記事

菅首相との会談では「愚息の愚行」で盛り上がる? バイデン次男が衝撃の「薬物・不倫」告白本

いつまでも父親の足を引っ張り続けるハンター氏(EPA=時事)

 菅義偉・首相とバイデン大統領は、案外気が合うかもしれない。日米首脳会談を10日後に控えた4月6日、ジョー・バイデン米大統領の次男、ハンター・バイデン氏(51)が自叙伝を上梓した。ハンター氏といえば、親の七光りでロシア、ウクライナ、中国を股にかけて怪しげなビジネスを続けてきたことを大統領選挙でトランプ陣営の標的にされた弁護士兼ロビイスト。不当ビジネス疑惑は、最終的には米司法当局の「証拠不十分」という判断でいったんは沈静化している。

【写真】亡き長男のボウ・バイデン氏は、勉学、軍歴、政界で英雄となった真のプリンスだった。その兄に劣等感を抱いたのか。

 そこに飛び出した告白本の新味は、ハンター氏がこれまで様々に噂されてきた私生活について赤裸々に語った点だ。ハンター氏は、学歴こそイェール法科大学院卒だが、神経膠芽腫で早世した兄のボウ氏(享年46)と比較されて苦しんできた。

 ボウ氏は名門ペンシルベニア大学を経てシラキュース法科大学院で法務博士号を取得した後、米陸軍に入隊。イラク戦争に従軍して「レジオン・オブ・メリット」(最高勲功賞)を授与された(退役時は陸軍少佐)。除隊後は弁護士事務所を開業していたが、後に政界に進出、デラウエア州司法長官を2期務めた。絵に描いたようなバイデン家のプリンスだった。

 その輝かしい兄の活躍の陰で、ハンター氏は10代から薬物に手をつける非行少年だった。現ファーストレディである継母ジルさんの必死のリハビリ支援でなんとか更生したとされる。親の七光りで公職(全米鉄道旅客協会副理事長など)にも就いたが長続きせず、それからは海外進出する米合弁企業のコンサルタントやロビイストをしてきた。

 しかし、40代になって再びコカイン常習者になり、銃器の不法購入(薬物常習者の銃購入は禁じられている)、義姉との不倫、隠し子騒動、離婚などスキャンダルのデパートのような人生に転落した。

 素行の悪さが有名だったからこそ、ドナルド・トランプ前大統領が目をつけ、政敵・バイデン氏のアキレス腱である「ハンター・マター」を徹底攻撃したのである。執念深いトランプ氏は、ホワイトハウスを去った後も、ハンター氏とモスクワ前市長夫人との金銭授受疑惑をやり玉にあげている。

 ハンター氏は、45歳の時に22年連れ添ったキャスリーン夫人と別居、翌年にボウ氏が他界するや、未亡人になった義姉ハリーさんと恋仲になり、関係は3年も続いた。2017年にキャスリーンさんと正式に離婚したが、今度は2019年に知り合った南アフリカ出身の女性映画監督のメリッサさんと恋に落ちたという艶福家である。しかもその間、義姉との関係が続いていた2018年に別の女性との間に子供をもうけ、1年間にわたる親権争い騒動まで起こしている。

 そうしたプライベートの荒廃ぶりを告白本では堂々と書いているから驚きだ。

<夜、寝ようとしても眠れない。昼夜の区別がつかない。私には時計がなくなった。コカインがないと生きられなくなった。ひどい時には15分ごとに吸った>
<家族は何とか更生させようとしたが、ダメだった。メリッサが現れ、手を差し延べてくれるまですべてダメだった。一目ぼれだった。会って一週間後には結婚していた。彼女は兄貴と同じような目をしていた>

 なぜ父親が就任直後からコロナ対応やヘイトクライムで四苦八苦しているタイミングでこんな本を出すのか理解に苦しむが、タイトルが『ビューティフル・シングス』(美しきものたち)とされているから、不幸と悲劇を乗り越えてきたバイデン家の美しき家族愛を書きたかったのかもしれない。成功しているようには見えないが。

 若かりし日のハンター氏を知る知人はこうコメントしている。

「頭は良かったが、ボウ氏には強い劣等感を抱いていた。何をやっても兄には負けると思い込んでいた。小さい頃から煙草を吸ったり、ウィスキーをあおったりしたのも兄に対する反抗心だったのだろう。ボウ氏が死んだ後に義姉と男女の関係になったのも、兄に対する劣等感の裏返しだったのではないか」

「四十にして惑わず」は、ハンター氏には当てはまらなかった。「五十にして天命を知った」はずのハンター氏は、バイデン家の「ブラック・シープ」(面汚し)になり果てて、どんな天命を果たそうとしているのか。共和党の面々は、競うように本書を隅から隅まで読み、バイデン大統領への攻撃材料を探している。

 菅首相も、あまり素行の良くないと噂の息子を七光りで公職に就け、後にビジネス界に転じて父親の足を引っ張る不祥事を起こされた。4月16日の首脳会談では、二人は胸襟を開いて愚息の愚痴で盛り上がるのだろうか。

■高濱賛(在米ジャーナリスト)

あわせて読みたい

「ジョー・バイデン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  4. 4

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  5. 5

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  6. 6

    ワクチン接種は1日67万人ペースでないと年内に終わらない

    諌山裕

    05月06日 13:46

  7. 7

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  8. 8

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  9. 9

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  10. 10

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。