記事

乱獲や環境汚染で激減「マナティー」、共存の危機

1/3

海の生き物「マナティー」をご存知ですか。ジュゴンとよく似た愛らしいこの生き物、詳しい生態は未だ分かっておらず多くの謎に包まれていますが、人間による乱獲や環境汚染によってその数が激減、絶滅危惧種(国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「野生絶滅の高い危険性」があるとする危急種 (VU))に指定されています。マナティーの魅力にとりつかれた一人の研究者が、その生態を調査しつつ、人と共に生きる未来への道を模索し続けています。(JAMMIN=山本 めぐみ)

マナティー生態研究の傍ら、研究成果を生かし、環境教育を行う

正面から見たマナティーの愛らしい表情

京都大学野生動物研究センターに所属し、水中で暮らすほ乳動物「マナティー」研究の第一人者である菊池夢美(きくち・むみ)さん(39)。対象の生きものに小型の機器をつけて行動などを記録する「バイオロギング」という手法を用いてマナティーを研究しています。

「バイオロギングを通じ、これまで見えてこなかったマナティーの水中での行動をとらえることができるようになってきています」と話します。

マナティーの生態は多くの謎に包まれているものの、人間による乱獲や環境汚染によって数が減っていることがわかっています。研究の成果を生かしつつ人とマナティーが共に暮らす地球の未来のために、菊池さんは2018年に一般社団法人「マナティー研究所」を立ち上げました。

お話をお伺いした菊池夢美さん。ブラジルの「国立アマゾン研究所」にて、保護された幼いマナティーの水槽掃除を手伝っているところ

マナティーとはどのような生き物なのでしょうか。

「アマゾン川に生息する『アマゾンマナティー』、アメリカから南米までひろく分布する『ウェストインディアンマナティー』、それからアフリカ西側に生息する『アフリカマナティー』の大きく3種類に分かれます。それぞれ見た目的には大きな差はなく、顔つきも似ています。最もスリム体型とされるアマゾンマナティーでも体長は3メートル近く、体重は300〜500キロほどになります」

「野生のマナティーは基本的には繊細で臆病で、人の姿を見るとすぐ逃げてしまいます。人に寄ってくるということはまずないですね。現地で長年活動をしている研究者でも、野生のアマゾンマナティーを見たことがない人もいます」

さらにその動きはゆっくりしており、普段は時速1キロメートルほどの速度で水中を泳いでいるといいます。主食は浮草や水草、海草。体重の3割ほどの植物を食べることで体重維持できるといわれおり、昼夜問わずえさ植物を探して動き回っているといいます。

アマゾンマナティーは人の乱獲により数が激減した

国立アマゾン研究所の水槽で、赤ちゃんマナティーがお腹を上にして浮いて眠っている様子。「お腹に白い斑紋が入っているのがわかると思いますが、これはアマゾンマナティーの特徴。一頭ずつ模様が異なるのでこれをつかって個体識別しています」(菊池さん)

数が減っていることがわかっているマナティー。例えばアマゾンマナティーの生息数は、IUCNレッドリストデータでは「3,000 ~ 80,000頭」と記載されています。

「アマゾンマナティーに関しては、数が激減した理由がはっきりしています。実は1935年から1954年までにマナティーの大乱獲がありました。産業が発展していく中で、工場のベルトコンベアーやホースといった工業用製品を作るにあたりマナティーの丈夫な皮膚が重宝されたのです。年間7000頭のマナティーが20年近くに渡って乱獲され続けました」

「アマゾン川流域で暮らす方たちにとって、マナティーの肉は貴重なタンパク源でした。それまで普通に食べてきたものを『数が減ったから獲らないで』といわれてもなかなか難しいところがあり、現在は法律で捕獲が禁止されていますが、なかなか守られていない現実があります。また、ブラジルのアマゾン地域では『子を連れた母親のマナティーの肉がおいしい』という迷信があり、母親だけ捕獲されるケースも少なくありません」

国立アマゾン研究所に保護されてきたばかりの赤ちゃんマナティー。「衰弱してやせていて骨格が見えてしまっています。お母さんがいないとマナティーの赤ちゃんは育つことができません」(菊池さん)

「マナティーは1回の出産で1頭の子を出産、その後3年間は授乳しながら母と子で行動を共にするという研究報告がされています。2頭ははぐれることがないよう鳴き声で互いにコミュニケーションをとっています。一緒にいる3年の間、おそらくですが母親は子どもに食べていいものといけないものとか、どう暮らしていくかを教え、その後、子マナティーは独り立ちします」

「『おいしいから』と母親だけが捕獲されてしまった時に、子マナティーはたった一人取り残されることになります。アマゾン研究所でも、孤児になった子マナティーが年に10頭近く、多いときはもっとたくさんの数が保護されて飼育水槽で育てられていました。

10頭と聞くと少ない数に聞こえるかもしれません。しかしこれはあくまで地元の人や研究所のスタッフが見つけて保護することができた数。実際はもっと多くの子マナティーが、母親と離れ離れになって取り残されていると考えられます」

アフリカマナティーの数も減っている

ペットボトルや容器などのゴミが捨てられているペルーの街の近くの川岸。「アマゾンでも環境汚染が深刻な問題になっています。こうしたゴミは川にもたくさん浮いていて、とても回収しきれない量です」(菊池さん)

さらにアフリカに生息するアフリカマナティーも、個体数の減少がわかっています。

あわせて読みたい

「絶滅危惧種」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  4. 4

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  5. 5

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  6. 6

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  7. 7

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  8. 8

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  9. 9

    菅政権の中途半端なコロナ対応

    大串博志

    05月07日 08:28

  10. 10

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。