記事

小選挙区選挙は廃止しかない(その2:民意の歪曲・・・比例代表制なら自民党294議席は132議席程度)

3/3

3.この度2012年12月衆議院総選挙における小選挙区選挙による民意の歪曲


(1)この度の衆議院総選挙でも小選挙区選挙により民意が正確・公正に反映しないどころか、歪曲されたことは、すでにマスコミでも指摘されている。
毎日新聞 2012年12月17日 13時10分(最終更新 12月17日 13時28分)
衆院選:得票率と獲得議席に大きな乖離

今回の衆院選で小選挙区に出馬した自民党候補は、300選挙区の有効投票総数のうち43%の票を得たのに対し、獲得議席数は300議席の79%にあたる237議席と大勝した。一方、民主党は有効投票総数に占める総得票率が22.8%だったが、300議席の9%にすぎない27議席しか獲得できなかった。得票率と獲得議席に大きな乖離(かいり)が生じ、各選挙区で1人しか当選しない現行の小選挙区制の特徴が改めて浮き彫りになった。

 今回の衆院選の小選挙区の有効投票総数は約5963万票だった。日本維新の会の得票率は11.6%で、300議席の4.7%の14議席を獲得。今回最多の299選挙区に候補を擁立した共産党は、得票率7.9%に対し獲得議席はゼロだった。

 小選挙区は比例復活を除けば1人しか当選しないため、落選候補に投じられた票の多くが民意を議席に反映しない「死票」になる。候補9人が乱立した東京1区は得票率29.3%の自民党候補が当選し、落選候補の得票割合は計7割に達した。

 09年衆院選をみると、民主党は得票率47.4%で7割を超える議席を獲得。自民党も「郵政解散」の05年衆院選で、得票率47.8%で同じく7割超の議席を得ており、選挙制度が選挙のたびに結果が大きく振れる一因となっている。【朴鐘珠】

画像を見る

(2)この度の総選挙における小選挙区選挙での各政党の当選者数、小選挙区選挙での各政党の全国的得票率および小選挙区の定数300に占める各政党の議席の割合(議席占有率)をまとめたものである。
獲得議席順に並べている(ただし、無所属は最後)。

2012年総選挙における各政党の小選挙区選挙での当選者数、得票率および議席占有率
政党名当選者数(人)得票率(%)議席占有率(%)
自民党23743.079.0
民主党2722.89.0
日本維新の会1411.64.2
公明党1、53.0
社民党0.80.3
みんなの党4.71.3
日本未来の党5.00.7
国民新党0.20.3
日本共産党7.9
新党大地0.5
新党日本0.1
無所属1.7
300100100

(3)自民党は、237議席を獲得し、300議席に占める割合である議席占有率は79%にのぼる。
しかし、全国集計した得票率は43%である。

第一党の露骨な過剰代表が今回も生じたのである。

それゆえ、他党は今回も基本的に過少代表を強いられている。

(4)以下は、この度の総選挙における比例代表選挙も含めた小選挙区比例代表並立制による各政党の当選者数、総定数に対する議席占有率、比例代表選挙での各政党の得票率およびその得票率による比例配分試算(480議席を比例代表選挙の得票率で比例配分して算出した議席数)をまとめたものである(実際の獲得議席数の順で紹介する)。

2012年総選挙における各政党の獲得議席数、議席占有率、比例代表選挙での得票率および比例配分試算
政党名獲得議席数(人)議席占有率(%)比例代表得票率(%)比例配分試算議席数(人)
自民党29461.327.6132
民主党5711.916.076
日本維新の会5411.320.497
公明党316.511.856
みんなの党183.88.751
日本未来の党1.95.727
日本共産党1.76.129
社民党0.42.411
国民新党0.20.1
新党大地0.20.6
新党改革0.2
48010099.6
481
(なお、現時点では比例代表選挙の全国集計の得票率が少数点1桁までしかわかっていないので、比例代表試算では定数480を超えている。後日、小数点2桁まで分かったら補正したい。)

(5)これを見ると、比例代表選挙の選挙結果を加えても、基本的に第一党の過剰代表と他党の過少代表が生じていることがわかる。

自民党は294議席を獲得し、議席占有率61.3%であったが、比例代表の得票率は27.6%であり、これに基づき比例配分すると132議席程度であったと試算される。
つまり、162議席程度も過剰代表だった計算になる


それゆえ、他党は過少代表を強いられている。


4.民意の歪曲の内容


(1)以上のように、小選挙区選挙によって民意の歪曲、すなわち、大政党の過剰代表と小政党の過少代表が生じているのであるが、その内容をもう少し詳しく確認しておこう。

(2)第一党の過剰代表は、過去全ての総選挙で確認できる。

(3)第二党については、過少代表がある程度露骨な時と、露骨とまでは言えない程度の時がある。

この度の総選挙は、前者であり、かつ一党優位政党制を生み出している。

(4)過剰代表は与党の過剰代表を生み出し、与党が得票率3分の2未満・半分程度・半分未満なのに、議席占有率3分の2以上を生み出している。

今回、自民党、公明党の連立政権が誕生すれば、合計得票率は40%未満の39.4%なのに、議席占有率は3分の2以上の67.8%になる
これは、参議院の存在意義、二院制の存在意味を喪失させてしまっている。
したがって、憲法が許容しない結果であると言えよう。

(5)今回の総選挙では、得票数・得票率と獲得議席数・議席占有率との逆転現象が生じている。

獲得議席数で政党を並べると、
自民党、民主党、日本維新の会、公明党、みんなの党、日本未来の党、日本共産党、社民党、国民新党・新党大地、新党改革
であるが、
比例代表選挙の得票率で政党を並べると
自民党、日本維新の会、民主党、公明党、みんなの党、日本共産党、日本未来の党、社民党、新党大地、新党改革、国民新党
である。


(つづく)

あわせて読みたい

「小選挙区選挙は廃止しかない」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  2. 2

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  3. 3

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  4. 4

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  5. 5

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  6. 6

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

  7. 7

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  8. 8

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  9. 9

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  10. 10

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。