記事

自動運転の進化で「自動車保険」はどう変わるのか 事故激減なら保険料は安くなる?

1/2
「レベル3」の自動運転機能を搭載したホンダの新型レジェンド(時事通信フォト)

 クルマの自動運転が進化している。3月にはホンダが量産車としては世界初となる、「レベル3」の自動運転機能を搭載した新型「レジェンド」を発売した。まさに自動車革命の到来だが、運転操作のすべてを人間ではなくシステムが行う時代が来れば、自動車保険はどうなるのか。ニッセイ基礎研究所主席研究員の篠原拓也氏が解説する。

【写真】高額負担の自動車保険

 * * *
 クルマの自動運転で新たな動きが出ている。自動運転は、かつてはSF小説の中で「夢のクルマ」として描かれ、空想のものに過ぎなかった。

 だが、1980年代に専用の道路上を走行する車種が開発され、2000年代に入ると市街地を模したコースでの走行実験が進められた。そして2010年代、自動運転機能を搭載したクルマの開発や自動運転での高速道路走行を通じた物流サービス、無人自動運転移動サービスなどの実証実験が始まっている。

 自動運転については、交通事故の低減、交通渋滞の緩和・解消、ドライバーの人材不足の補完、高齢者の移動手段の確保、環境負荷の低下など様々な効用が期待されている。

 そして、自動運転技術の進歩に合わせて、新しい自動車保険の仕組みついても検討や取り組みが進められてきた。ここでは簡単に見ていくこととしたい。

自動運転のレベルはどこまで進んだか?

 よく知られたことだが、ひとくちに自動運転と言っても、システムが操舵や制動といった運転操作の一部を代行するものから、すべての運転をシステムが行い運転者不要となるものまで、いくつかの段階がある。

 運転者がすべての運転タスクを行う状態は、レベル0。そのうえで、自動運転の程度は別掲表の通り5つの段階に区分されている。先日ホンダが発売した新型「レジェンド」は、条件付きだが、システムがアクセルやブレーキ操作を行う世界初のレベル3の量産車とされる。今後、レベル4、レベル5の運転自動化が進んでいくことが期待されている。

 自動運転システムは、自動車の新機能の一種ではあるが、従来のメーカー単独での開発にはとどまらない。センサーやレコーダー(ドライブ・レコーダー=DR、イベント・データ・レコーダー=EDR)などのハード、人工知能(AI)、運転支援技術など、関連分野が広範囲にわたっており、多様なメーカー間で共同開発やM&Aなどが繰り広げられている。

自動運転に伴い注目される「3つの新たな保険」

 現在の自動車保険は、運転者の過失責任を担保することが中心とされている。しかし、将来自動運転のレベルが進み、その機能を装備したクルマが普及すると、運転者の過失による事故は激減するだろう。完全自動運転のレベルに至れば、運転者という概念自体がなくなるかもしれない。

 自動運転技術の進歩や普及に伴い、従来の補償範囲に対する保険料収入は大きく低下するとみられている。今後、その減少を補うために、損保会社は新たな補償ニーズに対応する商品開発が求められる。新たな保険の分野として、 次の3つが注目されている。

(1)製造物責任保険
 自動運転システムでは、各種センサーや集積回路などが用いられる。ソフトのバグ、メモリーのあふれ、アルゴリズムの欠陥などにより事故が発生すれば、製造者は巨額の賠償責任を問われかねない。

(2)サイバーセキュリティー保険
 自動車がIT関連の機器やソフトを装備するにつれて、サイバーセキュリティーの問題が顕著になる。ハッキングやランサムウェアなどによって、自動運転機能が停止したり、誤動作を起こしたりすれば、自動車事故や運転の非効率につながる恐れがある。

(3)インフラ保険
 自動運転の乗用車を制御する交通インフラやセーフガードなどについて、補償ニーズが高まるものと考えられる。従来は、公共インフラは政府や自治体が自家保険(※注)として対応することが多かったが、今後、再保険等を含めて、民間保険会社にも引き受けの機会が生じる可能性がある。

※あらかじめ一定の金銭を自ら積み立てておいて、事故が起きたときに使う体制のこと。

 このうち、(1)の製造物責任保険が、特に注目されている。従来の自動車事故では、自賠責保険と自動車保険(対人賠償、対物賠償)の損害賠償責任が中心とされてきた。

 自賠責保険は、事故の被害者(運転者は除く)の救済を目的とする賠償責任のための保険で、クルマを持つ人は加入が義務づけられている。一方の自動車保険は、運転者のケガを補償したり物損の賠償責任をしたりする保険で、いくつかの種類があり加入は任意だ。ただ、こうした従来型の保険の役割は低下していくとみられている。

 自動運転システムのレベルが上がり、普及が進むと、運転者の運転タスクは減る。すると、自動運転システムの機器・ソフトの不備が原因の事故が増える。こうなると製造者(自動車メーカー等)の責任が問われることが一般的になる。つまり、自動運転時代には製造物責任保険が中心になるとみられているわけだ。

あわせて読みたい

「自動運転」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  2. 2

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  3. 3

    「天気予報」や「雨雲レーダー」の信頼度はどれくらい? - 『天気の子』監修の気象庁・荒木健太郎さんに聞く3

    BLOGOS編集部

    04月14日 08:09

  4. 4

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  5. 5

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  6. 6

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  7. 7

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  8. 8

    私が菅首相の政治手法をスト2の「待ちガイル」だと思う理由

    宇佐美典也

    04月14日 12:00

  9. 9

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

  10. 10

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。