記事

ソウル市長選大敗で与党幹部が総辞職…文政権の「レームダック化」が止まらない - 菅野 朋子

「41対0(ソウル市25区・釜山市16区) 怒った民心、政権を審判」(朝鮮日報)、「与党惨敗、恐ろしいほどに背を向けた民心」(ハンギョレ新聞)「怒った民心、与党を捨てた」(ソウル新聞)

【写真】この記事の写真を見る(3枚)

 翌朝の新聞の一面には保守系から進歩・革新系、中道系にいたるまでこんな見出しが躍った。

次期大統領選挙を占う「プチ大統領選」で野党が圧勝

 4月7日に行われたソウル・釜山市長補欠選挙で、ソウル市は57.5%VS39.1%、釜山では62.6%VS34.4%で、両市ともすべての区で野党「国民の力」が圧勝した。与党は1年前の総選挙で180議席を獲得した姿は見る影もなく、大惨敗となった。


文大統領 ©AFLO

 来年3月の次期大統領選挙を占う「プチ大統領選」とも呼ばれたこの選挙での大敗により、責任論が持ち上がった与党指導部は翌8日に総辞職することを発表し、与党内の迷走が始まった。3月半ばから支持率を37%、34%、32%(世論調査、韓国ギャラップ)と落とし続けていた文在寅大統領は急速に求心力を失うことになり、本格的なレームダック化が現実となった。

「賃貸借3法」施行前に自らは賃料を大幅引き上げ

 与党「共に民主党」の選挙用の青いジャンパーから「党名」が消えたのは選挙戦終盤。金尚祚青瓦台政策室長の不動産スキャンダルが明るみに出た直後だった。

 金室長は昨年、自らが主導していた「賃貸借3法」(家を借りる庶民の権利を強化する趣旨の法律)が施行される2日前に自身が保有していたマンションの賃貸料を大幅に引き上げていたことが発覚。「賃貸借3法」では賃貸料の引き上げの上限を5%に定めていたが、金室長は14%も引き上げていた。

 さらに、やはり立法を主導していた与党議員も施行前に賃貸料を上げていたことも分かり、不動産政策への不満が積もりに積もっていた世論の怒りは爆発した。

 与党は選挙戦終盤からようやく謝罪行脚に乗り出したが、時すでに遅し。

 これほど大敗した原因は何だったのか。中道紙記者はこれまでに積もった政権への不満が限界を超えたと解説する。

自分たちだけ利益を得ていたという偽善

「曺国元法相の娘の不正入学から始まった与党の『ネロナンブル』(自分の婚外恋愛はロマンでも他人がやると不倫だとするような偽善を揶揄する言葉)。ここから進歩派内でも与党離れが始まった。そして不動産政策での失政、 “K防疫”を誇っておきながらワクチン接種での遅れ、挙げればきりがありません。

 コロナが始まった昨年4月の総選挙ではコロナ対策が功を奏して180議席を獲得するスーパー与党が誕生しましたが、結果的にこれが毒になって返ってきた。傲慢になった与党は、国会の要職のほとんどを自分たちで占め、秋美愛前法相は文大統領が寵愛する曺国元法相一家の疑惑にメスを入れた尹錫悦前検察総長の追い出しを1年もかけて執拗に行い、与党はこれを検察改革だと嘯(うそぶ)いた。

 極めつきは、国民自身の資産に関わる不動産問題での失策とさらには公共住宅の供給を担う公社職員や青瓦台の政策室長や与党議員までもが内部情報を利用し、自分たちだけ利益を得ていたという偽善。国民が怒らないわけがない」

 それでも、票がここまで政治を動かしてしまう現実を目の当たりにすると驚きしかない。補欠選挙であったため平日に行われたにもかかわらず、ソウル市の投票率は58.2%にのぼっている。昨年、日曜日に行われた東京都知事選が55%だったことを考えると相当高い。

20~30代の多くがが野党候補を支持

 今回の選挙で注目されたスイングボーター(浮動票)は20~30代だった。

 その結果は、男性では20代が72.5%、30代が63.8%、文政権を支える核心的存在といわれた女性では20代が40.9%、30代が50.6%が野党候補を支持していた。

 この世代は韓国では「MZ世代」(1980年代初め~2000年代初めに生まれたミレニアル世代と1990年代半ばから2000年代初めに生まれたZ世代を合わせたもの)と呼ばれ、最近、企業内でもその動向に注目が集っている層だ。

