記事

48歳を迎えた大泉洋 「東京の芸能界は怖い」と言っていた北海道のローカルタレントが、なぜ人気俳優になれたのか? 4月3日はタレント・大泉洋48歳の誕生日 - 近藤 正高

1/2

 俳優でタレントの大泉洋がきょう4月3日、48歳の誕生日を迎えた。折しも先週末より主演映画『騙し絵の牙』が公開中だ。この映画は昨年6月に封切予定が、コロナ禍により延期されていた。

【写真】この記事の写真を見る(8枚)


大泉洋 ©文藝春秋

『騙し絵の牙』は大泉を「あてがき」した作品 

 原作となる塩田武士の同名小説は、最初から映像化を念頭に置いて、主人公に大泉を想定して書かれた。いわゆる「あてがき」だが、舞台や映画・ドラマなどならともかく小説では珍しい。もともとは大泉が本の情報誌『ダ・ヴィンチ』の表紙に出るたび、担当編集者に、映像化されたら自分が主演できるような本はないのかと訊いてくるので、編集者がいっそ大泉のイメージで小説をつくってしまおうと企画したという。

 この難題を引き受けた塩田は、執筆にあたり大泉を徹底的に研究した。とくに参考になったのはバラエティ番組だったらしい。過去の出演番組を可能なかぎりチェックして気づいたのは、大泉には自らいじることといじられることを瞬時にスイッチして、場の空気を一気に持って行ってしまうところがある、ということだった。それゆえ、ストーリーに人物を乗せると、非常に動かしやすかったという(※1)。

 瞬時に役割を切り替えられるのは、本人の言葉を借りれば、常に自分のことを観客の目線で見ていて、《大泉洋という人がどう動くと面白いのかという考え方しかできない》からなのかもしれない(※1)。

大泉が持つ「マイナーに居直らないバランス感覚」

 今回の映画で、大泉演じるカルチャー雑誌の編集長・速水は、社内の派閥抗争に巻き込まれながら誌面リニューアルを推し進め、意表を突く企画を次々と打ち出していく。速水はそれまでにもいくつもの出版社を渡り歩きながら、妥協しない雑誌づくりで一部で支持を集めてきたという設定だ。

 そんな彼の雑誌について劇中、ある登場人物が「マイナーに居直らないバランス感覚があった」というような言い方で評価する。この点は、地方の番組からじわじわと全国で知られるようになり、東京進出後も地元での活動を大事にしている大泉自身にも通じるかもしれない。

 大泉はよく知られるように北海道出身で、北海学園大学に在学中の1995年、ローカルタレントとして芸能活動を始めた。最初の仕事は、地元テレビ局・HTBの『モザイクな夜V3』という深夜番組の突撃レポーター。

 抜擢したのは、番組制作にかかわっていたタレント事務所・オフィスキューの社長の鈴井貴之と、副社長の鈴井亜由美である(役職はいずれも当時)。もっとも、彼を発見したのは2人ではなく、鈴井貴之の主宰する劇団の女の子だった。彼女は、北海学園大学の演劇研究会の定期公演で初めて大泉を見て、《ロン毛を一本に縛っていて、しかも縮れ毛なんです。目遣いとか気持ち悪くて、演技の質も普通の役者と違ってなんかヘンなんですけど、私ああいう人好きなんですよね》と、鈴井亜由美に伝えたという(※2)。

運命を変えた『水曜どうでしょう』の「サイコロの旅」

『モザイクな夜V3』に初登場したとき、大泉は誰にも指示されていないのに、いきなりレポート先で“緊張する人”を演じたという。その独特のキャラが認められ、翌1996年に後番組として始まった『水曜どうでしょう』にも引き続き出演する。

 のちに彼と同番組を全国に知らしめることになる「サイコロの旅」の企画は、ディレクターの藤村忠寿に言わせると《はっきり言って出演者は誰でもよかった》が、いざ実際に大泉がやってみたら想像以上に面白かった。同じくディレクターの嬉野雅道によれば、《彼はね、しゃべりに独特の抑揚があるんですよ。独特の抑揚があったから、それをいかしてテンポよく編集していくなかで「どうでしょう」のスタイルができあがっていった》という(※3)。

 同じく1996年には、大学の演劇研究会の先輩・後輩である森崎博之・安田顕・戸次(当時は佐藤)重幸・音尾琢真と「TEAM NACS」を結成する。本来は森崎の卒業に際して公演を行なうための1度かぎりのユニットであったが、翌年には東京で就職した森崎がやはり5人で一緒に地元で芝居を続けたいと戻ってきて、復活した。

 大泉はTEAM NACSの公演に参加しながら、『水曜どうでしょう』によって北海道で人気を集めていく。やがて札幌の街では彼のしゃべり方を真似する人がたくさん現れたという。大学卒業後、26~27歳ぐらいのときには、地元のテレビ・ラジオで計8本近くレギュラーを抱えていた。同時期の1999年にはテレビ朝日系のバラエティ番組『パパパパPUFFY』に準レギュラーとして出演するようになり、全国的にも次第に知られ始める。

東京進出には苦戦も…それを機に俳優への転身を果たす

 ただ、東京でのバラエティの仕事は、必ずしも北海道の番組のようにはうまくいかず、悩むこともあったようだ。2002年には『水曜どうでしょう』のレギュラー放送が終わる。これを機に、TEAM NACSのメンバーが所属するオフィスキューは彼らの活躍の場を広げるため、2004年に大手芸能プロダクションのアミューズと業務提携する。これにより大泉は31歳にして本格的に東京に進出した。しかし、そこで彼がまず選んだのはタレントではなく俳優の仕事だった。

 これについて大泉は後年、《自分がこれから年を取って、子どもを養わなきゃいけない時に、ずっとこれで食っていけるのかなと、三十ぐらいになって考え始め》、一度仕切り直して、《ドラマや映画をちゃんとやろうと》決意したと説明している(※4)。ただ、その一方で、下手に自分の得意な笑いで勝負して、万が一失敗したら立ち返りようがないし、北海道の人をがっかりさせてしまうという思いもあったようだ(※5)。

 東京で俳優としてスタートしてまもなくして、フジテレビ系の『救命病棟24時』で連続ドラマに初出演を果たす。このときのプロデューサーは、コメディリリーフ的な役のできる俳優を探していたとき、取材を受ける大泉のトークを見て起用を決めたらしい(※4)。

あわせて読みたい

「大泉洋」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池都知事は若者からかけがえのない時を奪うのを止めろ

    青山まさゆき

    04月12日 22:14

  2. 2

    学者も生産者も軒並み反対 「海洋放出以外の選択肢ある」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月13日 08:45

  3. 3

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  4. 4

    千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

    NEWSポストセブン

    04月13日 09:29

  5. 5

    海洋放出も地層処分も強行するな

    畠山和也

    04月13日 08:42

  6. 6

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  7. 7

    なぜ市町村に、具体的なワクチン配布の日程を伝えられないのか

    大串博志

    04月13日 08:50

  8. 8

    居住実態なく当選無効 スーパークレイジー君市議「徹底抗戦」

    ABEMA TIMES

    04月12日 20:58

  9. 9

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

  10. 10

    支持率が下げ止まるも、参院選広島補選は劣勢。評価が難しい菅政権の浮沈具合【ほぼ雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月13日 09:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。