記事

直前まで休憩、髪はボサボサ 世界選手権の羽生結弦に何があった?

羽生選手の珍しい不調(RyuVoelkel/AFLO)

 14時46分──羽生結弦選手(26才)の世界選手権でのフリー演技(3月27日)が始まるとき、現地の時計は奇しくも「運命の時刻」を指していた。

【写真14枚】スポーティなパンツ、薄手のパーカー姿でカナダの町を母親とともに歩く羽生

 10年前、2011年3月11日のこのとき、三陸沖を震源とするマグニチュード9.0、最大震度7の東日本大震災が発生し、高さ15mに達する巨大津波が沿岸地域を襲った。震災発生時、まだ16才だった羽生選手は、地元にあるスケート場・アイスリンク仙台で練習に励んでいる最中だった。

 家族とともに体育館での避難生活を余儀なくされ、生きるだけで精一杯の日々。リンクが被災して閉鎖したこともあり、スケートを辞めることも考えたという。だが、彼は拠点を移して滑り続け、リンクに立つことで復興支援に尽くした。数多くのチャリティーイベントやアイスショーに出演し、自身の書籍の印税などは、全額寄付。その額はトータルで1.9億円を超えている。

 五輪2連覇を達成したときも、羽生選手の胸には常に復興への祈りが刻まれていた。そして迎えた今回の世界選手権。羽生選手がスウェーデン・ストックホルムに出発する前日の3月20日夜には、宮城県沖を震源とする最大震度5強の地震が発生した。

 コロナの不安に加え、地元の地震被害に後ろ髪を引かれる思いでの現地入り。そしてショートプログラム(以下SP、3月25日)でトップに立った瞬間、彼のフリーの滑走時刻は14時46分に決まった。だが、演技が始まる直前、羽生選手は再び大きな試練を受けていた。

試合前、リンクに背を向けた

 フリーの彼の演技は、誰の目にも「らしくない」ものだった。ロックスターのようだったSPとは打って変わり、淡い水色を基調にした優雅な衣装に身を包んだ羽生選手が、戦国武将・上杉謙信を描いたNHK大河ドラマ『天と地と』のテーマ曲に乗って滑り始める。

 しかし、冒頭のスケーティングからいつものようなスピード感がない。最初の4回転ループで着氷が乱れ、手をついてしまう。続く4回転サルコウでも大きくバランスを崩す。そして得意のトリプルアクセルから連続ジャンプにつなげられない痛恨のミス。米国のネイサン・チェン選手(21才)だけでなく、日本の鍵山優真選手(17才)にも後れを取り、まさかの3位に甘んじた。

 フィギュアスケート解説者の佐野稔さんも、この結果に驚きを隠せない。

「SPの演技がよかっただけに期待されましたが、フリーではあまり体が動いていなかった。チェン選手が4回転ジャンプを5本入れ、あまりに完璧な演技をしてきたので、ひとつのミスも許されないというプレッシャーもあったのかもしれない」

 無観客の静まり返ったスタンド席、マスク姿の関係者、極度のプレッシャーなど、いつもと違うさまざまな要素が重なったこともあるだろう。だが、フリーの演技前の羽生選手の様子は、もっと大きな異変を感じさせるものだった。現場を目の当たりにしていたカメラマンが語る。

「“いざリンクへ”というときになって、羽生選手がなぜかリンクとは逆方向のウオームアップエリアに向かって行ったんです。“あれっ?”と思いましたが、彼は遠目にも具合が悪そうで、奥の方に行くと、マスクを外し、耐えるようにぎゅっと目をつぶっていた。かなり汗をかいているようだったし、唇も真っ青。“このままではリンクに立てない”と思ったのかもしれません」

 何人かのスタッフが羽生選手の様子を心配そうに覗いたが、あまりの緊迫感に誰も声をかけることができなかったという。そして数分後、スケートリンクに降り立った姿は、明らかにいつもとは違っていた。

