記事

2020年度「結婚式場の倒産動向」調査

1/2

 2020年度(20年4月-21年3月)の「結婚式場」の倒産(負債額1,000万円以上)は、9件(前年度比28.5%増)で、2年連続で前年度を上回った。

 「結婚式場」の倒産9件のうち、新型コロナウイルス関連倒産は7件(構成比77.7%)と約8割を占めた。宿泊業の倒産127件のうちコロナ関連は68件(構成比53.5%)、飲食業は784件のうち202件(同25.7%)だが、「結婚式場」の倒産は、コロナ禍の影響がより大きく、直撃に見舞われたことがわかった。

 結婚式場業は、少子化や非婚化による婚姻数の減少に加え、挙式・披露宴を行わないカップルが増え、ホテルやレストランなど会場の多様化も進んでいる。

 そうしたなか、新型コロナウイルス感染拡大で2020年3月以降、挙式の中止や延期が増加し、結婚式場はかつてない苦境に追い込まれている。写真撮影だけのフォトウェディング、「三密回避」のため複数回の挙式開催など、結婚式場のプランナーはコロナ禍でのニーズの変化に沿った結婚式の提案を模索している。

しかし、2021年1月に11都府県で緊急事態宣言が再発令されたほか、新たに大阪府など3府県で「まん延防止等重点措置」が適用される事態となり、先行き予断を許さない状況が長引いている。

 コロナ収束が不透明ななか、雇用調整助成金の特例措置や制度融資などの各種支援策は縮小されつつある。多くの結婚式場では、生活様式の変化や挙式数の減少で、売上がコロナ前の水準に戻ることはしばらく難しいだろう。

また、コロナ支援策は、一時的な資金繰り緩和をもたらしたが、副作用として過剰債務を招いている。もともと結婚式場は豪勢な施設に大型の先行投資を要しており、売上減少は財務圧迫に直結しやすい。新型コロナ感染拡大が長引くほど、若者の結婚式場離れが進みかねず、当面厳しい状況が続くとみられる。

調査は、日本産業分類の「結婚式場業」の2020年度(2020年4月‐2021年3月)の倒産を集計、分析した。

2020年度の「結婚式場」倒産は9件、このうち、7件が「新型コロナ」関連倒産

 2020年度の「結婚式場」倒産は9件(前年度比28.5%増)で、2年連続で増加した。

 9件のうち、7件(構成比77.7%)が「新型コロナ」関連倒産で、コロナ禍で結婚式場の経営は苦境に立たされている。

 もともと結婚式場は、少子化や適齢期の非婚化で市場が縮小傾向にある。結婚式場の倒産は2015年度以降、6年連続で10件を下回っている。2018年度から微増をたどっているが、コロナ禍が背中を押す形で生活様式の変化を促しており、経営環境はより厳しさを増している。

あわせて読みたい

「倒産」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  3. 3

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  4. 4

    経済大打撃の日本 政府はいますぐ「消費税ゼロ」と「粗利補償」を実施せよ

    田原総一朗

    06月11日 12:16

  5. 5

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  6. 6

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  7. 7

    「日本が気にするのはお金、メンツ、総選挙だけ」イギリスが疑問視する東京五輪開催

    小林恭子

    06月11日 11:39

  8. 8

    「社説で五輪中止を求めるのにスポンサーは継続」朝日新聞が信頼を失った根本原因

    PRESIDENT Online

    06月11日 10:55

  9. 9

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  10. 10

    人生を変える一番簡単な方法は「付き合う人を変えること」

    内藤忍

    06月11日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。