記事

日本の女性差別、どうすればなくなるか?

1/2

大井真理子、BBCニュース


性差別的な発言について謝罪する森喜朗前会長


「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」

東京五輪大会組織委員会の森喜朗前会長(83)がそう発言した翌日、20代の女性3人が森氏の処遇の検討を求める署名を始めた

そのうちの1人、能條桃子さん(23)は、「目的は辞任ではなく、再発防止でした」と話す。能條さんは若者の政治参加を促す団体「NO YOUTH NO JAPAN」代表でもある。

「何かしないと、と感じました。今まで社会として見過ごしてきたのがよくないと思って」

計11人の有志で始めた署名は、2日間で10万筆を超えた。

首相経験者の森氏は1週間後に辞任。その後、森氏が日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏(84)を後任に指名したと報道されると、能條さんたちは再度、誰がどういう基準で後任を選ぶのか開示すべきだと、透明性の高いプロセスを要求。より若く、女性で、元オリンピック選手の橋本聖子五輪相(当時、56)が後任に決まった

しかし、「森さんの辞任で問題が解決したわけではない」と能條さんは言う。

「森さんの発言を批判した会社の中にも、女性役員は1%以下のところがある。それを変えていけるかにかかっていると思います」

世田谷区議会議員の神尾りさ氏(39)も、森氏個人が発言した内容より、それを容認してきた日本社会そのものに問題があると言う。

「誰かを責めるのは簡単なことですが、モグラたたきで1匹のモグラをたたくのと同じこと。頭を出していないモグラの大群がもつ固定観念や常識を、私たちがどう変えていくのか。その意識を変えることを怠ってきたのは私たち自身です」

それを裏付けるかのように、森氏の辞任の数日後、自民党幹部は主要会議に女性議員を招くが発言は認めないと発表し、世界でニュースになった。

能條さんの活動が示すように、若者たちの中にはこうした問題を解決しようという動きが出始めている。しかし統計では、大きな変化が訪れるにはまだまだ時間がかかると示されている。

安倍晋三前政権では「女性が輝く社会」を目指したにもかかわらず、なぜ日本では女性差別がなくならないのか? その背景にあるものは何なのか?

女性が担う負担

イクメンという言葉がはやり、男性の家庭進出がうたわれる中、変化が遅い理由は「第2次大戦後、企業戦士として会社に人生を捧げるサラリーマンと専業主婦の組み合わせが奨励され、今でも性別役割分業が強いから」だと、認定NPO法人フローレンスの駒崎弘樹代表理事は指摘する。

「長時間労働をせざるを得ない男性は自宅に帰る時間が遅く、家事や育児にコミットできない」

そう駒崎氏が説明するように、2020年版の男女共同参画白書でも、働く夫婦の家事時間は女性が男性の最大3.6倍。少しずつ改善されつつあるが、家事の負担はいまだに女性が負っている

その結果、キャリアとの両立に悩み、産後に仕事を辞めたり、パートタイムや時短勤務で復帰し、昇進を諦めたりする女性も多い。

そして子育て支援体制が十分でないことは、子どもを産むという選択、少子化にも影響している。

日本の経済成長が停滞する中、女性の活躍が不可欠だとして掲げられたのが「ウーマノミクス」だが、待機児童問題やいわゆる「小1の壁」など、未解決の課題も多い。

少子化問題について取材を続けてきた白河桃子氏は、「日本が推進してきたのは女性活躍だけで、ジェンダー平等ではない」と話す。

日本では女性のリーダーの数を増やすという目の前の数値目標に気を取られ、長期的に女性を育成していくという観点が不十分だった。

そのため、女性の就労率は上がっても、社会の指導的地位を占める女性はあまり増えず、2020年までに30%を目指した女性管理職は、2019年になっても7.8%と低迷。目標達成は2030年に先送りされた。

また、女性議員(衆院)も1割以下で193カ国中166位だ。その結果、世界経済フォーラムによる「ジェンダーギャップ指数」では、日本は156カ国中120位と、2006年から40位も下げている。

今なお男性優位社会の政財界では女性蔑視発言が絶えない。経団連の中西宏明会長は、森氏の発言について「日本社会の本音が出た」と印象を語った。

声を上げづらい社会

森氏のような発言がなくならない理由の一つに、日本では特に目上の人に反対意見を言いづらい、という文化がある。

能條さんは、「私が若者だから、女性だからではなく、日本全体が声を上げづらい社会だ」と言う。

「声を上げることはわがままで、自分で努力せず、文句ばかり言ってる人というふうに見られてしまう」

また「空気を読む」という風潮もある。その場が気まずくならないように、女性蔑視発言があっても、誰も批判しない。

すると森氏のような男性は、自分の発言が不適切と気づかない。発言がインターネットなどで批判されても、今までなら謝罪し、「妻や娘に怒られた」と同情を買うコメントをし、そのまま役職をキープしてきた。

それを許してきたのは私たちだ。そう感じた年上の女性たちの多くも、能條さんの署名を応援した。

駒崎氏は、「女性だけではなく、男性も怒っていますと声を大にして言いたい」と強調する。「同年代の男性で、議員の方も含め、あれにイエスと言う人はいない。あり得ないと思っている人がマジョリティー」だと話した。

駒崎氏は「世代が変わればオールオッケーというわけではない」と言う一方で、若者との対話で、ジェンダーについての価値観をアップデートしてきた年配の男性も多いと語った。

あわせて読みたい

「性差別」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  2. 2

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  3. 3

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  4. 4

    スガ首相「要請」を「メドが立った」とすり替える ワクチン確保のお寒い現実

    田中龍作

    04月20日 08:43

  5. 5

    自民党内に“5月下旬に東京都に緊急事態宣言ならオリンピック開催は危うい”との見方も

    ABEMA TIMES

    04月20日 08:32

  6. 6

    TBS『週刊さんまとマツコ』視聴率が取りにくい枠での成功目指す「逆張り」に期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  7. 7

    ここで出しゃばる財務省?!雇用調整助成金のコロナ特例見直しは正しいけど、財務省から言い出すのは…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月20日 08:19

  8. 8

    9月末までにワクチンのめどがついたのであれば根拠を示すべし

    大串博志

    04月20日 08:24

  9. 9

    "都会より田舎の方が便利"に感じたこと「車で移動できる。駐車場代がかからない」

    キャリコネニュース

    04月20日 09:18

  10. 10

    早稲田政経の入試で数学必須が話題に… “数学不要論”に天才数学者の答えは

    ABEMA TIMES

    04月19日 17:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。