記事

個人年金保険、iDeCo活用後に検討したい「つみたてNISA」の魅力

「つみたてNISA」の注目ポイントは?

 老後資産を増やすための有力な選択肢となるのが、「個人年金保険」「iDeCo」「つみたてNISA」の3つ。個人年金保険、iDeCoを活用してまだ余力があれば、検討したい……という位置づけでもあるのが、つみたてNISAだ。

【図解】つみたてNISA(いつでも引き出し可能)、個人年金保険、iDeCo等、メリット・デメリット

「金融庁が指定した投資信託やETFなど、およそ200本の商品のなかから投資先を選び、毎月一定金額を積み立てていきます」(ファイナンシャルプランナーの丸山晴美氏)

 対象者に制限はないが、運用期間は最長20年までと決まっていて、投資上限は年間最大40万円までとなっている。

「最大のメリットは運用益に税金がかからないことです。また積み立てたお金はいつでも引き出せて、運用管理費がかからないことも利点です。ただし、個人年金保険やiDeCoと違って、拠出した掛け金への所得控除はありません」(丸山氏)

 つみたてNISA長期運用が基本となり、“複利効果”によって利益が増えていく。毎月1万円ずつ投資して、年5%の利回りが20年間連続して得られれば、元本240万円が満期時には約405万円となる。約165万円の利益はすべて非課税となる。

「もちろん、投資だから元本割れのリスクはあります。ただ、定額の積み立て投資のいいところは、商品が上がった時に買える量が少なくなり、下がった時には多く買えること。高値で掴むことがなく、値上がりした時に恩恵を受けやすい。教育資金や住宅ローン返済が終わった50代から始めてもいいが、なるべく長くやることが、リスク回避につながると考えてください」(丸山氏)

 リスクをコントロールしながら税制優遇ルールを活用すれば、「株価乱高下&定年消滅」時代の強い味方になる。

※週刊ポスト2021年4月9日号

あわせて読みたい

「NISA」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  2. 2

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  3. 3

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  4. 4

    電通が「数百万円程度」で作成 批判受け削除の復興庁トリチウムキャラクター【東京電力福島第1原発事故】

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:47

  5. 5

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  6. 6

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  7. 7

    ALPS処理水の海洋放出について

    城内実

    04月15日 17:02

  8. 8

    賃金水準がG7最下位に転落した日本 最大の理由は官僚や大企業経営者の「保身」

    マガジン9

    04月15日 17:24

  9. 9

    「都心に残るか、地方移住するか」堀江貴文がコロナ禍に辿り着いた最終結論

    PRESIDENT Online

    04月15日 15:25

  10. 10

    ミャンマーの試練 国連管理も難しく長引く様相

    ヒロ

    04月16日 11:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。