記事

ふきこぼれ注意!アサヒ「生ジョッキ缶」は想像以上のシルキー泡が楽しめる

比べてみた
比べてみた

「缶ビールって泡が物足りないんだよなあ」と思っている人に朗報だ。アサヒビールは"泡が出るジョッキ缶"こと「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を4月6日、コンビニで発売した。スーパーなどでは20日からの発売だ。

日本酒のカップ酒のように、グラスに入れたような感覚で飲めるのが特徴。価格は198円(税込)で、通常商品と変わらない。一体どれほど違うのか。キャリコネニュースも飲んでみた。

泡の持ちも良好 マイスターのいる店で出てくるビールみたい

開け口がまったく違う
開け口がまったく違う

コンビニでは同商品を推すポップが飾ってあり、ビール陳列棚一列分すべてジョッキ缶だった。通常商品と比べると、やはり大きく異なるのが飲み口だ。プルタブはあるものの、缶詰のように上面が円形に開く仕様となっている。

温度が低いと泡は少なく、高いと多めになるという。飲み頃は4~8℃で、12℃を超えると「ふきこぼれ注意」のようだ。でも、せっかくなので泡立ちを楽しみたい。公式サイト記載の泡立ち向上術である「数秒温水にさらしてから開栓」をやってみた。

ふきこぼれた……!
ふきこぼれた……!

すると、開けた瞬間は泡立たたないものの、一瞬のうちに泡がふきあがり、こぼれてしまった。少しさらしすぎてしまったのかもしれない。いつもの缶だったら舌打ちをしたくなるが、ここまで景気よくふきこぼれると嬉しい気持ちになる。

泡立ちが違う
泡立ちが違う

通常商品をグラスに注いだものと比べると、ジョッキ缶のほうが泡立ちは細かい。マイスターのいるお店で出される泡のようだ。また、泡の持ちもジョッキ缶のほうがよかった。ここまで泡が違うとは……!という感動も味わえた。

泡の持ちも良い
泡の持ちも良い

成分表示には変わりがなく、味わいも変わらない。ただ、内容量はジョッキ缶のほうが10ml少ない。泡を吹きこぼしてしまったので実際に飲める量はそれより少ないが、めちゃくちゃテンションが上がるので問題はない。

おうち時間が増え、アルコール消費量が増えた人も少なくはない。筆者もその一人だ。しかし、やはりおうち飲みはおうち飲みでしかなく、外でビールが飲みたいなと思う時もあった。ジョッキ缶だとその問題点が解消される。今後も、どうせ飲むなら泡が楽しめるほうを、とジョッキ缶を買いそうだ。

あわせて読みたい

「アサヒビール」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日米共同声明に「台湾」が明記。日本は安全保障・環境問題で「メインプレイヤー」になる時だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月19日 08:14

  2. 2

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  3. 3

    「俺はそういう人間だ」オンライン生活についていけないミドル男性は罪なのか

    土屋礼央

    04月19日 09:24

  4. 4

    外出自粛の要請に従わない世の中 同調圧力で機能してきた日本のコロナ対策は限界

    緒方 林太郎

    04月19日 11:32

  5. 5

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  6. 6

    ワクチンに関する政府の発信の不安定さ

    大串博志

    04月19日 08:29

  7. 7

    中国が反発したくなるほどインパクトがあったのだから、日米共同声明はよかったということだろう

    早川忠孝

    04月18日 17:03

  8. 8

    会社を私物化する経営者「家族との高級レストランを交際接待費で落とす」

    キャリコネニュース

    04月18日 14:05

  9. 9

    日産元会長逮捕劇の端緒は常勤監査役の覚悟にあった-日産クーデターの真相より

    山口利昭

    04月19日 08:51

  10. 10

    まん延防止で休業している飲食店経営者は、今どこで何をしているのか?

    内藤忍

    04月19日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。