記事

全学校に武装警備員をというライフル協会に怒り殺到

米コネティカット州で小学生ら26人が射殺された事件が起こったこともあり、オバマ大統領もバイデン副大統領をリーダーとする特別チームを設置し、銃規制強化に向けた対策を来年1月中にまとめるよう指示したようです。銃を持つ負の連鎖が続いているアメリカでどこまで規制できるのでしょうか。オバマ政権が1月中に銃規制強化案、副大統領主導で検討へ | ワールド | Reuters :

記憶に残っている乱射事件といえば、1999年に起こったコロンバイン高校銃乱射事件が思い出されます。それ以前にもハロウィンで日本人留学生が訪問しようとした家と間違えて別の家を訪問したことから銃殺されてしまった事件があって銃社会の悲劇には震撼させられたのですが、2007年に起こったバージニア工科大で起きた銃乱射事件では、32人もが亡くなっています。アメリカの乱射事件は、日本起こった「酒鬼薔薇事件」と言われる神戸連続児童殺傷事件とか、秋葉原無差別殺傷事件などとも共通する病理現象をも感じますが、犠牲者の多さが違います。

コネティカット州の乱射事件が起こり、アメリカの市民も堪忍袋の緒がきれたというか、怒りが収まらないというか、銃を売りつづけるために銃規制に反対し、また政治圧力をかけつづけてきた全米ライフル協会のSNSが炎上して閉鎖に追い込まれてしまったようです。全米ライフル協会、炎上でSNSを停止 ≪ WIRED.jp :

空気が読めないというか、その全米ライフル協会がワシントン市内で記者会見を開き、全米の学校に銃で武装した警察官を配置すべきだとの提案を発表したのですが、こちらも市民の抗議を受け、逆効果となり、四面楚歌という感じでしょうか。

銃を持った犯罪者がいる、銃で学校が危なくなっている、だから、銃で守るというのが典型的な銃社会の悪循環です。銃規制の動きで、銃がさらに売れているというまるでジョークのようなことも起こっているようです。なかなかそれを断ち切れないのがアメリカです。

しかし、景気が悪い、だから公共工事だという発想も似たようなものです。なぜなら、産業の効率が落ちてきたから景気が悪くなっているのに、そこにまた効率が悪く不良資産化する公共工事で目先の雇用やGDPを取り繕うという悪循環を日本は繰り返してきたのですが、やはりその矛盾からなかなか抜けだせません。

銃規制は国によって異なりますが、アメリカのようにショッピングセンターで銃が売られているのに出くわすと、その緩さ加減に驚かされます。とくに日本は、目的は違うとしても豊臣秀吉が徹底した刀狩りをやって以降、銃も刀も許可なしにはもてない伝統が根付いているので、アメリカの銃文化にはどうしても違和感を持ってしまいます。

さて、オバマ大統領は、銃社会の悪循環を断ち切ることができるでしょうか。日本は必要性の高い公共工事はさておき、将来のツケとして残っていくような無駄な公共工事を止めることができるのでしょうか。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  3. 3

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  4. 4

    わかりやすさ求めるメディアの罪

    村上 隆則

  5. 5

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  6. 6

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    強TO!急ZO! 日経の韻が巧MYO!!

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。