記事
  • ロイター

米貿易赤字、2月は過去最大 高止まり継続も


[ワシントン 7日 ロイター] - 米商務省が7日に発表した2月の貿易収支は、景気が他国より早く持ち直す中、赤字額が前月比4.8%増の711億ドルと過去最大に達した。大規模な景気刺激策により米経済は約40年ぶりの大幅な成長を遂げる見込みで、今年は赤字が高止まりする可能性がある。市場予想は705億ドルの赤字だった。

ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、ライアン・スウィート氏は「財政刺激策に加え、年後半に議会を通過する可能性のあるインフラ投資法案を受け、経済が強まることから、今年と来年は大規模な赤字の継続が見込まれる」と述べた。

輸入は0.7%減の2583億ドルだった。モノの輸入は0.9%減の2191億ドル。輸入の減少は、国内需要の弱含みではなく、供給網の混乱が要因とみられる。資本財の輸入は過去最高だった。産業用資材と原料は2018年10月以来の高水準だった。

石油の収支は19年12月以来の赤字に転じた。原油高が要因とみられる。

輸出は2.6%減の1873億ドルだった。モノの輸出は3.5%減の1311億ドル。季節外れの寒気が多くの地域を覆ったことが要因とみられる。

インフレ調整後の実質的なモノの貿易赤字は991億ドルと、過去最高水準を付けた。1月は961億ドルだった。昨年10─12月期の平均を大幅に上回っており、貿易が第1・四半期の国内総生産(GDP)の押し下げ要因となる可能性を示した。貿易は過去2四半期、GDPを押し下げた。ただ第1・四半期のGDP予想には影響しないもようだ。第1・四半期GDPは現時点で年率最大10%伸びる見通し。昨年第4・四半期は4.3%増だった。

エコノミストはGDPの伸びが今年、7%を超える可能性があるとみている。実現した場合、1984年以来の大幅な伸びとなる。20年は3.5%減と、74年ぶりの大幅な落ち込みだった。国際通貨基金(IMF)は米経済がけん引する形で世界経済が今年6%拡大すると試算。米経済の伸び率は6.4%と予想している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池都知事は若者からかけがえのない時を奪うのを止めろ

    青山まさゆき

    04月12日 22:14

  2. 2

    学者も生産者も軒並み反対 「海洋放出以外の選択肢ある」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月13日 08:45

  3. 3

    海洋放出も地層処分も強行するな

    畠山和也

    04月13日 08:42

  4. 4

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  5. 5

    千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

    NEWSポストセブン

    04月13日 09:29

  6. 6

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  7. 7

    なぜ市町村に、具体的なワクチン配布の日程を伝えられないのか

    大串博志

    04月13日 08:50

  8. 8

    支持率が下げ止まるも、参院選広島補選は劣勢。評価が難しい菅政権の浮沈具合【ほぼ雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月13日 09:14

  9. 9

    居住実態なく当選無効 スーパークレイジー君市議「徹底抗戦」

    ABEMA TIMES

    04月12日 20:58

  10. 10

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。