 今年に入り、この世代が「報酬の公正さ」を訴え、「SKハイニックス」ではSKグループ会長が自身の年俸を返納し、サムスン電子では賃金引き上げ率を平均7.5%ほどアップさせている。

競争の公正さだけを求める「2030」たち

 進歩・革新派の論客で、曺国元法相の疑惑を境に現政権の批判を繰り返している陳重權元東洋大学教授はこんなことを言っている。

「2030(20代、30代のこと)は機会の平等と結果の正義を信じない。金のスプーン、土のスプーン(親の資産や所得によって階級があるというスプーン階級論。金は富裕層、土は低所得層)の身分の違いは“運命”だと思い、公正な競争の結果としてもたらされる格差は潔く認めようとする。そのため競争の公正さだけを守ってくれというのだ。2030が信じているのはこの能力主義(Meritocracy)、つまり、個別的競争のイデオロギーだ」(中央日報、4月7日)

 彼らの考え方は、保守と進歩・革新という分け方では理解できないというわけだ。

野党の勝利は「与党を審判するという意味での勝利」

 圧勝した野党「国民の力」も勝利に酔ってばかりはいられない。世論調査会社関係者は言う。

「スキャンダルが続出しているにもかかわらず反省もみられない与党を審判するという意味での勝利で、決して野党を支持しているわけではない。野党にも機会を与えてあげるよ、ただ、失敗したらすぐに背を向けるよという意味合いが強い。今回は補欠選挙で1年間という期限もちょうどいいと考えた20~30代、そして中道層が野党票へ動いたということでしょう」

 反省という点からいえば、野党「国民の力」は昨年、李明博元大統領と朴槿恵前大統領の過去の過ちについて謝罪し、また、1980年、光州で起きた民主化運動で犠牲となった人々が眠る国立墓地を訪ねて跪(ひざまず)いて謝罪するなど、これまでとは異なる姿をみせてきた。また、熱烈な朴槿恵前大統領支持層の太極旗部隊も今回の選挙では姿を消しており、新しい“保守像“を探っていた。こうしたことも今回の選挙では功を奏したようだ。

 今回のソウル・釜山補欠選挙は与党所属だった故朴元淳前ソウル市長、呉巨敦前釜山市長のセクハラにより空いた役職をめぐって行われた選挙で、そもそも与党は候補者をだせるような立場にはなかった。しかし、「大統領選挙を1年後に控えた今回の選挙に候補者を出さざるを得なかった側面もある」(前出記者)という。

 4月に入り、与党の朴映宣候補の劣勢が明らかになると「出馬辞退」という噂がまことしやかに流れたが、実際に辞退していればここまで与党が混乱することはなかったかもしれない。

 補欠選挙が終わり、韓国はすでに来年3月の大統領選挙(大選)モードに入った。

 与党の惨敗により、今回、選挙対策委員長を務めた知日派の李洛淵前首相は責任論に押されて退場し、大選予備候補者レースから脱落するとみられる。ますます勢いに乗るだろうといわれるのは李在明京畿道知事だ。

 文派(熱烈な文大統領支持派)とは距離を置き、疎まれているともいわれる李知事が与党の候補者となるのか。李知事の対日観は抗日ともいわれ、かなり厳しいといわれる。いずれにしても、与党の惨敗により、李知事をはじめとする与党の大選予備候補者は文大統領を批判し踏み台にすることで世論に支持を訴えかけていくものとみられる。

来年には政権交代が起きるかもしれない

 第一野党「国民の力」は大選の候補者不足といわれたが、今回の勝利で顔ぶれが見えてきている。今回の選挙の影の立役者となった安哲秀元議員や当選した呉世勲ソウル市長も名前が挙がる。また、党内で呉ソウル市長と候補争いをした羅卿ウォン議員、そして、俄然注目が集まるのは現政権と対立構図となっている尹前検察総長が政界に打って出るかだ。

 10年単位でスイングしてきた保守と進歩・革新政権だが、来年には政権交代が起きるかもしれない。もし、現在の野党候補が当選すれば前政権の政策を検証することになり、対日政策もその対象となるだろう。

 どんな政争が繰り広げられるのか。観戦者だけに徹するならば、これほど面白いレースはなさそうだ。

(菅野 朋子)

あわせて読みたい

「文在寅」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  2. 2

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  3. 3

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  4. 4

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  5. 5

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  6. 6

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  7. 7

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  8. 8

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  9. 9

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  10. 10

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。