記事
  • ロイター

米国とイラン、核問題巡りウィーンで6日から間接協議


[パリ/ブリュッセル 3日 ロイター] - イランと米国の両政府は2日、イラン核合意の回復に向けた当事国交渉の一環として、6日からウィーンで間接的に協議することを明らかにした。

イランは直接協議を拒否しているが、両国が欧州も加わったウィーンでの会合に参加することで、全ての当事国のよる核合意再建への努力を促すことになりそうだ。

調停役の欧州連合(EU)の高官は2カ月以内の合意を目指すと語った。イランは6月に選挙を控えている。

トランプ前米大統領は2018年、核合意から離脱し、イランへの制裁を復活。イランは核合意による制限を一部破った。バイデン米大統領は核合意に復帰したい意向だ。欧州外交筋は「イランと米国は同じ場所(ウィーン)にいるが、同じ部屋には入らない」と述べた。

米国務省のプライス報道官は「難しい協議が待っており、直ちに進展があるとは予想していない。ただ健全で前向きな一歩だ」とし、イランとの直接対話を排除しない姿勢を示した。

EU当局者は、米国が解除できる制裁リストと、イランが核開発で守るべき事項が「どこかの時点で合致する必要がある」と語った。

15年の核合意当事国であるイラン、中国、ロシア、フランス、ドイツ、英国は2日、協議の進展に向けてオンラインで協議した。

イランのザリフ外相はツイッターで、制裁解除と核合意事項での迅速な決着が目標とし、「イランと米国の対話はない。必要ない」とした。

2人の外交官は初回の協議は数日間続く可能性があり、その後の数週間で、2ー3回の協議があると述べた。EU当局者は「2カ月で合意に至らなければ、それは明らかに悪いニュースだ」と語った。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  2. 2

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  3. 3

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  4. 4

    東京五輪で沈黙…小池都知事に「全然、都民ファーストじゃない」 豊田真由子氏「片棒を担いだと思われたくないので、反対の世論を見て振る舞いを変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  5. 5

    本物の教養を身につけるには「優れた歴史書」を読めばいい - 出口治明

    幻冬舎plus

    05月05日 14:49

  6. 6

    コロナ禍での「緊急事態条項」は「諸刃の剣」

    自由人

    05月05日 14:14

  7. 7

    人生、山あり谷あり… ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏の離婚に思う

    ヒロ

    05月05日 11:43

  8. 8

    憲法改正についての世論調査 改憲必要という発想の危うさ その2

    猪野 亨

    05月05日 14:37

  9. 9

    出産予定日間近の倉持由香 腰痛と仕事を奪われる不安でメンタルをやられる

    倉持由香

    05月05日 08:03

  10. 10

    「自粛疲れ」や「我慢の限界」ではなく「無意味な感染対策」に気づいた賢い国民たち

    かさこ

    05月04日 08:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。