記事

商業捕鯨再開3年目

日本が商業捕鯨を復活してから3年目となりました。

科学的な調査結果に基づいて調査捕鯨をしてきた日本に対し、反捕鯨国は激しく批判してきました。

関係者の努力の結果、IWC(国際捕鯨委員会)を脱退、日本の領海と排他的経済水域(EEZ)での捕鯨再開が実現しました。

日本国内でも「外国とケンカしてまで鯨なんか食べなくてもいいじゃないか」と言う人もいます。

残念ながら「自分の生き方を他人に決められたくない」と仰るリベラルな方の中にも少なからずそういう意見があります。

これは「鯨は食べるべきではない」という外国の価値観が日本に押しつけられ、日本が捕鯨しづらい(できない)、日本の食卓に鯨肉が並びづらい状況が長年つくられ、日本人でも鯨を食べたことがない人が増えた結果なのです。

反捕鯨国オーストラリアの大臣に日本の農水相が「私たちはカンガルーを食べないが、豪州の人たちがカンガルーを食べるのをやめろとは言わない。我々が鯨を食べることにとやかく言われる筋合いはない。鯨を食べてくれとは言っていない」と伝えたこともあります。

日本のおいしい鯨料理をたくさんの人に食べてもらえる環境にするためには、値段を下げていく、つまりもっとたくさんの量を獲れるようにしていかなければいけません(捕獲量を増やしても生態系に影響が出ないという科学的根拠は揃っています)。

https://this.kiji.is/750871568264511488?c=39546741839462401

あわせて読みたい

「捕鯨」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自粛はもう限界 公園飲みにも一分の理

    田中龍作

    05月13日 08:22

  2. 2

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  3. 3

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  4. 4

    ワクチン2回接種で変異株は抑えられる?横浜市立大学の研究結果に医師「安心」

    中村ゆきつぐ

    05月13日 08:47

  5. 5

    顔出し引退宣言は実験の1つ、オリラジ中田敦彦の「前言撤回力」

    放送作家の徹夜は2日まで

    05月13日 08:03

  6. 6

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  7. 7

    新車供給追いつかず中古自動車の需要が急伸 アメリカ自動車業界の「ないものねだり」

    ヒロ

    05月13日 10:52

  8. 8

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  9. 9

    後手に回る水際対策。オリパラに配慮?精神論と楽観論と悲観論が入り交じる意思決定

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月13日 09:05

  10. 10

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。