記事

「ブラック校則」の「合理的理由」をしつこく問い詰める

1/3

 福岡市の中学校の人権侵害の校則、いわゆる「ブラック校則」が話題になっている。

news.livedoor.com

「学校まかせ」では人権侵害がいつまでも解決しない

 ぼくは市内の中学校に娘を通わせる一人の親として強い関心を持ってきた。

 ぼくがずっと感じている不満は、「校則は学校ごとの問題。学校ごとに決めればいい」という扱いをされることだ。結果的にいつまでたっても問題が解決しないのである。

 学校という単位になると、一人の保護者が言えることは実に限られている。担任や校長に話したこともある。それで変わるかどうかはわからない。というか、悪意にとらえれば、「3年間、のらりくらりとかわしていれば、このモンペは子どもが卒業してしまうのでおさらばだ」と思われているのだろう。

PTAを通じた改革の可能性と難しさ

 PTAはどうか。福岡市でもPTAを通じて改革したケースはある。

news.yahoo.co.jp

 これは貴重な経験には違いない。

 しかし他方で、「会長」や「役員」でなく、「いち会員」としてこれを取り上げるのは至難だ、というのがぼくの実感である。

 小学校のPTA総会でぼくは「いち会員」として「任意であることを規約に明記してほしい」発言し、提案したが、否決された。総会に出す前にも、役員会のようなところで意見を述べたりもしたが、取り合ってもらえなかった。

 本当は親同士のつながりで総会に乗り込んで意見を言うのがいいのかもしれない。ぼくはほとんど今つながりがない。いや、全くないわけではないが、総会で意見を言うところまで「勇気」を持てる人はぼく以外にいない(同じ中学校の中では、頑張ってもあと一人くらいだ)。そうなると総会で一人で意見を言わねばならないが、総会の現数出席の大半は教員である。要するにあてにならないのである。3年というリミットの中では望みは薄いと思っている(しかも昨年はコロナで一堂に会する総会がなかった)。

 つまり「学校ごとに決めろ」という口上――それは戦後教育制度の中で学校が中央統制ではなく教育をする主体としての地位を保ってきた良い側面なのだが、他のあらゆる問題は中央政府の意向を忖度しまくって教育委員会の号令で各学校を従わせるくせに、都合の悪いことは「学校ごとに」と言って逃げてしまうのである。

 しかし、問題は「人権侵害」が校則によって起きているということだから、問題の性格上、それは教育行政によって直ちに是正されるべきもののはずだ。例えて言えば、「いじめ」が起きているときに「まずは学校で話し合って」という悠長なことはしないはずであろう。

 だとすれば教育行政として、つまり教育委員会がイニシアチブをとって、具体的に人権侵害である校則をなくすようにしてほしいと思っている。

抽象的な権利規定の弱点

 しかし、ここで注意しなければならないことがある。

 例えば「子どもの人権条例」のようなものを制定した場合果たして効果があるのだろうか。

 ぼくは、それすらも困難だと思っている。

 それは、教育委員会や学校は、「子どもの人権」と「校則(教育的指導の名)による人権侵害」を全く分けてしまっているのだ。すでに「憲法」や「子どもの権利条約」には「表現の自由」が明記されている。

 それと同じようなものを市の条例で作ってみても、教育委員会や学校は「教育的指導」としてそれをすり抜けてしまうのである。

 憲法・条約上の人権を、「教育目的」の名で勝手に抽象化して、規制してしまうのだ。

 このやり方を打ち砕くには、具体的でロジカルなやりとりが必要になる。

 それを密室の交渉の場ではなく、責任ある場所で行うこと――それはまさに議会もしくは教育委員会会議以外にない!

 そこまでしなければ校則はこじ開けられない。少なくとも福岡市では。

 このことに着目した、今年3月23日の、福岡市議会における条例予算特別委員会総会の場での、山口湧人議員(共産党)の質問は、大変鋭かった。普通なら抽象的な答弁によってすり抜けてしまう教育長を、なんどもなんども具体的に問い詰めて「雪隠詰め」にしていったからである。

 「ツーブロック」の合理的理由を問いただした池川友一都議の質問は有名だが、この山口市ぎの質問もブラック校則の「合理的理由」をしつこく議会で問い詰める、稀有な取り組みだ。

 もちろん教育長は「ごめんなさい」とは言わなかった。しかし、やりとりによってその不当性が十分に浮かび上がったとぼくは思った。(以下の引用は、ぼくが動画から起こしたものであり、正式な議事録によるものではない。29分ごろから校則問題が始まる)

smart.discussvision.net

説明がちゃんとできるような合理的理由なくして表現の自由は規制できない

山口湧人「今年2月、福岡県弁護士会が、(福岡市内の市立)中学校69校の校則や生活の決まりなどの調査を行い、合理的理由が説明できない校則や生徒指導の実態が明らかになったとして、そのような校則や生徒指導の廃止、もしくは見直しを求める意見書を提出した。私自身も、69校の校則を調査し、見直しを求める当事者の話を聞いてきた。憲法21条、子どもの権利条約13条1項には何と書いてあるか」

