記事
  • ロイター
  • 2021年04月06日 17:50 (配信日時 04月06日 17:48)

米財務長官言及の法人税最低税率、日本として重要=官房長官


[東京 6日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は6日午後の会見で、イエレン米財務長官が国際的な法人税の最低税率導入の必要性に言及したことに対し、日本政府としても重要と捉えているとの見解を示した。

加藤財務長官は、イエレン長官の発言に関連し、タックスヘイブンなど軽課税国への利益移転を防ぐため、各国が法人税率の引き下げ競争に走っている点を指摘。一昨年から経済協力開発機構(OECD)、20カ国・地域(G20)で経済のデジタル化に対応した課税制度の見直しの観点から議論されていると説明した。

その上で「企業間の公平な競争条件確保の観点から、日本(政府)としても重要と捉えている」と述べた。

また、この問題では国際的な合意形成を今年半ばまでに達成する目標があり「日本としても、議論に積極的に貢献したい」と語った。

イエレン長官は5日、過去30年にわたる法人税率引き下げ競争に終止符を打つために、G20に対し法人税に世界的な「最低税率」を設定することで合意するよう働きかけていると述べていた。

米国や英国などでは、コロナ対策の財源として法人税率の引き上げが検討課題に挙がっているが、日本はどういう立場かとの質問に加藤官房長官は、コロナ対策への対応で財政は厳しさを増していると説明した。その一方で「まずはコロナ対策に万全を尽くし、傷んだ経済を元に戻す」と強調。「経済あっての財政である」とも述べ、早期の増税検討に消極的な姿勢を示した。

一方、16日の日米首脳会談で、サプライチェーン(供給網)強化で日米間の連携が強化されることになるのかとの質問には、新型コロナウイルスの感染拡大に伴ってサプライチェーンの脆弱さがより鮮明になったと指摘。米国でも大統領令で、半導体や電池、重要鉱物、医薬品などで同盟国や友好国との連携にも言及しているとし「サプライチェーンの強靭化に向け、米国と連携していく」と語った。

ただ、日米首脳会談における議論のテーマについては、何も決まっていないと述べるにとどめた。サキ米大統領報道官は5日の会見で、日米首脳会談ではサプライチェーンを含む幅広い分野で連携を深めることを目指しているとの見解を示していた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  3. 3

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  4. 4

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  5. 5

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  6. 6

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  7. 7

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  8. 8

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  9. 9

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  10. 10

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。