記事

何故SLR緩和措置打切り直後にアルケゴス問題が起きたのか

昨晩の「WORLD MARKETZ」

話題は何と言ってもアルケゴス・キャピタル・マネジメント。小生の最初のコメントは「リーマン・ショック以降初めて不穏な気配を感じている」。

多くの専門家が野村證券やクレディスイスといった個別企業の話しで市場全体に影響を及ぼす問題ではないと指摘しているが、そのように決めつけてしまうことは危険というお話。

確かに、リーマン・ショックのような金融危機を招く話ではないとは思っているが、先週末19日に公表されたSLR(補完的レバレッジ比率)緩和措置打切りという金融機関に対する制度変更直後にこの問題が起こったこと、アルケゴスと取引をするプライムブローカー(大手投資銀行)が会合を持ったことなどが気に掛かるところ。

きっかけはバイアコムCBSが22日に発表した増資による株価の下落だと言われているが、個人的にはこれがプライムブローカーたちの「口実」として使われた可能性があると考えている。

「心が変われば態度が変わる、態度が変われば行動が変わる、行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば人格が変わる」

という故野村克也監督の格言に準えれば、SLR緩和措置打切りはさしずめ

「ルールが変われば金融機関の融資姿勢が変わる、融資姿勢が変われば金融が変わる、金融が変われば金融市場の価格形成メカニズムが変わる」

というもの。

拙著「1989年12月29日 日経平均3万8915円」(河出書房新社)で詳しく記したが、1990年日本で起きたバブル崩壊の原因も、金融機関の会計制度の変更であったことを忘れてはならない。

現時点で確からしいことは、今回アルケゴスというファミリーオフィスから融資を引き上げた金融機関は、今後ファミリーオフィスに対する融資を再開するよりも回収に動く可能性が高いことだ。こうした動きは金融市場動向にボディーブローのように時間の経過とともに効いてくると考えておいた方が賢明だ。ルールの変更は「風にそよぐ葦」の如き投資家の相場観などよりもずっとずっと重要なのだ。

あわせて読みたい

「金融」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  2. 2

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  3. 3

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  4. 4

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  5. 5

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  6. 6

    対コロナ戦争の誇り高き勝利国インドを地獄に叩き落とした変異株 東京五輪は本当に可能なのか

    木村正人

    05月17日 09:33

  7. 7

    「IOCは今後、五輪ができなくなる」舛添氏、日本が中止に言及した場合のIOC対応に注目

    ABEMA TIMES

    05月16日 18:36

  8. 8

    石橋貴明の始球式が“神対応”と話題 若者ファンが急増のワケ

    女性自身

    05月17日 13:22

  9. 9

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  10. 10

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。