記事
  • ロイター

人工肉の米インポッシブル・フーズ、株式上場に向け協議=関係筋


[8日 ロイター] - 植物由来の人工肉を製造している米インポッシブル​・フーズが、株式上場に向けた協議を進めていることが分かった。企業価値は100億ドル前後と算定される見通し。事情に詳しい複数の関係筋が明らかにした。

企業価値は2020年の資金調達ラウンド時の40億ドルを大きく上回ることになる。人工肉に対する需要の高まりを反映した形だ。

関係筋によると、インポッシブル​・フーズは向こう12カ月以内に新規株式公開(IPO)を通じ、もしくは特別買収目的会社(SPAC)との合併を通じた上場を検討している。

インポッシブル​・フーズは有利なバリュエーション提案を受け、金融アドバイザーと協力し、SPACとの協議を進めているという。

ただ、関係筋は、SPACを通じた上場の場合、IPO以上にインポッシブル​・フーズ既存株主にとって株式の希薄化が進む可能性があると付け加えた。

また、協議は市場環境に左右されるほか、インポッシブル​・フーズが新たな民間からの資金調達ラウンドを選択する可能性もあるとして、注意を促した。

インポッシブル​・フーズはコメントを避けた。

同社は、ベンチャーキャピタルのコースラ・ベンチャーズやホライゾンズ・ベンチャーズのほか、テニスのスターであるセリーナ・ウィリアムズ選手やラッパーのJay-Zさんら有名人の支援を受けており、PitchBookのデータによると、プライベート市場でこれまでに15億ドルを調達している。

グッド・フード・インスティテュートと植物由来食品協会(PBFA)の報告書によると、米国内の植物由来食品の小売販売額は20年に70億ドルとなり、前年比27%増加した。

2011年創設のインポッシブル​・フーズは、スーパーなどで人工肉バーガー・ソーセージを販売しているほか、バーガーキングやディズニーなどとパートナーシップを結んでいる。

これまでに明らかにされているところによると、インポッシブル​・フーズ製バーガーが販売されている店舗数は過去1年で150から2万以上に増えている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  2. 2

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  3. 3

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  4. 4

    電通が「数百万円程度」で作成 批判受け削除の復興庁トリチウムキャラクター【東京電力福島第1原発事故】

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:47

  5. 5

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  6. 6

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  7. 7

    ALPS処理水の海洋放出について

    城内実

    04月15日 17:02

  8. 8

    賃金水準がG7最下位に転落した日本 最大の理由は官僚や大企業経営者の「保身」

    マガジン9

    04月15日 17:24

  9. 9

    「都心に残るか、地方移住するか」堀江貴文がコロナ禍に辿り着いた最終結論

    PRESIDENT Online

    04月15日 15:25

  10. 10

    ブルーライトカット眼鏡への意見書を出した学会に聞く「結局使うべきではないのか」

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。