記事
  • ロイター

ECB、資産買い入れペース第3四半期に縮小も=議事要旨

[フランクフルト 8日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が8日に公表した3月10─11日の理事会の議事要旨によると、政策当局者は債券買い入れの増額ペースを落とすことや、第2・四半期に買い入れを集中させ、状況によって後に買い入れペースを落とすことを話し合った。

国債利回りの上昇が経済回復に打撃を与えるとの懸念からECBは3月、利回り低下に向け資産買い入れを「大幅に」増やすことを決めた。利回り上昇は、経済回復見通しではなく世界的な利回り調整を反映していると見られていた。資産買い入れ額は3月に20%を超える伸びとなり、名目利回りは安定、インフレ調整後利回りは年初の水準に戻った。

ただ一部の政策当局者は、債券買い入れの増額ペースを落とすことで、より均衡の取れたリスク評価と経済成長の加速見通しを反映することができると主張。

議事要旨は「現状、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の枠組みに疑念を挟むことなく、今後買い入れペースを落とすことができるとする(チーフエコノミストの)レーン氏の見方に全てのメンバーが幅広い合意に至った」とした。

ECBは次回、買い入れペースについて6月に検討する。一部の政策当局者は既に、新型コロナウイルスのワクチン接種の進展が加速し危機が落ち着くにつれ、第3・四半期に買い入れペースを縮小することを提唱している。

国債利回りの上昇については意見が割れた。政策当局者は利回り上昇が時期尚早だったことに関しては意見が一致したものの、一部当局者は大した上昇ではないとし、物価上昇見通しを反映したと主張。利回りが依然、非常に低いとの見方だった。

ECBの次回の理事会は4月22日に開かれる。ただ見通しに変わりはなくワクチンのペースにも大きく左右されるため、形だけの会合と見なされている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池都知事は若者からかけがえのない時を奪うのを止めろ

    青山まさゆき

    04月12日 22:14

  2. 2

    学者も生産者も軒並み反対 「海洋放出以外の選択肢ある」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月13日 08:45

  3. 3

    海洋放出も地層処分も強行するな

    畠山和也

    04月13日 08:42

  4. 4

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  5. 5

    千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

    NEWSポストセブン

    04月13日 09:29

  6. 6

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  7. 7

    なぜ市町村に、具体的なワクチン配布の日程を伝えられないのか

    大串博志

    04月13日 08:50

  8. 8

    支持率が下げ止まるも、参院選広島補選は劣勢。評価が難しい菅政権の浮沈具合【ほぼ雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月13日 09:14

  9. 9

    カンニング竹山の小池都政批判発言ミスはテレビの「YouTube化」が招いたか

    渡邉裕二

    04月13日 11:50

  10. 10

    居住実態なく当選無効 スーパークレイジー君市議「徹底抗戦」

    ABEMA TIMES

    04月12日 20:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。