記事

法案ミスで"一太郎禁止"報道に農水省「ミスが原因ではない」 現在はWordが多数派

画像はイメージ
画像はイメージ

今やワープロソフトといえばマイクロソフト社の「Word」が一般的だが、かつて国内では「一太郎」を使う人も多かった。現在でも一部の省庁や企業で使われているというが、ほとんど見かけなくなっている。

そうした中、農林水産省が相次ぐ法案ミスを受けて、一太郎を原則として省内で使用しないよう通知を出したと報じられた。

FNNが3月30日に報じたところによると、一太郎は互換性の問題から法案の条文ミスを招くだけでなく、民間企業とファイルをやりとりする際にし不便だという理由で「事実上の一太郎使用禁止令」が出たという。しかし、農水省広報担当者は「法案ミスを受けての通知ではありません」と説明する。

2017年にも"一太郎禁止"を通知していた

一太郎はジャストシステムが販売する国産の日本語ワープロソフトだ。しかし、同ソフトで作成したファイルはWindows以外のOSでは読み取ることが出来ず、互換性のあるフリーソフトもない。同担当者は、

「以前から民間企業や地方公共団体など外部の人より『一太郎で送られると困る。Wordを使用してほしい』といった声が寄せられていました。2017年にも省内で『極力Wordを使用して』と通知したのですが、同じ内容を改めて今月25日に通知しました」

と話す。2017年の通知以降、省内でWordの使用者が増加し、いまや多数派となっている。「一太郎はなじみのある人が主に法令文書作成などで使っていますが、指定ソフトではないので、Wordで作成しても大丈夫です。省外ではそちらを使う人のほうが多いですしね」と同担当者は語る。

また、一太郎の使用が法案ミスにつながるという指摘については、「それはまた別の話です。『法案ミスを受けて』と報じられるのは想定していませんでした」とコメントした。

現在でも使っているのは50~60代?

ITジャーナリストの井上トシユキさんは、「1990年代には一大シェアを築いた一太郎ですが、現在も使用している職場は少ないです。しかし、一太郎の形式で作成された書類があるため、ずっと使い続けている職場はあるかもしれません」と話す。

「使っているのは主に50~60代です。昔からの利用者が多く、日本語の文章を感覚的に作成できるため、便利だという人もいますね。でも、若い人は触ったことがないという人が多いです」

新型コロナウイルスの影響でテレワークを導入する企業が増えている。以前は対面やFAXで書類の受け渡しができたが、テレワークが進む中、自身の環境では開けないファイルが送られてくると業務に支障が生じかねない。誰もが閲覧可能な形式でファイルを送るに越したことはないといえるだろう。

あわせて読みたい

「農林水産省」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  2. 2

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  3. 3

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  4. 4

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  5. 5

    「IOCは今後、五輪ができなくなる」舛添氏、日本が中止に言及した場合のIOC対応に注目

    ABEMA TIMES

    05月16日 18:36

  6. 6

    対コロナ戦争の誇り高き勝利国インドを地獄に叩き落とした変異株 東京五輪は本当に可能なのか

    木村正人

    05月17日 09:33

  7. 7

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  8. 8

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  9. 9

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  10. 10

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。