記事

森田健作・前千葉県知事 古巣の芸能事務所復帰で現場は戸惑い?

芸能活動開の予定?(写真は森田健作氏/時事通信フォト)

 4月4日に任期満了で千葉県知事を退任した森田健作氏(71)の意外な“天下り先”が判明した。大手芸能事務所・サンミュージックの「最高顧問」に就任するというのだ。同社広報室によれば、「森田知事は弊社の第1号タレント。色々な面でアドバイスをもらうために要請した」とのこと。

 森田氏は1968年に同社所属で芸能活動をスタート。1971年の『おれは男だ!』(日本テレビ系)など青春ドラマで一躍人気者となった経緯がある。

「森田さんは2013年に亡くなった相澤秀禎・前会長から家族のようにかわいがられていて、若い頃は相澤家に下宿していた。現社長の(相澤)正久氏も兄弟のような付き合い。“森田さんの老後の面倒はウチで見る”ということのようです。

 社内には今も相澤前会長の部屋がそのままの形で残されており、どうやらそこが『最高顧問室』になると聞いている」(サンミュージック関係者)

 森田氏はアドバイザーとしてだけでなく、自身の芸能活動も再開する予定だという。しかし、若手のスタッフたちからは戸惑いの声も聞かれる。

「森田さんご本人は“何でもやるよ!”とやる気満々だそうです。元政治家ですから情報番組やワイドショーにコメンテーターとして出演してもらえれば、という声もある。

 ですが、知事時代の会見を見る限り、橋下徹・元大阪府知事や東国原英夫・元宮崎県知事のように弁が立つとは思えない。2019年の房総半島台風のときに自宅を視察に行ったことも批判を浴びたし、コロナ対策についてコメントしようにも“それなら在任中にもっとしっかりやれよ!”と突っ込まれそうで……。どうテレビ局に売り込むか、現場は苦労しそうです」(別のサンミュージック関係者)

“青春の巨匠”はテレビ界の人気者となれるか。

※週刊ポスト2021年4月16・23日号

あわせて読みたい

「森田健作」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日米共同声明に「台湾」が明記。日本は安全保障・環境問題で「メインプレイヤー」になる時だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月19日 08:14

  2. 2

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  3. 3

    「俺はそういう人間だ」オンライン生活についていけないミドル男性は罪なのか

    土屋礼央

    04月19日 09:24

  4. 4

    外出自粛の要請に従わない世の中 同調圧力で機能してきた日本のコロナ対策は限界

    緒方 林太郎

    04月19日 11:32

  5. 5

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  6. 6

    ワクチンに関する政府の発信の不安定さ

    大串博志

    04月19日 08:29

  7. 7

    中国が反発したくなるほどインパクトがあったのだから、日米共同声明はよかったということだろう

    早川忠孝

    04月18日 17:03

  8. 8

    会社を私物化する経営者「家族との高級レストランを交際接待費で落とす」

    キャリコネニュース

    04月18日 14:05

  9. 9

    日産元会長逮捕劇の端緒は常勤監査役の覚悟にあった-日産クーデターの真相より

    山口利昭

    04月19日 08:51

  10. 10

    まん延防止で休業している飲食店経営者は、今どこで何をしているのか?

    内藤忍

    04月19日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。