記事
  • ロイター

IMF、今年の世界成長予想6%に再度引き上げ 米が回復先行


[6日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は6日発表した世界経済見通しで、今年の世界の成長率予想を6%に再度上方修正した。新型コロナウイルスのパンデミックに米国などが過去に例のない大規模な対策を打ち出したことが寄与し、1976年以降で最も高い成長を見込む。

今年1月時点の前回予想は5.5%だった。予想の引き上げは主に米国の見通しが急回復したためで、米国の今年の成長率は6.4%と1980年代初め以降で最も高い伸びを予想した。1月時点の5.1%から1.3%ポイントの引き上げ、昨年10月時点の予想の2倍となる。

昨年はコロナ禍が経済に大打撃を与えた。IMFは2020年の成長率をマイナス3.3%とし、1月に示した予想のマイナス3.5%から若干上方修正した。

今回の見通しでは、1兆9000億ドル規模の追加経済対策が成立した米国と、それ以外の国とで見通しの違いが鮮明になった。

先進国の今年の成長率予想は4.3%から5.1%に引き上げられた。これに貢献したのは主に米国で、ドイツ、フランス、日本などの予想は1月時点からわずかな改善にとどまる。

新興国の今年の成長率予想は6.7%。1月時点から上方修正されたが、引き上げ幅は0.4%ポイントで先進国を下回った。

IMFのギタ・ゴピナート主任エコノミストは「新型コロナのパンデミック(世界的大流行)を巡る先行きにはかなりの不透明性が存在するが、公衆衛生に伴う経済的危機から脱する道のりは明確となりつつある」と述べた。

同時に、新型コロナの終息には程遠いとし、「ワクチン接種の進捗や経済政策の規模、観光業依存といった構造的要因の影響で、地域や所得規模によって回復にばらつきがある」とした。

IMFは中国の成長率予想を8.4%と予想し、前回から0.3%ポイント上方修正した。ゴピナート氏は引き上げについて、主に米国の刺激策を背景とした中国輸出に対する外需の拡大を反映していると指摘。同時に、中国国内の消費支出は依然停滞しており、成長は主に公共投資が主導しているとの認識を示した。

IMFは、見通しには高度な不確実性があると強調。パンデミック対応の成功をはじめ、いくつかの要因のどれか一つでも回復をとん挫させる可能性があると指摘した。

*情報を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  2. 2

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  3. 3

    ガザ地区の友人から届いたメール「地獄と同じ。なす術も行くあてもない」

    田中龍作

    05月15日 09:35

  4. 4

    新型コロナワクチン接種進むハワイ、米本土観光客は例年並みに

    WEDGE Infinity

    05月15日 11:54

  5. 5

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  6. 6

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

  7. 7

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  8. 8

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  9. 9

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  10. 10

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。