記事
  • WEDGE Infinity

スポーツ好きの金正恩には五輪不参加は本意でない? 北朝鮮の東京五輪不参加の背景を考える - 礒﨑敦仁 (慶應義塾大学教授) 澤田克己 (毎日新聞記者、元ソウル支局長)

1/2

[画像をブログで見る]

北朝鮮が、東京オリンピックへの不参加を決めた。コロナ下で開催への疑問が出されている五輪ではあるが、参加しないと正式に表明したのは北朝鮮が初めてだ。核問題をめぐる米国や日韓両国への揺さぶりという見方もあるようだが、そこまで大きな政治的意味があるのかは疑問だ。金正恩政権がスポーツ重視の政策を続けてきたことや、北朝鮮がこの間に見せてきたコロナへの警戒心の強さを考えると、コロナが理由だと考える方が自然だろう。五輪不参加をめぐる北朝鮮の事情を考えてみたい。

北朝鮮体育省のサイト「朝鮮体育」が4月5日、前月25日の朝鮮オリンピック委員会総会の結果を掲載した。「悪性ウイルス(新型コロナ)感染症による世界的な保健医療危機状況から選手を保護するため、委員らの提議により第32回オリンピック競技大会(東京五輪)に参加しないことを討議、決定した」というものだった。ちなみに総会は「画像会議方式」で行われたという。リモート会議である。

「コロナが理由」が本当でも不思議ではない

中国での新感染症発生への北朝鮮の対応は迅速だった。中国の習近平国家主席が感染抑止の「重要指示」を出したのが昨年1月20日だ。北朝鮮の朝鮮中央テレビは21日のニュースで武漢市での新型肺炎発生を報じた。そして北朝鮮は翌22日には外国人の入国を統制しはじめた。

2月初めまでに中国、ロシアと結ぶ国際列車と航空便の運行が停止された。貨物輸送も陸路は封鎖された。中国との一部の船舶輸送は6月ごろまで続いたものの、7月以降は途絶えたとされる。中露以外の国と往来するルートはないので、事実上の鎖国である。北朝鮮の貿易額の9割を占める対中貿易は、19年に27億8903万ドル(約3100億円)あったのが、20年は5億3812万ドルと8割減になった。特に昨年10月以降の輸出はほとんどゼロに近い。

中国からの輸入が止まったことで医薬品や調味料など生活必需品が不足し、市場での価格が上昇した。資材不足で運営できなくなる工場も各地で出て、経済全般への悪影響が深刻になってきている。

さすがに耐え切れなくなったのか、北朝鮮当局も対中貿易の部分的な再開に動いている。3月3日には「輸入物資消毒法」が制定された。輸入物資の増加に備えた措置だ。ただし、厳しい制限は続く模様で本格的な再開にはほど遠い。人的往来の再開はさらに後となるだろう。

北朝鮮は2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)、2014年のエボラ出血熱、2015年の中東呼吸器症候群(MERS)流行の際にも外国人の入国制限を行った。ただコロナ対応は最初の段階から、今までとは段違いの厳しさだった。医療インフラの貧弱な北朝鮮で新型感染症が流行すれば大変な事態になる。北朝鮮がいまだに主張する「感染者ゼロ」はにわかに信じがたいものの、死者が続出する医療崩壊のような事態にはなっていない。ここまでは危機管理に成功してきたと言えそうだが、それだけに危機意識は高いままだろう。こうした状況では五輪関係者の出入りが「アリの一穴」になりかねないと考えたとしても、それほど不思議ではない。

国際社会への衝撃なく「カード」になるか疑問

北朝鮮の不参加表明が政治的文脈でとらえられやすい直接的な理由は、韓国の文在寅政権が過度な期待を寄せていたことにある。文政権は最近、米朝、南北対話を再び動かす契機に東京五輪を活用したいと期待感を表明していた。平昌冬季五輪を契機に対話ムードが盛り上がり、南北首脳会談、米朝首脳会談と続いた2018年を再現させたいと考えたのだ。日本から見ると夢のような話であり、まったくピンとこない突飛なアイデアだが、韓国では大真面目に語られる「構想」だった。残り任期が1年しかなく、憲法の規定で再選のない文在寅大統領にとっては数少ない残されたチャンスという事情もあった。

2018年に何があったかを振り返っておこう。金正恩国務委員長は2018年元日の「新年の辞」演説で、平昌五輪での協力を持ち出して韓国に対話を呼びかけた。北朝鮮は2017年11月に大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」を発射し、「国家核武力の完成」を宣言していた。軍事的な緊張が高まる中での五輪になりかねなかったのだから、文政権が喜んで対話に応じたのは当然だろう。金大中政権、盧武鉉政権の対北包容政策を引き継ぐ文在寅としては、とりわけ大きな成功体験でもあった。

北朝鮮が「五輪を成功させたい」という思いを共有していたわけではない。核弾頭とICBMの技術開発を進めて有利な立場を得た上で米韓両国との対話に乗り出そうとしていた節があり、ちょうどいい時期に開かれる平昌五輪を足場に使ったと言える。

北朝鮮は結局、平昌五輪に選手団を派遣したことで融和ムードの演出に成功した。韓国との首脳会談開催に合意し、さらには韓国を仲介者にする形で米国との首脳会談まで実現させた。金正恩にとっては、金日成、金正日という過去の指導者が望んでもかなわなかった超大国との「対等な」交渉を実現させたことになり、国内で威信を高める効果も大きかった。

一方でトランプ前米大統領とのディールで制裁緩和を引き出そうという目論みは、失敗に終わった。バイデン米政権はいま対北朝鮮政策の見直しを進めているので、北朝鮮としてはその結果を見ながら対米戦略を練り直す必要がある。しかし、バイデン政権がトランプ政権と同じような交渉姿勢を取るとは考えづらい。それならば東京五輪を契機に首脳会談を開いたとしても、北朝鮮にとってメリットは少ない。

金正恩や妹・金与正氏の開会式参加は選手団とは別個の問題ではあるものの、韓国の「夢」に付き合う気はないということだ。北朝鮮の不参加表明が国際社会に衝撃を与えるとも考えづらいし、米国の対北朝鮮政策に大きな影響を与えることもない。菅政権にとっては「なんとしてでも五輪を開くこと」が最大の目標だ。そもそも開けなければ、北朝鮮が参加の意思を持っていても何の意味もない。米国が来年の北京冬季五輪ボイコットを匂わせるのとは衝撃度が全く違う。北朝鮮が五輪参加を「カード」として使えるような環境にはないし、そんなことを考えているとも思えないのである。

実際に、3年前とは異なり、金正恩は今年の五輪について一度も発言したことがない。それどころか、今回の不参加表明は、あくまでも「第32回オリンピック競技大会」への不参加表明であって、それが東京で開催されるという事実さえ、自国民には一切公表していないのである。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  2. 2

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  3. 3

    「天気予報」や「雨雲レーダー」の信頼度はどれくらい? - 『天気の子』監修の気象庁・荒木健太郎さんに聞く3

    BLOGOS編集部

    04月14日 08:09

  4. 4

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  5. 5

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  6. 6

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  7. 7

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  8. 8

    私が菅首相の政治手法をスト2の「待ちガイル」だと思う理由

    宇佐美典也

    04月14日 12:00

  9. 9

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

  10. 10

    富裕層が選ぶのは、田園調布の戸建てではなく「アマンレジデンス」

    内藤忍

    04月14日 15:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。