記事
  • ロイター

米、パレスチナ向け支援再開へ 国連機関などに2.35億ドル拠出


[ワシントン/エルサレム 7日 ロイター] - バイデン米政権は7日、パレスチナ向け支援として2億3500万ドルを拠出すると表明した。トランプ前政権が打ち切っていた、難民を支援する国連機関などへの資金拠出を再開する。

ブリンケン米国務長官の声明文によると、内訳は国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)を通じた1億5000万ドル、経済開発支援として7500万ドル、和平構築プログラム向けに1000万ドル。

米国がエルサレムをイスラエルの首都と認定し、テルアビブにあった米国大使館をエルサレムに移すと決定したことを受けて、米国とパレスチナ自治政府の関係が悪化。トランプ前政権はほぼ全てのパレスチナ向け支援を打ち切っていた。

ブリンケン国務長官は「議会と協力し、パレスチナの人々に対する米国の経済・開発・人道支援の再開計画を発表できることをうれしく思う」とした。

パレスチナ自治政府の議長府は支援再開を歓迎。シュタイエ首相は「パレスチナの人々の権利と願望に合致する新しい政治的な道のりを築くよう米政権に求める」とツイートした。

一方、イスラエルのエルダン駐米兼国連大使はツイッターで、反イスラエル感情の扇動を容認しているなどとして、UNRWAへの資金拠出再開を非難。投稿した動画で「いわゆる難民向けのこの国連機関が現行のままで存在すべきではないとわれわれは考えている」と述べた。

米国務省とのやり取りの中で、改革実行をまずは保証することなしにUNRWAへの資金拠出再開を決定したことに「失望と反対を表明した」という。

ブリンケン国務長官は、バイデン政権がUNRWAの改革を求めることを示唆。トランプ前政権はUNRWAについて、非効率で、パレスチナ難民の人数を過剰に登録しているほか、イスラエルとの対立を長期化させていると非難していた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  2. 2

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  3. 3

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  4. 4

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  5. 5

    ALPS処理水の海洋放出について

    城内実

    04月15日 17:02

  6. 6

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  7. 7

    「都心に残るか、地方移住するか」堀江貴文がコロナ禍に辿り着いた最終結論

    PRESIDENT Online

    04月15日 15:25

  8. 8

    賃金水準がG7最下位に転落した日本 最大の理由は官僚や大企業経営者の「保身」

    マガジン9

    04月15日 17:24

  9. 9

    ミャンマーの試練 国連管理も難しく長引く様相

    ヒロ

    04月16日 11:52

  10. 10

    確定申告を終えたフリーランスのあなたへ 仕事の通信簿を分析する

    常見陽平

    04月16日 09:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。