記事

「コロナ差別」の悲劇 検査で陰性なのに「早く出ていけ」と張り紙

1/2
コロナは人々の断絶を生んでいる(イメージ写真/AFLO)

「あなたがウイルスを持ちこんだ!」、「近寄らないで!」……。新型コロナウイルス感染や死の恐怖から、いままで仲がよかったお隣さんが豹変する──。そんなことが起きているというのだ。

 特に、都会と比べて人とのつきあいが密接な地方では、感染情報が広まるのが早いという。感染者に起きた、新型コロナウイルスの本当の恐怖は、人間関係にこそあったのだ。新潟県在住の60代主婦が心配そうな顔でつぶやく。

「3月16日まで感染者数が1桁だったので安心していたら、最近は大衆酒場や病院などでクラスターが発生し、感染者が急増して2桁になりました。それなのに県内では、飲食業を支援する『Go To イート』の食事券や県内限定の宿泊券が販売され、温泉やレストランが賑わっています。いずれ感染爆発が起こるのではと不安でなりません」

 首都圏などの緊急事態宣言は解除されたが、専門家が危険視するのは地方だ。

「地方都市の(感染者の)急増は非常に心配。病床を確保しようとしているが限界がある」

 3月24日の定例会見でそう警鐘を鳴らしたのは、日本医師会の中川俊男会長だ。実際に福島県、新潟県、滋賀県、愛媛県などでは新規感染者が第3波のピークに迫り、愛媛県の中村時広知事は3月25日、「第4波に入った」と明言した。

 第3波までは東京都など大都会が感染拡大の中心だったが、これから地方を襲うと予想される第4波で本当に懸念されるのは、感染者や重症者の増加ではなく、エスカレートする「コロナ差別」だ。

 東京都などの都市部は感染者の実数は多いが、それ以上に人口が多く、感染しても誰が誰にうつしたかが判明しづらく、感染経路がたどれない。ところが地方は人口が少ないため誰がどのように感染したかを追いやすいうえ、これまでの感染経験が少なく、感染者に厳しい目が向けられやすいという。

「しかも最近は、感染者のSNSなどが特定されて、『こいつが陽性者です』とネット上で拡散されるケースが後を絶ちません。実際に地方では、中世ヨーロッパの魔女狩りのごとく『コロナ狩り』ともいえる深刻な事態が起きています」(全国紙社会部記者)

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜ、日本は韓国よりも貧しくなったのか - 原田 泰 (名古屋商科大学ビジネススクール教授)

    WEDGE Infinity

    04月10日 08:56

  2. 2

    スーパークレイジー君の「当選無効」は大いなる陰謀か、妥当な判断か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月10日 08:20

  3. 3

    朝日新聞と厚労省へ ここまで対策すれば送別会やっていいですよという具体例

    中村ゆきつぐ

    04月10日 10:17

  4. 4

    「日本で働くから英語は要らない…」これからノーチャンスになる人の根本的勘違い

    PRESIDENT Online

    04月10日 11:43

  5. 5

    【読書感想】日本の構造 50の統計データで読む国のかたち

    fujipon

    04月10日 09:52

  6. 6

    【ウォルマート】、戦友マクドナルドと決別!コロナ禍でそれぞれの成長ベクトルが乖離?

    後藤文俊

    04月10日 09:11

  7. 7

    東京出身者が語る、東京暮らしのしんどさ「人口密度と満員電車は異常」

    キャリコネニュース

    04月10日 15:18

  8. 8

    補選与党完敗 文在寅レイムダック化

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    04月10日 11:57

  9. 9

    24枚ににじむ小室圭さんの“悔しさ”  ネガティブなイメージは払拭されるのか

    文春オンライン

    04月10日 13:56

  10. 10

    JTBの絶望的「バーチャルジャパン」計画

    木曽崇

    04月10日 17:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。