記事

コロナ患者の広域調整 保健所がやってくれるだけまし 血液内科では20年前から変わっていない

産経新聞ニュースです。(Yahooに掲載されていました。)



大切なことなのでしっかり言いますけど、この「広域調整」という言葉があるということは、このコロナの患者さんのように地元で対応できないで後送するという状況はコロナ以前から存在するということです。

実際バカな私が選挙に出た一番大切なこと、血液内科などの地域における専門、医師の偏在問題は20年前から放置されています。(2010年のブログです。こちらは当時の公約、懐かしすぎます)

もちろん少し状況は改善されていますが、今でも白血病患者の宮城から新潟への移動だとか、埼玉から東京、栃木への後送、転院なんてずっと前から存在しています。
>感染者の入院先は基本的に、感染者を管轄する保健所が管内の病院を確保する。宮城県は医療資源を調整する本部を県に設置し、感染者が急増する保健所から病床に余裕のある保健所への橋渡しを担うが、担当者は「保健所としては自分の管内で感染者が発生した場合に備えて病床を確保しておきたい。他の保健所に提供してもらえるよう専門家の判断を交えながら説得している」と打ち明ける。
2類相当のコロナだから保健所がやってくれますが、血液内科の患者の移動なんて基本病院や患者が自分でやってきたことです。まあそこまで多くないから放置されてきたのですが。

今回のコロナ事案ではっきりした医療の問題。今後日本がどのような対策を施してくれるのか、それともまた放置するのか。政治家が今度こそ動いてくれることを期待してます。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  2. 2

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  3. 3

    日米首脳会談 バイデン大統領と菅首相は実は中国問題で決裂か

    NEWSポストセブン

    04月18日 08:55

  4. 4

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  5. 5

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  6. 6

    日米首脳会談 新時代に向けて日米同盟深化による世界的な共同事業とは

    赤池 まさあき

    04月18日 08:10

  7. 7

    アベノマスク評価 広報面でみれば大成功

    中村ゆきつぐ

    04月18日 10:06

  8. 8

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

  9. 9

    霞ヶ関は人気のない職場……で良いのか

    大串博志

    04月17日 08:09

  10. 10

    新疆ウイグル人権問題 関与が疑われる「日本企業14社」の苦慮

    NEWSポストセブン

    04月17日 16:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。