教育長「憲法21条には『集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。』及び『検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。』、子どもの権利条約13条1項には『児童は、表現の自由についての権利を有する。この権利には、口頭、手書き若しくは印刷、芸術の形態又は自ら選択する他の方法により、国境とのかかわりなく、あらゆる種類の情報及び考えを求め、受け及び伝える自由を含む』と示されている」

山口湧人「表現の自由を制限するには、合理的理由が明確でなければならない。校則や生徒指導が真に必要かつ重要な教育上の目的、社会通念上、合理的理由が認められるのか、質していく」

 まず、憲法そして条約の上で「表現の自由」が子どもを含む日本国民に保障されていることが明記されている。*1

 ここは前提としてとても大事なところで、本来「表現の自由」は規制できないのである。

 規制するには、よほど明確な合理的理由が必要になる。つまりきちんと必要性を説明できなければならないのだ。

 これは例えば制服のような規制だってそうである。

 ぼくらはついつい「めちゃくちゃな校則」だけを問題にしがちであるが、制服でさえ、その必要性をまともに子どもに説明できないのであれば、規制ルールとして存在することはできないものなのだ。

二転三転する教育長の答弁

 まず、スカート丈は「膝の上にするのはダメ」、要するにミニスカートにするな(というほどミニではない)という規制である。このやり取りを見てみる。

山口湧人「ほとんどの中学校がスカート丈の長さを『膝の上にならない程度に調整』『うつむかず背筋を伸ばして立った状態で膝が見えない』などと規定している。スカート丈の長さを規制する教育上の目的はどこにあるか」

教育長「スカート丈の長さの規制は登下校を含めて生徒が健全で安全な学校生活を営み、よりよく成長するための行動の指針として定めており、社会通念上、極端でない長さの規定は必要かつ合理的な範囲と考えている」

山口湧人「その基準は誰が決めたのか、客観的基準を明確に答弁せよ」

教育長「各学校で決められている」

山口湧人「学校で決めるというけど、教育委員会の『新標準服採用における校則に関するガイドライン』では参考例でスカート丈の長さについて『直立姿勢で、膝が隠れる程度の長さにすること』として示している。教育委員会が合理的な理由、教育上の目的について指針を持っていると思うが、重ねて答弁を求める」

教育長「教育委員会から指針を出しているが決定するのは各学校だ」

山口湧人「『健全で安全な学校生活を営み、よりよく成長するため』にはスカート丈が膝の下にないといけないというなら、その客観的基準を答弁せよ」

教育長「規定については生徒が規範意識を持って健全な学校生活を営むことを目的としている。その内容は生徒の実情、保護者の考え方、地域の実情、社会の常識、時代の進展などを踏まえたものだ」

山口湧人「そういうことは生徒自身が判断すればいいだけだ。客観的基準は存在しないということだ。スカート丈の規制は意味がない」

  教育長の答弁が二転三転している。

 最初は「学校が決めている」と言い逃れしようとしているのがわかるだろう。

 しかし、山口議員は、教育委員会自身がガイドラインで「膝が隠れる長さ」というヘンテコなルールを学校に示しているという反証を突きつける。学校を誘導しているのは教育委員会ではないかと。

 これを受けて教育長は「指針を出しているが決定するのは各学校だ」という支離滅裂な答弁をする。「指針の根拠」を尋ねられているのに、「決定の所在」に話をすり替えているのである。

 最初の「学校が決めている」という答弁は不当だったことがわかる。

 山口議員がさらに「『健全で安全な学校生活を営み、よりよく成長するため』にはスカート丈が膝の下にないといけないというなら、その客観的基準を答弁せよ」と畳み掛ける。

 教育長は「生徒の実情、保護者の考え方、地域の実情、社会の常識、時代の進展など」という、あまりにも幅が広く、どうとでも解釈できる「基準」しか言えない。

 「生徒の実情」で膝下? 膝の上だと生徒にどんな困ったことが起きるのか?

 「保護者の考え方」で膝下? アンケートでも取ったの?

 「地域の実情」で膝下? 福岡市では奇抜な習俗があるのか?

 「社会の常識」で膝下? 「膝上のスカートなんか見たことがない」という常識がどこに?

 「時代の進展」で膝下? 時代は令和になってスカート丈が伸びたの?

 つまり合理的理由を説明できないのである。

あわせて読みたい

「ブラック校則」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  2. 2

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  3. 3

    日米首脳会談 バイデン大統領と菅首相は実は中国問題で決裂か

    NEWSポストセブン

    04月18日 08:55

  4. 4

    アベノマスク評価 広報面でみれば大成功

    中村ゆきつぐ

    04月18日 10:06

  5. 5

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  6. 6

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  7. 7

    日米首脳会談 新時代に向けて日米同盟深化による世界的な共同事業とは

    赤池 まさあき

    04月18日 08:10

  8. 8

    「#二次加害を見過ごさない」私が毎日納豆を食べる理由 - アルテイシア

    幻冬舎plus

    04月18日 10:20

  9. 9

    霞ヶ関は人気のない職場……で良いのか

    大串博志

    04月17日 08:09

  10. 10

    新疆ウイグル人権問題 関与が疑われる「日本企業14社」の苦慮

    NEWSポストセブン

    04月17日 16:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。