記事
  • ロイター

インタビュー:ECB、気候変動に積極関与なら責務超えも=ベルギー中銀総裁

(見出しのタグを修正して再送します。)

[フランクフルト 6日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのウンシュ・ベルギー中銀総裁は6日、ロイターのインタビューで、ECBが気候変動対策で主要な役割を果たすことはECBの責務と能力を超える可能性があるという考えを示した。

ECBは、公害をもたらす企業を罰し、地球に優しい企業に報いるために資産購入や資金へのアクセスを調整することなど、気候変動対策への役割を再検討している。

こうした行為を正当化する主な理由として、市場が気候変動リスクを正確に織り込んでいないことがある。ただ、ウンシュ氏はこうした主張の正当性に疑問を呈し、「立証責任はわれわれにある。市場が気候に関連する一部のリスクを考慮していないことを証明しなければならない」と指摘した。また、既存のリスク評価には欠陥があり、改善する必要があるものの、体系的で持続的なバイアスを示す証拠はないと述べた。

さらに、市場価格に影響を与えようとするとバブルをあおることになり、ECBの従来の政治的範囲を超えるとし、「短期的には、市場が気候変動リスクを織り込んでいないことよりも、グリーン資産のバブルの方が大きな不安要因になるとみている」と語った。

批評家からは、ECBが欧州連合(EU)の経済目標を支援するという第2の使命があるため、物価安定の目標に反することにならない限り、気候変動対策もECBの責務の範囲内だとする声も出ている。

これに対し、ウンシュ氏は第2の使命はあまりにも広範にわたるため、ECBが政治的役割を担うことになりかねないと指摘。「われわれは選挙で選ばれた当局者ではないため、こうした政治的判断をしづらい」とし、市場のリスク評価を覆したり、市場価格に影響を与えようしたりすることに「非常に慎重になるべきだ」と述べた。

また「われわれが適切な手段を備えているとは考えにくく、気候変動に対する最も効果的な手段は炭素税や、排出量取引制度(ETS)、規制、研究開発支援であり、こうした手段は当局が握っている」と話した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  2. 2

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  3. 3

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  4. 4

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  5. 5

    ALPS処理水の海洋放出について

    城内実

    04月15日 17:02

  6. 6

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  7. 7

    「都心に残るか、地方移住するか」堀江貴文がコロナ禍に辿り着いた最終結論

    PRESIDENT Online

    04月15日 15:25

  8. 8

    賃金水準がG7最下位に転落した日本 最大の理由は官僚や大企業経営者の「保身」

    マガジン9

    04月15日 17:24

  9. 9

    ミャンマーの試練 国連管理も難しく長引く様相

    ヒロ

    04月16日 11:52

  10. 10

    確定申告を終えたフリーランスのあなたへ 仕事の通信簿を分析する

    常見陽平

    04月16日 09:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。