「いつもなら前髪を立たせるなど、きちんとヘアセットをして本番に臨みます。ところが、あのときは髪をおろしたまま。あえてナチュラルにという感じではなく、言葉は悪いですが、ボサボサだった。表情もうつろで、演技前からかなり呼吸も乱れていました」(前出・カメラマン)

 4分間の演技を終えた羽生選手。結果は前述のとおりだ。あるフィギュア関係者が言う。

「終わった後は、ブライアン・オーサーコーチも声をかけられないほど疲弊していましたし、実際に試合後のインタビューで、羽生選手の口から発せられたのは、“すごい疲れました”という言葉でした。普段彼は“疲れた”と周囲にこぼさないので、驚きました」

 前出のカメラマンは、「そういえば、フリーの日の羽生選手は最初からおかしかった」と振り返る。

「いつもなら試合の1時間ほど前にはウオームアップエリアに来ているのに、あの日に限っては、10~15分前にようやく到着した。もしかするとウオーミングアップをする体力もないような状態で、直前まで部屋で休んでいたのかもしれません」

 試合後、ロシアのスポーツメディアはこう報じた。

「羽生は喘息の発作を抱えながらも、フリーを滑りきり、世界選手権の銅メダルを獲得した」

 日本メディアのオンライン取材で、喘息の事実を問われると、「終わってみたら『ああ、ちょっと苦しかったかな』くらいで」と言及し、発作があったことを認めた。羽生選手をよく知るスケート関係者が語る。

「羽生選手は、言い訳をしない人です。今回も聞かれなかったら、自分からは体調を崩したことを話さなかったはず。“ちょっと苦しかったかな”と認めたということは、相当苦しかったのでしょう」

 喘息は羽生選手の持病で、幼い頃から少し走ると咳き込んだり、咳が続いて夜眠れない日もあった。

「4才でスケートを始めたのは、スケート教室に通っていた姉の練習について行ったことがきっかけでしたが、お母さんには、ほこりの少ない屋内リンクで運動することで、克服させたいという目的もあったそうです」(羽生家の知人)

 だが、喘息は症状が軽くなることはあっても、完治することは難しい。東京歯科大学市川総合病院呼吸器内科教授の寺嶋毅さんが言う。

「一般的には、季節の変わり目、春先、秋口などには症状が不安定になるケースがあります。急に気温が下がったりする温度差によって気管支が刺激を受けるからです。あとは、肉体的な疲労や精神的なストレスによって発作が出ることもよくあります」

 喘息の発作を起こした状態で演技をするのは、どれほど大変なのか。

「軽い発作であっても、100%のパフォーマンスをするのはとても無理。超一流のアスリートで、喘息とのつきあいが長い人なら“この状態なら、自分はこのくらいまでできる”ということがわかると思うので、羽生選手も演技中に“途中で息が上がったらどうしよう”という不安を持ったまま臨んだかもしれません」(前出・寺嶋さん)

※女性セブン2021年4月15日号

あわせて読みたい

「羽生結弦」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自粛はもう限界 公園飲みにも一分の理

    田中龍作

    05月13日 08:22

  2. 2

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  3. 3

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  4. 4

    ワクチン2回接種で変異株は抑えられる?横浜市立大学の研究結果に医師「安心」

    中村ゆきつぐ

    05月13日 08:47

  5. 5

    顔出し引退宣言は実験の1つ、オリラジ中田敦彦の「前言撤回力」

    放送作家の徹夜は2日まで

    05月13日 08:03

  6. 6

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  7. 7

    新車供給追いつかず中古自動車の需要が急伸 アメリカ自動車業界の「ないものねだり」

    ヒロ

    05月13日 10:52

  8. 8

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  9. 9

    後手に回る水際対策。オリパラに配慮?精神論と楽観論と悲観論が入り交じる意思決定

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月13日 09:05

  10. 10

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。