記事

ニューヨーク証券取引所の親会社、NYSEユーロネクストが「小が大を呑む」買収で身売りを決定

NYSEユーロネクスト(ティッカー・シンボルNYX)が2005年に株式を公開したインターコンチネンタルエクスチェンジ(ティッカー・シンボルICE=同社はしばしば「アイス」という呼称で呼ばれます)にNYXの一株につきICEの0.17株+$11.37(寄り前のICE株の株価に基づくと、約$33.12=82億ドル)で買収されることに合意しました。ディールのタイミングは2013年半ば頃です。

下は米国に公開されている主な取引所の今年の予想売上高です。今回買収する側に立つICEは買収されるNYXより売り上げ規模が小さい点に注目して下さい。

リンク先を見る

合併比率はICE株主が新会社の64%を、NYX株主が36%を所有することになります。この買収でICEはエネルギーを中心とした先物市場の運営者から普通株を含めたオールラウンドの総合市場企業となります。

ICEのCEOであるジェフリー・スペッカーが新会社のCEOとなりNYXのダンカン・ニーダーアウアーは新会社の社長となります。NYSEのトレーディング・フロアは少なくとも今のところ現状のまま、残す計画だそうです。IT費用や間接費の重複を省くことで、向こう3年間で4.5億ドルのコスト削減効果があるそうです。

なぜ売り上げ規模の小さいICEが主導するカタチで買収交渉が進んだか? という点ですが、ICEの方がNYXより急成長している関係でPERが高く、従って時価総額も大きかった点が指摘出来ます。

リンク先を見る
リンク先を見る

下はICEの業績です。なお、いつもおなじみの略号ですがDPSは一株当り配当、 EPSは一株当り利益、 CFPSは一株当りキャッシュフロー、 SPSは一株当り売上高の略です。

リンク先を見る
次にNYSEユーロネクストの業績も示しておきます。

リンク先を見る

なおNYSEユーロネクストが持っている欧州での取引所はICEの目からみると魅力的でない資産なので、将来、ユーロネクスト(フランス、オランダ、ベルギー、ポルトガル市場)を欧州の株式市場にIPOする可能性を模索したいそうです。

近年、欧米の取引所は合併統合を繰り返してきました。これはコミッションの減少、IT投資負担の増加などが原因です。NYXは過去にさまざまなライバルから買収の提案を受けましたが、これまで拒否してきた。今回は両社の事業にオーバーラップが少ないので反トラスト法の見地から待ったがかかるリスクは低いです。

あわせて読みたい

「ニューヨーク」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  4. 4

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  5. 5

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  6. 6

    コロナ対策で目立つ責任回避「国全体が緩んでいるようで不安」

    深谷隆司

    05月08日 17:31

  7. 7

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  8. 8

    「ダブルスタンダードになる」国民投票法改正案可決で立民が見せた“国対政治”に苦言

    BLOGOS しらべる部

    05月08日 08:03

  9. 9

    「鬼滅の刃=Demon Slayer」米国では炭治郎の耳飾り“旭日旗”問題は?

    文春オンライン

    05月08日 14:48

  10. 10

    撤退する飲食店、益々予約が取れなくなる飲食店

    内藤忍

    05月08日 11:38

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。