記事
  • 女性自身

眞子さま“結婚予算ゼロ”に!残る手段は13万円チャペル婚か

2/2

■眞子さまが下見していた「13万円チャペル婚」

皇室の予算を巡っては、こんな騒動もあった。秋篠宮さまは’18年11月の会見で、宮中祭祀の大嘗祭について「身の丈に合った儀式にすることが、本来の姿ではないか」と発言。国費で大嘗祭を執り行うことに疑問を呈したのだ。

「現在の象徴天皇制は、国民の総意に基づいて成立しているものです。もし国民の大多数が皇室は不要と感じるようになれば、憲法が改正され皇室が廃止となる可能性もあるのです。そのため、国民の理解を得られるよう税金の使い方に関しては十分に配慮しなければならないと、皇室の方々はお考えです。コロナ禍で約3千万円のティアラを制作することは国民の理解を得づらいと、天皇陛下と雅子さまはお考えになったのかもしれません。

ましてや国民の理解が得られていない結婚に1億4千万円を費やすことは、国民の心が離れてしまうきっかけになりかねません。いずれも予算がつかなかったのは、両陛下の苦渋のご決断もあったからでしょう」(前出・宮内庁関係者)

“結婚予算ゼロ”という厳しい現実に直面されている眞子さま。だが、早期結婚を実現させるための秘策もあるのだという。

「実は眞子さまと小室さんの母校・国際基督教大学(ICU)にあるチャペルは、結婚式場としても使われているのです。もともと小室さんとの結婚式は帝国ホテルで開かれる予定でしたが、数百万円の費用がかかりますし、豪華な結婚式は国民感情を逆なでしかねません。

しかしこのチャペルは、挙式の基本費用だけならたった13万円。ほかに牧師への謝礼や衣装代などがかかりますが、それでも一般の式場に比べれなり格安です。眞子さまは’19年6月、ICUのチャペルで開かれた同級生の結婚式に参列しています。つまり、すでに式場の“下見”を済ませているのです」(前出・宮内庁関係者)

雅子さまの“苦渋の決断”の真意は眞子さまに届くのか。それとも予算ゼロという逆境さえ物ともせず、眞子さまは小室さんとの結婚に突き進むのか――。

「女性自身」2021年4月20日号 掲載

あわせて読みたい

「眞子内親王」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日米共同声明に「台湾」が明記。日本は安全保障・環境問題で「メインプレイヤー」になる時だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月19日 08:14

  2. 2

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  3. 3

    「俺はそういう人間だ」オンライン生活についていけないミドル男性は罪なのか

    土屋礼央

    04月19日 09:24

  4. 4

    外出自粛の要請に従わない世の中 同調圧力で機能してきた日本のコロナ対策は限界

    緒方 林太郎

    04月19日 11:32

  5. 5

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  6. 6

    ワクチンに関する政府の発信の不安定さ

    大串博志

    04月19日 08:29

  7. 7

    中国が反発したくなるほどインパクトがあったのだから、日米共同声明はよかったということだろう

    早川忠孝

    04月18日 17:03

  8. 8

    会社を私物化する経営者「家族との高級レストランを交際接待費で落とす」

    キャリコネニュース

    04月18日 14:05

  9. 9

    日産元会長逮捕劇の端緒は常勤監査役の覚悟にあった-日産クーデターの真相より

    山口利昭

    04月19日 08:51

  10. 10

    まん延防止で休業している飲食店経営者は、今どこで何をしているのか?

    内藤忍

    04月19日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。