記事
  • ロイター
  • 2021年03月31日 16:55 (配信日時 03月31日 16:51)

アングル:新年度の日本株に需給改善期待、年金リバランス一巡か


佐古田麻優

[東京 31日 ロイター] - 新年度の日本株は需給環境の改善が期待されている。配当再投資などの買いに加え、年金などのリバランス売りが一巡するとみられているためだ。米長期金利の上昇には警戒感があるものの、景況感は依然として強く、底堅い相場展開になるとの見方が出ている。

東京証券取引所がまとめた2市場投資部門別売買状況によると、信託銀行が現物株を3月第3週まで10週連続で売り越している。3月第1週は4523億円と2013年5月以来の売り越し規模となった。

背景には年金勢のリバランスがあるとの見方がもっぱらだ。「株価上昇で、ポートフォリオ内の株式ウエートが上昇。債券などとのバランスを維持するために、株式売り・債券買いを行っているようだ」(外資系金融機関)という。

このリバランス売りもそろそろ一巡するとみられている。配当が集中する3月の最終週は、信託銀行の株買いが膨らむ傾向がある。2020年3月第4週の信託銀行の現物株と先物合計の売買は6238億円の買い越しだった。

市場筋によると、日本株市場全体で8000億円規模の配当再投資が発生すると試算されている。

米国株市場でも4月以降は需給改善期待が大きい。税還付があるほか、個人が、それを基にさらに税優遇を受けるため、ミューチュアルファンドの購入に振り向ける傾向がみられるためだ。

岩井コスモ証券の投資情報センター長、林卓郎氏は「期末の需給要因に加え、買われ過ぎた銘柄の調整が長引いている。ただ、上昇トレンドのなかでは程よい調整。ここのところの東証1部の売買代金は3兆円規模で買い意欲は強いほか、配当再投資も過去最高レベル。新年度入り後のニューマネーもあり、売り買い拮抗をこなしながら底堅く推移するだろう」と話している。

(佐古田麻優 編集:石田仁志)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  2. 2

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  3. 3

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  4. 4

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  5. 5

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

  6. 6

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  7. 7

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  8. 8

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  9. 9

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  10. 10

    人々が次に求めるもの、そこにビジネスがある

    ヒロ

    06月20日 11:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。