記事

口癖は「私は天才なんです」…令和版“国会の爆弾男”小西洋之、暴走の歴史 - 「週刊文春」編集部

「私はただただ菅総理が憎い。総務行政を私物化して明らかな虚偽答弁を官僚に強いている」

 3月17日、参院予算委員会での立憲民主党・小西洋之参院議員(49)の発言だ。小西氏が連日、菅義偉首相や総務省を追及する主題は東北新社が外資規制に抵触していた放送法違反。そもそもこの問題は小西氏が掘り起こしたもので、立憲内からも「満塁本塁打だ!」と称賛の声が上がる。


官僚時代には米コロンビア大院で修士号も ©共同通信社

 小西氏は昨年の検察庁法改正案や日本学術会議問題でも過去の答弁書を掘り起こし、丹念な調査で政府を追い詰める令和版「国会の爆弾男」とも言われるが、毀誉褒貶相半ばする。

 1990年、徳島大医学部に入学するも「一番好きだった文系の世界」を目指し、東大に再入学。教養学部を卒業後、98年に旧郵政省に入省。追及中の総務省幹部は先輩にあたる。2010年に参院千葉選挙区で初当選し、現在2期目だ。「華麗な経歴への自信から来る傲慢さがある」(政治部デスク)。口癖は「私は天才なんです」で、経歴を並べ立てるように語った後、「放送行政も憲法も医療も、何でも分かる。政界では私一人だけ」とアピールされた政治部記者は枚挙に暇がない。「私の国会質疑を取りあげて」「発掘した資料をお渡しするので書いて欲しい」と丁寧に売り込む一方、記事にしなかった後は「こんな大事なことも分からないのか。バカじゃないか」と記者を罵倒することも。

まだまだある小西氏の暴走ぶり

 暴走ぶりは国会でもしばしば問題に。2013年には安倍晋三首相(当時)に「芦部信喜さんという憲法学者をご存じですか」と質問し、「クイズか」と批判された。3月10日の参院予算委で後輩議員に「ウソでもいいから(質問を)通告したと言えばいい」と助言したことがネット上で広がり、18日に日本維新の会の鈴木宗男議員から「限度を超えている」と国会で指弾された。その後も宗男氏がブログで「言いたいことがあるなら堂々と言って来たらいい」と記すと、小西氏が「(宗男氏は)自民党に入りたい一心の売名行為」とツイッターで馬鹿にするなど場外乱闘の泥仕合に。

 党内の評判は「一言で言えば変人の一匹狼。だからこそ、独特の視点で良いネタを見つけてくるのも事実だが……」(幹部)。令和版爆弾男は当たれば放送法違反のような本塁打をかっ飛ばすが、外れれば「野党は品のない批判ばかり」と逆風を浴びかねない。立憲幹部は諸刃の剣の“誤爆”を恐れ、小西氏を質問者から外すケースも。本人は「なぜか俺、今回は質問できないんだ」とぼやくこともあるが、好きな言葉は「七転び八起き」だそう。七転八倒となりませんように。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年4月1日号)

あわせて読みたい

「小西洋之」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  2. 2

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  3. 3

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  4. 4

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  5. 5

    ALPS処理水の海洋放出について

    城内実

    04月15日 17:02

  6. 6

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  7. 7

    「都心に残るか、地方移住するか」堀江貴文がコロナ禍に辿り着いた最終結論

    PRESIDENT Online

    04月15日 15:25

  8. 8

    賃金水準がG7最下位に転落した日本 最大の理由は官僚や大企業経営者の「保身」

    マガジン9

    04月15日 17:24

  9. 9

    ミャンマーの試練 国連管理も難しく長引く様相

    ヒロ

    04月16日 11:52

  10. 10

    確定申告を終えたフリーランスのあなたへ 仕事の通信簿を分析する

    常見陽平

    04月16日 09:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。