記事
  • ロイター

米FRB、刺激策解除はまだ早い─ダラス連銀総裁=報道

[7日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のインタビューで、米連邦準備理事会(FRB)はまだ景気刺激策を解除すべきではないとの見解を示した。

新型コロナウイルス危機が収束し、景気が一段と改善した時点で刺激策を縮小するのは、回復軌道を維持するのに役立つと指摘した。

カプラン氏は「危機の最中にある時は持っている手段を積極的に使うべきであり、現在の(FRBの)資産買い入れや政策スタンス全般に賛成だ」と述べた。

「将来について楽観的になれる理由がある」としながらも「まだ困難から脱していないという見解であることも強調しておきたい」と語った。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  2. 2

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  3. 3

    日米首脳会談 バイデン大統領と菅首相は実は中国問題で決裂か

    NEWSポストセブン

    04月18日 08:55

  4. 4

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  5. 5

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  6. 6

    アベノマスク評価 広報面でみれば大成功

    中村ゆきつぐ

    04月18日 10:06

  7. 7

    日米首脳会談 新時代に向けて日米同盟深化による世界的な共同事業とは

    赤池 まさあき

    04月18日 08:10

  8. 8

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

  9. 9

    霞ヶ関は人気のない職場……で良いのか

    大串博志

    04月17日 08:09

  10. 10

    新疆ウイグル人権問題 関与が疑われる「日本企業14社」の苦慮

    NEWSポストセブン

    04月17日 16:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。