記事

12月のフィラデルフィア連銀景況指数は予想外のプラス反転,年始までは「財政の崖」問題が焦点

Manufacturing in Philadelphia Area Unexpectedly Expands

12月フィラデルフィア連銀景況指数: 8.1 (予想:-3.0,前月:-10.7)

12月のフィラデルフィア連銀景況指数は先月の-10.7から8.1のプラス圏に回復しました。当該連銀管轄地域での経済情勢についてはサンディの影響が短期的なものに終わって何よりです。とはいえ,先行指数についても先月の20.0から30.9へジャンプして期待通りの回復ぶりです。(下図参照)

[画像をブログで見る]

内訳としては,

新規受注: 10.7 (前月:-4.6) -> マイナスから急速に拡大
出荷指数: 18.3 (前月:-6.7) -> マイナスから急速に拡大
在庫指数: -11.5 (前月:-12.5) -> 在庫不足のマイナス継続
雇用指数: 3.6 (前月:-6.8 -> 若干プラスに上昇

というように,受注の増加に伴い出荷も拡大していますが,適正在庫というより生産が追いつかない状態です。一方,雇用指数に対しては先月よりプラスに改善され季節要因の一時雇用も増えていると想定できます。そして,今回用意された特別なアンケートでは2013年では様々なカテゴリのコスト増減に関する質問でした。

Q1:2013年のカテゴリ別コストはどのような変化(上昇)を予想しますか?
     エネルギー 他の原材料  中間財    賃金    医療給付   他の福祉費用  
予想率  0.8%    2.6%    2.2%    2.1%    7.2%    2.3%

Q2:2013年のカテゴリ別コストは2012年と比べた場合どうなりますか?(無回答を含まず。合計≠100%)
     エネルギー 他の原材料  中間財    賃金    医療給付   他の福祉費用  
増加   36.8%   40.8%   40.8%    42.1%   59.2%    34.2%
変わらず 31.6%   46.1%   50.0%    50.0%   23.7%    55.3%
減少   26.3%    9.2%    1.3%     3.9%   13.2%     5.3%

と答えています。どのカテゴリでも2012年よりコストが下がるという予想は少なく平均値はプラスですが,非レイバーコストと賃金や他の福祉費用が微増なのに対して,医療給付だけは大きく増加しそうな予想がなされています。健康はいつの時代にも人々の関心が高く医療給付のコストへの影響は大きく見積もられると考えられます。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  6. 6

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  7. 7

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。