記事
  • 女性自身

厚労省“宴会部署”感染対策マニュアルにお酒への注意喚起文

厚生労働省老健局が作成した介護事業者向けの「介護現場における感染対策の手引き」にはアルコールを飲むときの注意喚起が

厚生労働省の職員23人が宴会を開いていた問題が、全国の介護事業者に大きな衝撃を与えているという。じつは宴会を行った職員が所属する老健局は高齢者医療や福祉などを担当する介護事業の所管部署だ。

ウイルスへの抵抗力が弱い高齢者が集う介護施設は、しばしばクラスター(集団感染)の舞台となってきた。4月1日、職員と入所者47名のクラスターが起きた神奈川県川崎市の老人ホームで、80代男性が亡くなったことが発表された。また、2日には埼玉県川口市の老人ホームでスタッフ3名と入所者18名のクラスターが起きたことが明らかに。

感染が死に直結する可能性が高い利用者や入所者を守るために、職員は不自由な生活に耐えてきた。大阪府の介護老人保健施設が加盟する大阪介護老人保健施設協会の木場康文事務局長はこう憤る。

「飲み会どころか、必要なとき以外は一切外出しないとか、買い物すら回数を減らしてとか、職員たちは一年近く気を付けてきました。現場の職員は行政からの“お達し”よりもずっと自粛した生活を送ってきたんですよ。今回のことを聞いて、本当に残念で残念で。裏切られた気分です」

老健局は介護事業者向けに「介護現場における感染対策の手引き」というマニュアルを発行している。そこには、介護の現場で働く職員に対するこんな“お達し”が。

〈(6)仕事が終わったら
・3密を避けて楽しむ
・アルコールが入った場合には特に気をつける〉

これを作った当事者たちが、マスクなしで密集して酒宴を楽しんでいたのだから、呆れるほかない。西日本の地方都市で老人ホームなどを経営する社会福祉法人の理事長はこう語る。

「結局、現場には我慢しろとか対策しろとかいうだけで、感染対策はほとんど丸投げ。いざとなっても入院先が見つからず、施設内での隔離を求められることも多い。宴会していた職員たちには現場の窮状をぜひ見に来てほしいですね。飲み会をする時間があるなら、できるはずじゃないですか」

「女性自身」2021年4月20日号 掲載

あわせて読みたい

「厚生労働省」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  2. 2

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  3. 3

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  4. 4

    電通が「数百万円程度」で作成 批判受け削除の復興庁トリチウムキャラクター【東京電力福島第1原発事故】

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:47

  5. 5

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  6. 6

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  7. 7

    ALPS処理水の海洋放出について

    城内実

    04月15日 17:02

  8. 8

    賃金水準がG7最下位に転落した日本 最大の理由は官僚や大企業経営者の「保身」

    マガジン9

    04月15日 17:24

  9. 9

    「都心に残るか、地方移住するか」堀江貴文がコロナ禍に辿り着いた最終結論

    PRESIDENT Online

    04月15日 15:25

  10. 10

    ブルーライトカット眼鏡への意見書を出した学会に聞く「結局使うべきではないのか」

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。