記事
  • ロイター
  • 2021年04月06日 13:25 (配信日時 04月06日 12:09)

フィリピンCPI、3月は4.5%に伸び鈍化 中銀目標は上回る

[マニラ 6日 ロイター] - フィリピン統計局が6日発表した3月の消費者物価指数(CPI)は前年比4.5%上昇と、2月の4.7%上昇から6カ月ぶりに伸びが鈍化した。一部の食料品の価格上昇が鈍った。ただ、中央銀行の今年の目標である2─4%を引き続き上回った。

2月は2年2カ月ぶりの大幅な伸びを記録していたが、3月はCPIに占める比重が大きい食料品やソフトドリンクの価格上昇が鈍化した。この結果、CPIの上昇率はロイターがまとめた市場予想(4.8%)を下回り、中銀の3月の予測レンジ(4.2─5.0%)内に収まった。

変動の激しい食品と燃料を除いたコアインフレ率は3.5%と前月から横ばい。

食料品では野菜と魚類の価格上昇ペースが落ちたが、注目度の高い肉製品価格は引き続き上昇が加速した。

中銀のジョクノ総裁は同日、現行の金融政策はなお適切との認識を示した上で、中銀はインフレ圧力を注視すると同時に「直ちに措置」を講じる用意があると表明した。

さらに、「国内の肉製品の供給引き締まりと世界的な経済活動の改善はインフレにさらなる上昇圧力をもたらす可能性がある」と指摘した。

INGのシニアエコノミスト、ニコラス・マパ氏は「中銀は賃上げなどの副次的な影響が顕在化するか、インフレ期待が揺らぐ場合にのみ、金融政策の再調整を検討するだろう」と予想した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  5. 5

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  6. 6

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  7. 7

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  8. 8

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  9. 9

    「スポーツ界の取り組みも理解して」の誤魔化し

    諌山裕

    06月16日 14:24

  10. 10

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。