始まったが、一方で約600の企業や自治体、NGOからなる気候変動イニシアティブ(JCI)は45%以上の削減を政府に提言する予定だ。

この背景には、グテーレス国連事務総長がパリ協定目標達成のために、主要排出国に対してより高い排出削減目標を11月のCOP26までに提出するよう強く求めていることや、日本がこれまでに掲げる26%削減(2013年度比)目標が国際的にも「極めて不十分」と見られていることなどがある。(環境ライター箕輪弥生)

EUは2030年55%削減を表明、米国は50%削減目標か?

今年に入り、米国バイデン政権の発足に伴い、4月の気候サミットの開催公表、6月のG7首脳会合に向けた議論など、11月のCOP26に向け、気候変動対策推進に向けた国際的な機運が急速に高まっている。

この背景には、気候変動により世界各地で自然災害が拡大し、生物多様性にも大きな影響が出ている、まさに待ったなしの状況がある。多くの専門家が警告するように、2030年までに徹底した対策を講じなければ、後戻りできない“ポイント・オブ・ノーリターン”を過ぎ、人類にとって破局的な事態を招きかねない。

しかし、現在各国が提出している温室効果ガスの国別削減目標(NDC)を合計しても、2100年には2.3~2.6度の気温上昇が予測されている。パリ協定の目指す1.5度目標を達成しようとするなら、2030年に世界平均で45%の削減(2010年比)は必須であるとIPCC(気候変動に関する政府間パネル)は示している。

このため、グテーレス国連事務総長は、2月末、現在の各国の削減目標はこの目標にほど遠いと指摘し、主要排出国に対しより高い排出削減目標を今年11月のCOP26までに提出するよう強く求めている。

これに対し、EUは2030年55%以上(1990年比)への削減目標引上げと2050年までの実質排出ゼロを気候法案で法制化した。米国及びカナダは、4月22日の米国主催の気候サミットまでに、NDCの数値目標を引き上げ、公表すると表明している。

米国では気候変動の対策強化を目指してきたイニシアティブ「WE ARE STILL IN」が今年に入って「AMERICA IS ALL IN」と名前を変え、2030年に少なくとも50%(2005年比)の削減目標引き上げを訴えるほか、多くのシンクタンク、企業、科学者、NGOなどが少なくとも50%削減目標とするよう政府へ要請し始めている。

最大の排出国である中国も、2020年の国連総会一般討論演説で習近平国家主席は、「2030年までにCO2排出を減少に転じさせ、2060年までに炭素中立を達成するよう努める」と表明し、NDCを引き上げる意向を示している。

主要国の温室効果ガス削減目標および自然エネルギー電力導入目標

注) EUの自然エネルギー電力57%は目標値ではなく、EUの公表している推計値である。米国の「2035年までに電力部門からのCO2排出ゼロ」は、バイデン大統領の選挙公約
出典)自然エネルギー財団「欧州各国・米国諸州の2030年自然エネルギー電力導入目標」(2021年1月15日)、同「脱炭素で先頭を走る欧州 2050年ゼロエミッションの戦略と技術」(2020年12月)、同「2019年の電力消費に占める自然エネルギーの割合」(2020年6月25日)ほか各国政府資料等を基に気候変動イニシアティブが作成

日本での45%以上の削減は可能とJCIが試算

一方、日本政府が昨年3月にパリ協定に再提出した削減目標は2013年度比 26%削減と他国目標と比べて大きく隔たりのあるものだ。菅首相が昨年表明した「2050年実質ゼロ」との整合性も問われている。

この目標について、国際的な研究機関による共同分析「Climate Action Tracker」は、「極めて不十分」と厳しい言葉を投げ掛け、仮に全ての国が日本のレベルの目標にした場合、3~4度の気温上昇が見込まれると推測する。

このような状況をとらえ、政府は菅総理肝いりの「気候変動対策推進のための有識者会議」を設置し、3月末に第1回目の会合を行った。この会議にはエネルギーや気候変動に関する学者や研究者に加え、経団連の会長やソニー、イオンといった企業の役員らも名を連ねるが、2030年削減目標についての議論はまだ始まったばかりだ。

これに対し、気候変動対策に積極的に取り組む企業や自治体、NGOの約600団体からなるJCI「気候変動イニシアティブ」はメンバーの賛同を募り、日本の2030年削減目標(NDC)を45%以上にするよう政府に今月にも要請する。

JCIの事務局団体である自然エネルギー財団や国際環境NGOのWWFは、再生可能エネルギーの活用や省エネにより45%以上の削減は可能だと示している。その理由として、日本の温室効果ガス排出量は2013年度をピークに減少が続いており、今後も省エネを進めるとともに、再生可能エネルギーを40~50%程度まで拡大し、石炭火力の廃止を進めることで十分可能だと試算する。

JCIの末吉竹二郎代表は、「日本が世界に追いつくためには、2030年までの削減目標の意欲的な引き上げと、そのゴールを確かにするために、この10年でいかにインパクトのある行動をするかが重要だ」と話す。

他国でも気候変動対策への民間企業やシンクタンク、NGOなどの声は高まりつつある。「もう政府の古い政策にしばられるのではなく、自分たちの目で見て情報を得て、みんなで声をあげていく時だ」とJCIの末吉代表が言うように、気候変動対策での非政府の意見の表明と、官民が協働するアンビションループの重要度が増している。

箕輪 弥生 (みのわ・やよい)
環境ライター・ジャーナリスト、NPO法人「そらべあ基金」理事。
東京の下町生まれ、立教大学卒。広告代理店を経てマーケティングプランナーとして独立。その後、持続可能なビジネスや社会の仕組み、生態系への関心がつのり環境分野へシフト。自然エネルギーや循環型ライフスタイルなどを中心に、幅広く環境関連の記事や書籍の執筆、編集を行う。著書に「エネルギーシフトに向けて 節電・省エネの知恵123」「環境生活のススメ」(飛鳥新社)「LOHASで行こう!」(ソニーマガジンズ)ほか。自身も雨水や太陽熱、自然素材を使ったエコハウスに住む。

http://gogreen.hippy.jp/

あわせて読みたい

「温室効果ガス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  2. 2

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  3. 3

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  4. 4

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  5. 5

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  6. 6

    対コロナ戦争の誇り高き勝利国インドを地獄に叩き落とした変異株 東京五輪は本当に可能なのか

    木村正人

    05月17日 09:33

  7. 7

    石橋貴明の始球式が“神対応”と話題 若者ファンが急増のワケ

    女性自身

    05月17日 13:22

  8. 8

    「IOCは今後、五輪ができなくなる」舛添氏、日本が中止に言及した場合のIOC対応に注目

    ABEMA TIMES

    05月16日 18:36

  9. 9

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  10. 10

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。