記事
  • ロイター

テスラ、第1四半期納車18.5万台で過去最高 中国など需要好調


[2日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカーのテスラが2日発表した第1・四半期の納車台数は18万4800台と、過去最高を記録した。堅調な需要が、世界的な自動車向け半導体不足の影響を相殺した。

リフィニティブのまとめた市場予想の17万7822台も上回った。これまでの過去最高は前四半期に記録した18万0570台だった。

テスラは声明で、中国でスポーツ多目的車(SUV)「モデルY」が好評だったことを踏まえ、迅速にフル生産を目指す方針を示した。新型の「モデルS」と「モデルX」の販売も好調で、生産増強の初期段階にあると明らかにした。

第1・四半期の生産台数は18万0338台と、前四半期の17万9757台から小幅増加した。

テスラの上海工場では昨年終盤にモデルYの生産が始まった。中国では既にセダン「モデル3」も生産している。2月には通常なら需要が落ち込む春節(旧正月)期間だったにもかかわらず、テスラの中国販売は前月から大きく伸びた。

テスラは2月、「部品不足」のためカリフォルニア工場の操業を2日間にわたり停止した。

ウェドブッシュのアナリスト、ダン・アイブス氏は「この四半期は中国と欧州が特に堅調だったと考えている」と指摘。バイデン米政権のEV支援策や世界的な需要増を受け、テスラの今年通年の販売台数は85万台を突破すると予想した。

第1・四半期のモデル3/Yの納車台数は18万2780台と、前四半期比13%増加。半面、より高価なモデルS/Xはモデル刷新を控え、1万8920台から2020台に減少した。

ガーバー・カワサキのロス・ガーバー最高経営責任者(CEO)は、利益が大きい車種の販売減でテスラの第1・四半期利益率は低下するとみられるとしつつ、第2・四半期決算は堅調になるとの見通しを示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

「テスラモーターズ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  2. 2

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  3. 3

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  4. 4

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  5. 5

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

  6. 6

    使わない人も知っておきたい、自衛のためのApple「AirTag」の基礎知識 - 山口 真弘

    文春オンライン

    05月15日 12:18

  7. 7

    ガザ地区の友人から届いたメール「地獄と同じ。なす術も行くあてもない」

    田中龍作

    05月15日 09:35

  8. 8

    新型コロナワクチン接種進むハワイ、米本土観光客は例年並みに

    WEDGE Infinity

    05月15日 11:54

  9. 9

    焦点:日の丸半導体、TSMC巻き込み描く復活 見劣る支援が壁

    ロイター

    05月14日 19:07

  10. 10

    脱ガソリン車宣言のホンダ 道筋が見えず「去るも地獄、残るも地獄」か

    片山 修

    05月15日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。