記事

業況判断が大きな改善を見せた3月調査の日銀短観をどう見るか?

1/2

本日、日銀から3月調査の短観が公表されています。ヘッドラインとなる大企業製造業の業況判断DIは昨年2020年12月調査から+17ポイント改善して▲10を示した一方で、本年度2021年度の設備投資計画は全規模全産業で前年度比▲3.9%の減少なっています。まず、日経新聞のサイトから記事を引用すると以下の通りです。

大企業製造業の景況感、コロナ前回復 日銀短観
日銀が1日発表した3月の全国企業短期経済観測調査(短観)で、大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)は5と前回の2020年12月調査から15ポイント上昇した。米中など海外経済の持ち直しで輸出や生産活動が拡大し、3四半期連続で改善。新型コロナウイルスの感染拡大前の水準を回復した。大企業非製造業はマイナス1で4ポイント上がったものの改善幅は小さい。コロナ禍からの景気回復は二極化の様相が強まっている。

業況判断DIは景況感が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」の割合を引いた値。大企業製造業は新型コロナの影響で20年6月にリーマン・ショック後の水準と同じマイナス34まで落ち込んでいた。その後は改善傾向が続き、今回、コロナ以前の19年9月(プラス5)の水準に並んだ。QUICKが集計した民間予測の中心値(ゼロ)を上回った。

主要16業種のうち13業種で改善した。米中をはじめとする世界経済の持ち直しや為替相場の円安・ドル高基調で、輸出環境が好転したことが幅広い業種に追い風になった。自動車は23ポイント改善のプラス10で、コロナ前の19年9月以来のプラスに転じた。鉄鋼や非鉄金属など素材関連業種にも恩恵が広がった。リモートワークの普及や巣ごもりによるIT(情報技術)需要の増加も電気機械などの改善を後押しした。

大企業非製造業は主要12業種のうち7業種で改善した。不動産や情報サービスなどの業種が上向いた。ただ、1月に大都市圏で緊急事態宣言が再発令され、外出自粛や店舗の営業時間短縮の動きが広がったことで、対面型のサービス業は総じて厳しい結果になった。

政府の観光需要喚起策「Go To トラベル」の停止も響き、前回は景況感が回復した宿泊・飲食サービスは15ポイント悪化のマイナス81に沈んだ。レジャーなどの対個人サービスは8ポイント悪化のマイナス51。サービス業が重荷になり、大企業非製造業の景況感はコロナ前の19年12月の水準(プラス20)からはほど遠い。

中小企業でも製造業は14ポイント改善のマイナス13、非製造業は1ポイント改善のマイナス11と回復度合いに差が出た。外出自粛などの影響を受けやすい宿泊・飲食は規模の小さい企業が多く、サービス業の苦境は中小でより目立つ。

3カ月先の見通しを示すDIは、大企業製造業でプラス4と足元から1ポイントの悪化を見込む。半導体不足の影響で自動車などの景況感が悪化する。今回の調査は2月25日から3月31日に実施した。半導体大手ルネサスエレクトロニクスの工場火災の影響は十分に織り込まれておらず、製造業の回復は一段と足取りが鈍くなる恐れもある。

大企業非製造業はマイナス1と横ばいを見込む。巣ごもり需要の反動減が見込まれるほか、新型コロナのワクチン接種のもたつきでサービス消費の回復がどこまで進むかも不透明だ。内需の弱さが続くなかで製造業も停滞すれば、国内景気の回復は緩慢になる。

やや長いんですが、いつもながら、適確にいろんなことを取りまとめた記事だという気がします。続いて、規模別・産業別の業況判断DIの推移は以下のグラフの通りです。上のパネルが製造業、下が非製造業で、それぞれ大企業・中堅企業・中小企業をプロットしています。色分けは凡例の通りです。なお、影を付けた部分は景気後退期なんですが、直近の2020年5月、あるいは、四半期ベースでは2020年4~6月期を景気の谷として暫定的にこのブログのローカルルールで認定しています。


まず、先週金曜日の3月26日付けのこのブログでも日銀短観予想を取り上げ、ヘッドラインとなる大企業製造業の業況判断DIが改善してゼロ近傍となる見込みという結果をお示ししていましたし、引用した記事にもある通り、日経・QUICKによる市場の事前コンセンサスでも、同じく大企業製造業の業況判断DIがゼロと報じられていますので、実績が+5ですから、やや上振れした印象はあるものの、現在までの新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響を考慮し、加えて、先行きの景況感の鈍化を見込めば、ほぼ「こんなもん」と受け止められているような気がします。

ほかの主要な経済指標とともに、昨年2020年5月ないし4~6月期が直近の景気の底となっているのは、ほぼほぼ共通している印象です。もちろん、業種別にはバラツキが大きく、総じて内需や対人接触型セクターのウェイトが高い非製造業では業況感が低く、他方、それなりに輸出で需要が見込める製造業では改善が大きい、との結果が示されています。すなわち、昨年2020年12月調査から直近で利用可能な3月調査への変化幅で見て、大企業製造業が+15の改善で業況判断DIの水準が+5とプラスに達したとなったのに対して、大企業非製造業はわずかに+5の改善にとどまりDIの水準も▲1とマイナスを続けています。

大企業レベルで製造業と非製造業の産業別の業況判断DIを少し詳しく見るとは、3月調査で業況感を大きく改善させたのは、製造業では石油・石炭製品が+31のほか、生産用機械+29、非鉄金属+24、自動車+23、鉄鋼+20などとなっています。

他方、非製造業では通信+29、情報サービス+21など、在宅勤務の増加などで業況を改善させていると思われる産業もいくつかありますが、宿泊・飲食サービスでは▲15とさらに悪化が加わってDIの水準も▲81に達しています。対個人サービスも▲8悪化してDI水準▲51となっています。ただし、製造業・非製造業ともに改善が続くと見込まれず、先行きは大企業製造業では▲4の悪化、大企業非製造業でも改善なしを見込んでいます。

あわせて読みたい

「日銀短観」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  2. 2

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  3. 3

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  4. 4

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  5. 5

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  6. 6

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  7. 7

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  8. 8

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  9. 9

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  10. 10

    「週6で働いて手取り15万円」「23時まで残業して月16万円」 低すぎる手取りに疲弊する人々

    キャリコネニュース

    05月18日 16:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。